ホーム > 日記 > 2001年5月

 〜 ぽんぽこ逃亡日記 (2001年5月)

註: 文中の「ドル」は「カナダドル(1ドル ≒ 77〜80 円)」

4月25日(水) 〜 5月6日(日) 晴れたり曇ったり雨が降ったり雪が舞ったりイロイロ

宿題と課題とパーティと飲み会に追われて多忙のため更新サボり中♪ ( ̄^ ̄;;)ノ

5月7日(月) 晴れのち曇りのち雨

怒濤の週末(ココにはとても書けない・・)が過ぎ去って,きょうはホストマザーの Alice の誕生日。じつは,てっきり火曜日だとばかり思いこんでいて,きのうの夕方に気づいてアセリまくってカードとプレゼントを準備して,なんとか間にあった。

金曜日から 2泊 3日で 300km ほど北にある Fort Nelson という町へ出かけてダーツの大会に参加していた彼女は,ダブルス優勝・シングルス準優勝という成績で「賞金で旅費と滞在費がまかなえた」とニコニコ顔で凱旋。なんだか,やっぱりスゴい人だ。

天気もよくて風もなくて,おだやかな月曜日。土・日にロクに寝てないので授業中に眠くて眠くて。でも,ふと気づくと後列に並んだ学生 5人全員が机につっぷしていた。みんな仲間ぁ〜♪ (o_ _)o (o_ _)o (o_ _)o (o_ _)o (o_ _)o.oO○ zzzz...

5月8日(火) 晴れ(風強し)

そうそう,きのう国勢調査(?)の調査票を書いた。住所・氏名などのほかビザの種類や母語とかを書くだけで,あっけなく完了。5軒おきに大規模な調査票が配られるらしくて,Alice の家は今年は逃れたらしい。

きょうは夕食のときに Alice のおともだちが来ていたので「はじめまして」とあいさつしたら「このあいだイースターのときにも会いましたねー」と言われて恥ずかしかった。もうひとり,近所の家にホームステイしている Kayo も招いて,めずらしくにぎやかな食卓。夕食後 Kayo と密談。密談なので内容はヒミツ♪( ̄ー ̄)

5月9日(水) 快晴

朝のバスに乗り遅れたので,学校まで歩いた。風のないおだやかな天気で,ちょっとしたピクニック気分。「新緑」にはまだちょっと早いけど,庭先の芝が緑に変わりはじめた景色の中を野鳥のさえずりを聞きながら歩くのはキモチいい。でも遠いから毎日だとイヤかも。

朝メシを食いそびれてひもじい思いをしていたら,3時限めの授業のときに隣席の Hitomi がビスケットをくれた。さんくす・あ・ろっと♪(⌒¬⌒)がっついて食べたらボロボロ食べこぼして叱られた・・m(_ _;)m

ゆーべの魚&ライスの残りを詰めて持ってきたランチを見て目を輝かせた Mari とバーター取引が成立。薄いカレー味のカップラーメンだけど,このあいだの Hitomi のインスタントラーメン以来だったのでオイシかった。

放課後に図書室で勉強していたハズなのに,気がついたらカフェテリアの裏庭の日だまりでチャットしていた。けっきょく予定していた 130語のサマリーは下書きもできずに持ち帰り〜♪(* ̄∇ ̄*)きっと家でもしないケド♪

帰りに Safeway と Totem Mall に寄り道して買い物。家に戻ると Alice は留守。夕食のあとに Hiro の家へ出かけて密談。密談だから内容はナイショ♪ ( ̄^ ̄;;)ノ

5月10日(木) 快晴のち晴れのち曇り

きょうも抜けるような青空のピクニック日和だったけど,風がつめたいのでバスで登校。たった 1日で挫折かい・・( ̄_ ̄)

朝メシがわりのクッキーを 1時限め(学校としては 2時限めラシイ?)のあとの 15分の休憩時間に食べていたら,みんなもあれこれ持ち出してきた。Hitomi はブルーベリー(?)マフィン,Woon は細長ビスケットのチーズディップ添え(ビールがほしいぞ♪),そして Mari はチョコチップクッキーの大箱だっ♪(⌒¬⌒)

オヤツを食べながら話していて,Mari のところに日本から茶そばセットが届いたと判明。さっそくこんどの日曜日に茶そばランチパーティが開催されるコトに。場所は・・超不便なトコなのに,ウチになりそう。帰ったら Alice に OK をもらわなければ♪( ̄ー ̄)

きょうは弁当を持ってきてないので,昼メシはカフェテリアのメニューから「ほうれんそうとチーズのパイ」と「チキンヌードルスープ」を。オイシイけど,確実に食いすぎ・・( ̄^ ̄;;)

夜は,100th St. 沿いの某レストランで中華ブッフェを食いながら Hitomi と密談。なんだか今週は密談が続く。密談なので,内容は ヒ・ミ・ツ♪(-。-)

・・きょうは食べるハナシばっかりだな。え?いつものコト? ヘ(°◇、°)ノ

5月11日(金) 曇りのち晴れ

ダウンタウンまでバスで行って銀行(ATM)に寄ったあと,学校まで歩いた。きのう食べすぎたのでちょっと運動しなくては・・ね♪ (^_-)-☆

昼すぎに,学校の敷地内の駐車場に熊が出た。Wayne は「Black bear なら去年も学校の裏で遊んでたし,ウチのすぐそばでは grizzly (灰色グマ?)が出たコトもある」とヘーゼンとしていたけど,玄関口やカフェテリアの裏出口には黄色い紙に「BEAR ALERT (クマ出没注意)」という貼り紙が・・( ̄□ ̄;;)

放課後に図書室で宿題をかたずける予定だったけど,ぜんぜん集中できなくて投げだして帰る。きょうはクマにでも食われたい気分だったので駐車場を横切って歩いたのに,Mr. Bear はすでにおうちに帰ったあとだったらしくて遭遇できず。ちょっと残念かも。

5月12日(土) 曇りのち雨

きょうこそは宿題を・・( ̄^ ̄;;)・・と思っていたが・・(;; ̄^ ̄;;)

でも,まぁ,頼まれ仕事とはいえ和文英訳(抄訳)を 2件やったからヨシとしよう♪ ( ̄^ ̄;;)ノダメかしらん?

ホストマザーの Alice は,この週末も泊まりでおでかけ。Hudson's Hope という町へ行って,こんどはダーツのほかにもプール(ビリヤード)とカードで遊ぶんだそーだ。人生をフルに楽しんでるなー♪(⌒ー⌒;;)

午後,あしたのパーティの準備で Hiro 来訪。仕込みをしているあいだ(オイラは見てただけー)彼が持ってきた CD を BGM に,また密談。○○年もトシが離れている彼が,誰も知らないだろうと思っていたオイラの思い出の曲を高校生の頃に水泳部の部室で聴いていたということを知ってびっくり〜♪( ̄□ ̄;;)なんてぐうぜん☆

夕方,SAFEWAY まで買い物に行く。帰りは雨になってずぶ濡れに。雨のときにもカサをささないのがカナディアンスタイル?夜は,とーとー禁を破って家でヒトリで酒を飲んだ。こんな日もあるさー♪ヽ( ´ー`)ノ

5月13日(日) 晴れのち曇り

昼にウチに集合して「茶そばランチぱーてぃ」を開催。メニューは,たっぷりの茶そばのほかに豚肉の角煮と香ばしいまぜごはん♪(⌒¬⌒)といっても,オイラは場所と胃袋を提供しただけで,茶そばを提供してくれた Mari と,買い出し&調理を担当してくれた Hiro,Akiko,Hitomi に感謝っ♪ ( ̄^ ̄;;)ノありか゛とっ♪

ランチなのでアルコールはナシ・・の予定・・だった・・んだけど・・リキュールのビンからラッパ飲みするヒトが出現したり・・( ̄_ ̄)遅れてきた Woonが,飲んでもいないのにいいかんじに壊れてくれたのが意外だった。

夜は,また 100th St. の某店まででかけて,巨大なメスシリンダーみたいなタワー型ピッチャー(?)からビールを飲みながらヤロウ 3人で密談。同級生にいろんな人がいて楽しいのは「留学しようと決めた」「留学先がアメリカやイギリスではなくてカナダ」「バンクーバーやカルガリー・トロントみたいな大都市ではなくてココを選んだ」という 3段階のセレクションを通過した選りすぐり(吹き溜まり?)の個性的人材が集まっているからだという点で意見が一致した。

家に帰っても,まだ飲み足りない気分。でも,もう買い置きはナイのであきらめて寝る。おやすみー♪ (o_ _)o.oO○ zzzz...

5月14日(月) 快晴のち晴れのち曇り

ぬけるような青空。寝不足の目に朝日がまぶしい。きょうもダウンタウンでバスを降りて学校まで歩いた。途中,100th St. と 110th Ave. の角のコンビニ(?)でコーヒーを買う。あしたから,もっと早起きをして家から歩こう。

学校に着いて 30分ほど時間があったので宿題のサマリー書きの仕上げをしようと思ったのに・・データを入れたフロッピーを家に置き忘れてきたっ!!( ̄□ ̄;;)ショックなり〜

ちゃんと朝メシを食ったのに,2時限めの授業中にオナカの虫が「ぎゅるるるぐぐ〜」と鳴く。すかさず隣席から「Are you hungry?」と声がかかり,ピーナツバタービスケットのさしいれが・・( ̄∇ ̄;;)ありがとっ♪

Hitomi がきのうの残りの具材でつくったまぜごはんをランチに持ってきていたので,なかばムリヤリおすそわけをいただく。きょうは香ばしくない,フツーのまぜごはん。オイシかったのでオカワリまで♪( ̄¬ ̄;;)そのほか Akiko のポークチョップや Vivi のフライドポテトをつまみ食いして満腹ぅ〜♪(⌒ー⌒)ゴチソウサマ♪

午後の授業で Wayne のツッコミに,ヘタな言い訳しないで「ゴメンなさ〜い,宿題サボりました〜」と言えばいいのにキマジメに答えた Sawako が,自分でどんどん墓穴を掘ってハマっていった。(--)なんまんだぶ♪

放課後の図書室で,アヤシげな記憶を頼りにサマリーを仕上げる。前回のは自分でもニヘラ〜とするくらいの自信作だったけど,今回はどーもポイントが絞りきれなくてなんだかモヤモヤあと味が悪い。自己採点: 65点・・くらいかな。

完成したサマリーをコンピュータ室でタイプして印刷して戻ってきたら,隣の机でずっと本を読んでいた Mari が「カナダ人らしい学生の人に訊かれたんですけどー・・日本語の『は』と『が』の違いを説明してくれって言われて答えられなくて,ぽんぽこさんの荷物を指して『あの人に訊いて』と言っちゃいました」だって。オイオイ・・オイラも英語で説明なんてできないよぅ(;; ̄^ ̄;;)どーすんだ?

帰りのバスで,ダウンタウンから Kayo が乗ってきた。浮かない顔をしているのできいたら,銀行の ATM でお金を出そうとしたのにいきなり警告音が鳴って続けられなくなってパニくったんだそーだ。控えを見せてもらったら「TRANSACTION CANCELLED」と書いてあったので,口座のお金には害はなかったらしい。

家に帰るとホストの Alice はまだ仕事から帰っていなかったので,テレビのニュースを見ながらカウチポテト。10日前のパーティの食べ残しなのにぜんぜん湿気ってなくてパリパリさくさくしているのにびっくり〜♪( ̄O ̄)さすがカナダや♪

5月15日(火) 曇りのち晴れのち薄曇り

珍しく早く目がさめたので,きょうはランチをつくって持っていった。おととい Mari が置いていった濃縮ダシのモトを借りて,ほうれんそうの和風たまごとじ。と,ハムレタストマトサンドイッチ。和洋混淆・・ってか,無計画で無節操なだけ?

ちょっと雲が多いけど風もないし,きょうは家から学校まで歩いた。この週末を境に芝生や落葉樹がイッキに芽吹いて,町じゅうが緑になって「目に見えて春がやってきた〜っ♪\(⌒ー⌒)/」ってかんじ。タンポポが咲いて梅が咲いて桜が咲いて酔っぱらいが騒いで・・という春もいいけど,北国のこんな春もステキだ。

火曜日は午後の授業が 2時からなので,昼メシのあとに学校の裏の森から下の小川まで散歩。「まえに 4月に来たときは,いちめんの雪で小川は完全に凍っていたのに・・」と Mari が言ってたけど,きょうは雪もなく(あたりまえ?)小川はちょっと濁った水がたっぷり流れていた。でも日陰になった岸辺にはまだ氷が残っていて,さすがは北国。小川のほとりで倒木にのぼって針葉樹(スプルース?)の木立から青空を見ていると,カナダに来てるんだなぁ・・としみじみ感じた。

午後の授業ではテキストから脱線して「家族とは?」という話題になって,異様にもりあがった。「夫婦ふたりでこどもがいなくても家族?」からはじまって,「んじゃ,ふたりとも男だったら?」「そこにこどもがいたら?」「シングルマザーは?」「離婚してヒトリで子育てしている父子は?」「結婚せずにひとりで住んでいる人は?」などなど。途中,いちばん若い Mari が意外にコンサバな意見なのでちょっとびっくりしたけど,最後になってやっぱり最先端の感覚を持っているコトがわかってホッとしたり。もっとこんな授業(?)が多いと楽しいのになー♪

放課後は勉強する気がなくて,みんなといっしょに集団下校。112th Ave. の Aki 宅に集合して飲むらしい猛者グループからは逃れて,ダウンタウンの近くで解散。そのあと CO-OP モールにある旅行代理店に寄って夏の日本行きの航空券の値段のリサーチ。

カナダ国内ローカル線をエアカナダが独占しているせいか安いチケットがないみたいで,7月末 〜 8月上旬出発でバンクーバー経由の大阪(関空)行き往復だと「月火木の出発で火水の帰国・最低滞在 6日・10月末まで有効・復路のみ日付変更可」という条件のモノが 1265ドル(プラス諸税)もする。有効期限 1か月の往復とも変更不可でいいから,800ドルくらいで出してほしいぞ。夏は帰るのはヤメにしよーっかな♪ヽ( ´ー`)ノ

5月16日(水) 晴れのち曇り

学校までの道中,100th Ave. のあたりからずっと黒犬の親子がいっしょについてきた。犬の種類にはウトいからよくわからないけど,クマみたいなでかいヤツ。オイラの野性を嗅ぎつけられたのカモ!?( ̄_ ̄)

授業がおわったあとひさしぶりに図書室で勉強していたのに「きょうは British Columbia 州の選挙の投票日なので午後 4時で閉館ですぅ〜」と追い出されてしまった。働いている人が投票できないと困るので法律で決まっているんだそーだ。通勤に片道 1時間半とかかかる日本では不可能だな。

まだ帰りたくない気分だったので,Miki さんの「ドーナツでも食べに行く?」の声に即座に反応して Overwaitea (スーパー)の向かいにあるサ店 Cosmic Grounds へ。選挙の日なのにサ店は営業していてもイイのか?( ̄∇ ̄?)ミスドふうのドーナツ屋を想像してたらフツーの喫茶店で,きょうはドーナツはなくてケーキばっかりだった。こっち流の超甘い大型ケーキに,これも超甘いモカとかアイスカプチーノでお茶をするみんなにはついていけず,ひとりブレンドコーヒーをブラックで。超甘いチーズケーキは食ったけど・・( ̄^ ̄;;)

週末の旅行のあいだに勉強のことは考えたくないから,夕食後に Writing の宿題(火曜日締切)をかたづけるコトにした。きょうは完成するまで寝ない予定・・ (o_ _)o.oO○ zzzz...

5月17日(木) 晴れのち曇り

朝,メールを送信しようとネットに接続していたら,いきなりぶちっと接続が切れた。どーやら,ページャー(ポケベル)で呼び出されたホストの Alice が電話を使おうとしたかららしい。仕事の連絡の邪魔をしてゴメンなさぁ〜いっ☆ m(_ _;)m

いつもは 93rd Ave. を 93rd St. のほうへいったん坂を下りてから 100th Ave. に向かってだらだら登るコースで歩いていたんだけど,高校のグラウンドを突っきって草っぱらを 90th St. に抜けるとアップダウンも少なく遠回りせずに行けるコトを発見した。なのに,学校までの所要時間が 5分も違わないのはナゼ?(。_゜?

来週の月曜日が祝日(Victoria Day)なので,あした 1日授業をサボって自主 4連休に。事前に届けておけば欠席扱いにならないなんてステキな学校だ♪( ̄ー ̄)・・と喜んでいたら,Wayne に「どんな旅行だったか授業で報告してもらうからネ♪( ̄ー ̄)」と言われて轟沈した。

6〜7 人の悪ガキ仲間で夕方までカフェテリアで雑談。帰りにダウンタウンで銀行に寄って旅行資金をおろす。残高が危険水準だ・・はやくトラベラーズチェックの残りを入金しないと・・。

あしたからの旅行はココに書けないよーなヤバい場面の連続になりそうなので,次の日記はたぶん火曜日かなっ♪ ( ̄^ ̄;;)ノHAVE A GOOD WEEKEND♪

5月18日(金) 〜 5月21日(月) 曇りのち雨のち雪のち曇りのち晴れのち晴れのち曇りのち晴れ

今月いっぱいで日本に帰る Aki を中心に international students 10人で,レンタカーを借りて 3泊 4日の Jasper & Banff 旅行。出発前からアヤシイ雲行きだった一部メンバーの人間関係は予想どおりの展開になったのでココには何も書けないけど,オイラ的には catalyst (もしくは踏み台?)の役割を果たせたみたいだからひとまずは OK かな。ヽ( ´ー`)ノ

旅行そのものは,Jasper 周辺での雪は別として天気にも恵まれてサイコーだった。3人以上で旅に出るのはひさしぶりだったので,めちゃめちゃ楽しかった・・と,日記には書いておこう♪( ̄∇ ̄;;)

【4日間の移動】Fort St. John → [Highway 97 - 2 - (43)] → Grande Prairie (買い出し) → [Highway 40] → Grande Cache (休憩) → [Highway 40 - 16] → Jasper (Mount Robson Inn 泊) → Jasper 市内を散歩 → [Maligne Lake Road] → Maligne Canyon / Medicine Lake / Maligne Lake → [Maligne Lake Road] → Jasper (昼メシ & ポリスに説教くらう) → [Highway 93 - 93A] → Athabasca Falls → [Highway 93A - 93] → Columbia Icefield Centre (coffee break & ヒッチハイカー乗車) → [Highway 93 - 1] → Lake Louise Village (ヒッチハイカー降車) → [Highway 1A (Bow Valley Parkway) - 1] → Banff (宿の場所がわからず迷う) → [Highway 1] → Canmore (Canmore Regency Suites 泊) → [Highway 1 - 1A - Lake Louise Dr.] → Lake Louise → [Lake Louise Dr. - Highway 1A] → Johnston Canyon → [Highway 1A - 1] → Banff (遅い昼メシ & 買い物) → [Mountain Ave. - Sulphur Mountain Gondola] → Sulphur Mountain → [Gondola - Mountain Ave. - Buffalo St.] → (Bow River ごしに Bannff Springs Hotel を見物) → [Banff 市内イロイロ] → Vermilion Lakes → [Highway 1] → Canmore (Canmore Regency Suites 泊) → [Highway 1] → Vermilion Lakes → [Highway 1 - 93] → Crowfoot Glacier Viewpoint? (休憩) → [Highway 93 - 93A - 93] → Jasper (買い物) → [Highway 16 - 40] → Grande Cache (休憩) → [Highway 40 - 43] → Grande Prairie (休憩) → [Highway 43(2) - 97] → Taylor (Peace River にしずむ夕陽) → [Highway 97] → Fort St. John (晩メシ後に解散) 総走行距離: 約2200km

5月22日(火) 晴れのち曇り

学校からスクールバスで近くの先住民居住地区の見学会へ行った。年にいちど(?)近隣の学校の児童・生徒・学生たちを招待して,自分たちの伝統文化に触れてもらおうという趣旨とのこと。ウチのカレッジでは,フツーの学生たちは授業があるので ESL の新入生の遠足みたいになっているらしい。教師 3人と,連休で体力を使い果たさなかった元気な新入生 11人が参加。

バスが着いた脇の広場の一角では,ムースの毛皮の処理の実演をやっている。まず肉を剥いだ皮の周囲に小さい穴を開けてロープで木枠に固定して,ムースの前脚の骨からつくった道具でこびりついている肉や筋膜をこそげ落とし,皮が乾いたら裏返して金属製のスクレーパーで毛を剃り落とす。次に木枠から外して地面に広げた皮に皮脂(?)を塗り,さらにムースの脳を水(と石鹸?)で溶いてペースト状にしたモノを塗って天日で乾かす。そのあと水(?)に 1〜2 日間さらして,絞ったあとよくシワをのばす。何か粉を擦りこんでから煙でいぶして仕上げる・・んだそーだ。

隣では考古学者の発掘の実演(?)。見学に来ている小学生たちは楽しそうに参加しているけど,なんだかよくわからない。その隣はワナとかを使った猟の解説らしい。小学生たちが群がってオオカミやビーバーの毛皮をさわってキャーキャー言ってるのしか見えない。広場では小石を使った簡単なゲームの実演。「さて小石はどっちの手に握っているかなー?」なんてゲームを,いまどきの小学生が楽しめるんだろーか?( ̄∇ ̄?

トウモロコシ(?)の粉を練って油で揚げたドーナツふうのパンをいただいてランチに。ちょっと粉っぽかったけど,意外にウマい。昼メシ後に広場の前の橋を渡って集落のほうへ散策に行く。先に行った 2人の Mさんs が「なんにもナイよー」と言って帰っていったけど,こども好きの Hiro が地元のナニーちゃんという小学生(?)の女の子と仲良くなっていろいろ訊いてるうちに即席ガイドとして集落を案内してくれるコトに。たしかになんにもないフツーの住宅街だけど,ナニーちゃんの案内でぐるっと回るとフツーの町が身近に感じられて楽しかった。モルドバ出身の Ala がタンポポの花を摘んで小さい花冠をつくって彼女にプレゼントしたときの,はにかんだ笑顔が素朴でステキだった。

午後になって,広場の脇の特設ステージで伝統のダンスの実演。ダンスといっても「ホントにこれだけ?いろんな行事用に,とっておきのステップや踊りを隠してない?」とでも訊きたくなるよーな,リズムにあわせて 3拍子でステップを刻んでいくという単純なモノ。でも試しに自分でステップを踏んでみると脚が混乱してぐちゃぐちゃになって,うまくマネできない。これは,たぶんマネするほうに才能がナイから・・だろう。見学の小学生や引率の先生たちが参加してダンスのコンテストをやっているうちに帰りのバスの時間になる。

去年参加した某先輩が「なんにもなくてつまんないよ」と言ってたのはホントだったけど,皮の加工をしている女性に「このムースを獲ったのは先週だけど,冷蔵庫に入れておけば保存できますからねー」と言われたコトとか,英語の達者なナニーちゃんを見ていて「彼らの母語はこれからどーなるんだろ?」と思ったりとか,あらためていろいろ考える機会ができたのは自分にとっては収穫だった。

帰りのバスでは,きのう Jasper で買ってきたオミヤゲのチョコをみんなで食べているうちに学生たちのほとんどは爆睡。それにくらべて,ESL の教師 3人はみんな元気だった・・みたいだけど,オイラも寝てたから知らない・・ (o_ _)o.oO○ zzzz...

学校からの帰りに 100th St. を歩いていたら,道の反対側に停まった車の運転席から何か言ってきた。「道にでも迷ったのかな?」と思って聞き返したら「町まで乗ってくかい?」と逆ヒッチの誘いだった。きょうはのんびり歩きながらいろいろ考えたかったので丁重にお礼を言って辞退したけど,なんだかうれしくて,ユーウツだった気分が少し吹き飛んでほっこりした。ありがとうございま〜っす♪(⌒ー⌒)

5月23日(水) 晴れ

朝から暑いくらいの天気で,最高気温が 20度をこえたらしい。ふだんは教室の窓をすこしでも開けると風が冷たいのに,きょうは外の空気が心地よい。風が心地よいと眠くなるぅ〜♪ ( ̄∇゜)\(-_-;) バキッ!

いつも遊ぶ話ばっかなので誤解してる人が多いみたいだけど,ちゃんと出席している証拠に授業の話を。ノートは学校のロッカーに置き去りなので,ウロ覚えだけど・・( ̄ー ̄;;)

1時限は Grammar (文法):先週まで「冠詞(a/an/the)」の用法をじっくりやったのできょうはその続きかと思ったら,いきなり別のプリントを配って即席の討論会。最初に「昔に比べると現代は医学が発達してイロイロできるようになったけど,こんどは生命維持装置に生かされているだけみたいな事態も起こって倫理的に問題が・・」なんて文章を読まされたあとに,いくつか短文が書いてあって「それぞれについて倫理的に OK かどうか意見を述べよ」なんて設問が。「最年長のオマエはどう考えるか?」とか話を振られても困るぢぇ・・ってか,どこが「文法」の授業やねん?( ̄_ ̄)

2時限は Writing (書きかた):きのう締切だった第 4回のサマリーを回収したあと(未提出者約 3名・・),essay の書きかたの作法の続き。Research essay ではじゅうぶんな下調べが必要だけど personal essay では不要・・とくに TOEFL とかの時間が限られた試験では文中の意見や例が筆者にとって真実か否かすら関係ない(とまで言い切られるとちょっと考えちゃうケド)・・ essay の formula (書式?)には決まりがあって,これは決して逸脱してはイケナイので考える必要がなくてラクである・・その書式は

  1. Introduction (導入部: 1パラグラフ)

    1. Hook: 読者の目を引きつけるための 1文
    2. General Statements: 主題についての history, background, controversy などを 5〜6 文で
    3. Thesis Sentence: この essay で何に関して(main idea)どんな切り口で書くか(controls of the topic)を 1文で
  2. Body (本体: 2〜3 パラグラフ)

    Thesis Sentence に書いた controls を,提示した順に 1パラグラフづつ

  3. Conclusion (結語: 1パラグラフ)

    1. Thesis Sentence: 導入部の最後の 1文を,違った形(導入部で general に書いたら specific な書きにする・・など)でくり返す
    2. 主題についての筆者の opinion, evaluation, recommendations などを 5〜6 文で(長文の essay の場合はココに summary も)
    3. Final Thoughts: シメの 1文(読者の気持ちに落としどころを提供する)

・・んで「このなかで学生がいちばん弱いのが 1. の b. と 3. の b. なので,よく考えて書くコト」だそーだ。

3時限は Listening / Speaking (ヒアリングと語彙):きょうは CTV News の録画ビデオを見て「シベリアの洪水の原因は何か?(春が暖かすぎて氷がはやく溶けた)」「イスラエルが拒否したコトは?(ユダヤ人入植地の縮小)」とかの設問に答える形式でヒアリングの練習。なのに番組で言ってない「世界一有名なテロリストは?(オサマ・ビン・ラディン)」「彼がいま潜伏している国は?(アフガニスタン)」なんて質問まで飛んでくる。まぁ,その程度の世界情勢なら余裕で答えられるケドさっ♪ ( ̄^ ̄;;)ノ

昼休みをはさんで 4時限は Reading (講読):水曜日は小説「Mrs. Mike」を,1日に 2〜3 章のペースで読んでいく。ちょうど Fort St. John のあたり(Alberta から British Columbia の北部)が舞台で,先住民が暮らしていた中に西洋人が入っていったころの話。きょうは第 8章(先住民の酋長に網戸用の布を贈ったら「窓はキレイな飾りを必要としないから」と服の飾りに転用されちゃった話)と第 9章(さっきまで歯痛で七転八倒していたひとりの先住民が,子熊をさらって親熊に追われ命からがら逃げこんできたバカな西洋人をだまして,Mr. Mike に抜いてもらったばかりの自分の「親知らず」の歯を「クマよけのお守りに効く」と売りつけた話)。冬の寒さ・春の蚊のあと夏に人々を悩ませるモノは?・・来週の水曜日に第 11章を読めばわかるよー・・とオアズケをくらって,本日の授業はオシマイ♪ ヘ( ̄∇ ̄ヘ) (ノ ̄∇ ̄)ノ

帰る前に図書室の脇のコンピュータ室でサマリーを仕上げようと思ったら,やけに M$ Word の動作が重くて,印刷しようとするとフリーズして使いモノにならない。のを口実に途中で放棄して帰った。あー・・過去 3回はちゃんと締切も守ったのになぁ・・(-。-)

5月24日(木) 快晴のち晴れ

雲ひとつない青空。緑に萌える大地。春というより初夏の陽気♪ ヘ( ̄∇ ̄ヘ) (ノ ̄∇ ̄)ノ

放課後に図書室で 3日遅れのサマリーを仕上げたあと,VISA カードで現金を引き出したいという Mari とぷらぷら歩いて 104th Ave. の Overwaitea (スーパー)へ。105th Ave. で,学校の帰りに寄り道していたという Akiko とばったり会う。狭い町だ。ATM が Overwaitea になくて,そのまま歩いて CO-OP Mall へ行ったけどそこにもなくて,とーとー 93rd Ave. の Totem Mall まで。やっと ATM を発見して現金は出せたけど,Mari のステイ先は学校の近くの 113rd Ave. あたりだったハズ。お疲れ〜♪ (⌒ー⌒)

夕食のときに来客 2名。このまえ会った Maureen さん(?)と,きのうも来てた Alice の元ダンナ Dave(別居中)と。この家にお世話になってもう 1か月半だけど,いまだに人間関係がイマイチ理解できない。それはともかく・・Alice さーん,このスパゲティ,ゆですぎだよぉ〜♪( ̄∇ ̄;;)

5月25日(金) 晴れのち曇り

2年まえから来ている Stanley と Social Worker のコースを専攻している大先輩 Mayumi さんが中心になって,Doreen の Northern Lights College 在職 10周年のお祝い。午前中の授業がおわる直前に,プレゼントを手に ESL の学生たちが乱入っ♪(⌒ー⌒)

夜は 112th Ave. の Aki の家でパーティなので,家には帰らずケンタッキーでチキンを買って晩メシに。まえにバンクーバーでも感じたけど,アメリカの KFC の超ギトギトしたチキンと違って,オイラ的にはちょっとサッパリしすぎかな。チキンの個数を選ぶだけで部位(モモとかドラムスティックとか)が選べないのもバツ。でもひさしぶりの味なのでオイシかった。

Overwaitea の裏の角で昼のお祝いの立役者だった Stanley とバッタリ会ったので,いっしょに Aki の家へ。Stanley が「きのうプールで泳いだあと Kayo と Hitomi の 3人で飲みに行ったら Kayo が酔いつぶれちゃって,Hitomi と家まで連れて行ったんだけど Kayo の家がわからなくてタイヘンだったんだよ」なんて話しているところへ,むこうからその Hitomi が歩いてくるのにバッタリ会う。なんて狭い町だ・・( ̄_ ̄;;)

パーティでは,なんだかイロイロ考えるコトが多くて悪酔いした。オイラがいちばんコドモなのかもしれないな。でも暴れるのだけはガマンしたぞ・・( ̄^ ̄;;)みんなで集まるのは最後なのに,Aki 先輩ゴメンなさい。m(_ _;)m

5月26日(土) 晴れのち曇り一時雨

きょうはヒトリで静かに飲みたい気分だったので「夕飯は外で食べてくるから」と言い残して午後からおでかけ。あちこちの庭や空き地でタンポポが咲いて,新緑と黄色い花のコントラストがキレイだ。

CO-OP Mall の Video Update (レンタルビデオ店)へ行って会員登録。現住所がわかるモノ(自分あての郵便物など)と,写真入りの ID ふたつ(パスポートと免許証とか)があれば OK 。それから Cultural Centre の図書館で Library Card を作ってもらって本を 3冊借りる。こっちは現住所がわかるモノと ID ひとつで OK 。これでちょっとは文化的な生活ができる?そのあと来週からはじまる British Columbia Festival of the Arts の事務所で,月曜日の Opening Gala のチケットを買った。12ドル。「Student discount で 10ドルなのでは?」と訊いたら「割引は 16歳未満の学生が対象だけど,キミは該当するようには見えないからネ」と却下された。納得。

Ramada Hotel の前の Fogg n'Suds で Cajun Chicken Caeser (シーザーサラダにスパイシーなチキンが載ってるヤツ)を食いながら生ビール 2杯とジントニック 2杯。この店は世界各地のビールを常備しているうえに,タップから注ぐ生ビールが 8種類もあるのがうれしい。ホントはもっとココでゆっくりしたかったけど,キャッシャー脇のカウンターでわさわさおちつかなかったので Cultural Centre の向かいの Mingles に移動。

カウンターで飲んでいたら隣にすわったおぢさんが話しかけてくる。おじいさんがノルウェー生まれという,ヒトは良さそうだけど孤独そうな 75歳の彼の英語は半分も聞き取れない。でも,どっちも酔ってるのでそんなコトはおかまいナシ。そのうち生バンドの演奏がはじまってウキウキしてくる。やっぱり家にこもっていなくて正解だった・・かな。

ぽてちをツマミに生ビールを 2杯飲んだらさすがに酔いが回ってきたのでひきあげる。途中で Video Update に寄ってビデオを 5本借りて,鼻歌まじりにヨタヨタ歩いて家にたどり着いて,キッチンで砂糖まみれのドーナツを 1個ツマミ食いしてから自分の部屋に入ったトコまでは覚えているけど,次に気がついたら翌朝だった。こんな日もあるさー♪ ヽ( ´ー`)ノって,このまえの土曜日にも書いたな・・

5月27日(日) 曇り一時晴れのち雹のち雨のち曇り

さすがにゆーべは飲みすぎた・・二日酔いで頭がガンガン・・なのに朝メシが食えてしまうオイラのカラダは・・( ̄_ ̄)

天気も悪いし体調も悪いし,家で一日おとなしくしてた。某 BBS でおとといから続いている「体罰を認めるか否か」のギロンに油を注いだあと,昼すぎまでインディ500 の中継をテレビで見ながら,たまっているメールの返信書き。まだたくさん残ってる・・m(_ _;)m ゴメンナサイ・・

きのう借りたビデオの 1本が新作で 1日限りのレンタルなので,日の高いうちからカウチポテト・・あ,ポテトはナシね・・( ̄^ ̄;;)「Pay it Forward (日本でのタイトルは,たしか『ペイ・フォワード』)」という,アメリカ版「小さな親切運動」みたいな話。途中まで「こんな話はデキすぎだぜ」なんて笑いながら見てたけど,最後のところで考えこんでしまった。いちばんカギになる(とゆー気がする)主人公の少年のセリフが聞き取れなくて何度もリプレイしているうちに,デキすぎた話と知りながらちょいと泣きたい気分に。

夕食に Alice がターキー(七面鳥)を丸ごと焼いていたのでお客さんでも来るのかと思ったのに,べつに誰も来ないいつもの食卓。ってコトは,この残りの大量の肉は・・今週のオイラの毎日のランチかっ!?( ̄□ ̄;;)

夕食後にテレビを見ていたら,いきなり外で「バラバラバラッ☆」と大きな音。見ると 2センチくらいの大きさの雹(ひょう)が降っている。・・関係ナイけど,オイラは「くろひょう」♪ ( ̄∇゜)\(-_-;) ハ゛キッ! そのうちフツーの雨に変わったけど,あんなのの直撃をくらったら「痛い」じゃすまないだろーな。(>_<;;)

雨が小降りになったのでビデオを返しに出かけようとしたら「また降るといけないから」と Alice が車で送ってくれた。ありがとでーっす♪(⌒ー⌒)

5月28日(月) 雨のち曇りのち晴れのち雷雨

朝から雨。なんだか日本の梅雨みたいな空。

あしたから州の芸術祭(British Columbia Festival of the Arts)がウチの町で開催されるので,イベント好きな Doreen がやけにはりきっている。それを醒めた目で見つつ,学生たちもひさしぶりにナマのステージが見れるというので,じつはウキウキしていたりする。

きょうの Opening Gala は 8時からなので,いったん家に帰って夕飯を食べる。週末でもないのに夕飯にお客さんが大小 6人も来ていて,先週からひそやかに同居している謎の人物 Chris 氏もまじえてきのうのターキーを食いつくした。これで悪夢のターキーランチ責めはなくなった♪ (-。-)「7時半に行けばいい」と言っていたのに「ちょうど友達を拾っていく予定があるから」と来客の某氏(名前忘れた・・)が 6時 45分に会場のレクリエーション・アリーナまで車で送ってくれた。ありがとうございまーっす♪ m(_ _;)m

いくらなんでも早すぎるのであたりをぷらぷら歩いていたら,学校帰りにビリヤードで Makoto に勝って Centre Dining で夕飯をオゴってもらったという Hitomi と Kayo に遭遇。しばらく外のベンチでダベってたけど,風が強くてあまりに寒いのでアリーナの隣のプールの待合室へ。暖かいトコでイスに座ったら,予想どおり Hitomi が爆睡モードに突入♪ (o_ _)o.oO○ zzzz...

待ちあわせていた Makoto と Toshi が来たので会場に移動。中で Hiro を発見して集団に引きずりこむ。アリーナとはいっても,このまえ 4月にトレードショウをやった会場と同じだ。でも思ったよりたくさんお客さんが入っていて,しかも異様にノリがいいのでびっくりした。やっぱりみんなイベントに飢えてるんだ? ( ̄∇ ̄?)オイラは土曜日にチケットを定価の 12ドルで買ったのに,当日券を買った同級生たちは「カレッジの学生だから」とみんな 10ドルで買えたラシイ・・(#`´) どーゆーコト?

基本は「開会式典」なんだけど,司会の Mark Breslin 氏がコメディで売ってる人だったり偉いサンのスピーチもウケねらいだったり短くコンパクトなのが多かったりで,たいして話の内容が聞き取れなかったのに楽しめた。「Gala」の名に恥じずナマのパフォーマンスもあって,最初に登場した Mae Moore さんという女性ソングライターのギター 1本の歌もすてきだったし,圧巻は次の黒人女性 5人のコーラスグループ(Linda Tillery and the Cultural Heritage Choir)で,1曲めからハラの底にしみわたるような声で客をトリコにして,最後にはアカペラと簡単なパーカッションだけで舞台の前を踊りの渦にしてしまったのにはびっくりぃ〜♪ ヘ( ̄∇ ̄ヘ) (ノ ̄∇ ̄)ノ

終演後に会場の出口でホストの娘さんと来ていた Akiko にも遭遇。みんなで「すごかったねー」「ひさしぶりにトリハダたったねー」「もっと踊りたいねー」と口々にコーラスの 5人を絶賛しながらダラダラしてたけど,ちょーど開演のころから襲来した大雨がやむ気配もないので,2次会もなく解散。ちと残念?( ̄¬ ̄;;)傘を持っていた Kayo と家の方向が同じだったので相合傘で帰る。でも雨がひどかったのと傘が小さかったのとオイラがデカかったのとで,ふたりともずぶ濡れ状態。ごめんねー♪ m(_ _;)m >Kayo

5月29日(火) 雨

いちんち雨。じとじとじとじと。家からバス停までの 1ブロック歩く間,足元に無数のミミズがうごめいていて踏まないように歩くのがムヅカシイ。「ムヅカシイ」ってのは「ときには失敗も・・」ってコトだ。( ̄_ ̄)

教室に入ると,バスの中に弁当を置き忘れたという Woon がうろたえている。ポケットに常備の路線図&タイムテーブルにバス会社(BC Transit)の電話番号が書いてあったので渡したら,さっそく電話して「次のバスで届けてくれるそうでーっす♪(⌒ー⌒)」とうれしそう。そーそー,マジンガーな Woon には泣き顔は似合わない・・(゜∇゜)<謎>

新入生がひとり。コロンビアから来た Maria。彼女は「ちゃんと英語を勉強したコトはないです」と言ってる割には(スペイン語ナマリの発音は日本人にはちょっと聞き取りにくいけど)じつにスラスラ話していて,なんともウラヤマしい。ホームステイ先の家が「Deep Southeast(深南東部)」と呼ばれるウチや Kayo & Jin Sook の家よりもさらに南東の,いわば Far Southeast(極南東部?)で「帰りの足がなくてパーティにも参加できない・・(T_T)」と泣いていた。地図を見せてもらうと,たしかに遠いや。

家に帰ってビデオを見る。「Autumn in New York」・・プレイボーイの中年と若い美女の安ラブストーリー。「真実の愛(←んなモンがあるのかどーかは別として)」に目ざめたかのよーなコトを言っていてもプレイボーイはプレイボーイだし,残り少ない時間を精いっぱい(でもないか?)生きた彼女がカワイソすぎるラストシーンで,直前にウルウルしちゃったのとは別の意味でウルウルしちまった・・(#´)

この安直映画なら,おととい見た「Pay It Forward」と違って結末を話してもイイや・・と, Listening / Speaking の授業での Movie Report 用にストーリーを把握しようと 2回めを見はじめたときに 3回続けて電話が鳴った。「夜 10時をすぎてるのに?」と取ってみると Deep Southeast 仲間の Kayo から。「Jin Sook が具合が悪くて」というので,電話ではわからんぜぃ・・と様子を見にいったら,思っていたより元気そうだったので安心した。そのあとホストファーザーの Clint 氏と野生動物のコトなんかをワイワイ話して,それから学生 3人になって Kayo の異性観の話で異様にもりあがって,家に帰ったのは 1時半。週末ぢゃナイんだぢぇ・・ (o_ _)o は゛たり

5月30日(水) 曇りのち晴れ

5月に入ってイロイロありすぎてみんなそれぞれに疲れてるみたいだけど,うまく馴化できなくていちばん弱っているのはオイラらしい。まぁ,疲れたときには休めばいーさ。ムリせずクサらずあきらめず・・っと♪ヽ( ´ー`)ノ

せっかくこのイナカ町にゲージツが集結しているんだし,きょうは飲むとちょっとしたコトでキレて暴れそうで怖かったので,パーティの誘惑をふりきって Cultural Centre Theatre へダンスのコンペ(Dance Performances in Ballet, Stage & Modern II & III)を見にいった。入場無料。異様に混んでいる。日本にいたらまず縁のない競技(?)を見るのは楽しい。途中で,出演者(男)の仲間らしい若い娘たちが大声でキャーキャー最後列で叫んであまりにウルサイので審判席からイエローカード・・ ( `_´)/ ピピッ☆ けど,客が騒いでも冷静にキチンと審査できてこそプロだろー?それができないんなら一般公開するなよー・・と,オイラは若い娘たちに一票♪(* ̄∇ ̄*)

公演(?)が 9時半に終わってもまだ外はあかるい。そのまま帰るのは惜しい気がして,100th Ave. をはさんで向かいにある Mingles へ。カウンターにおずおずとすわってビールを飲んでいると,隣席の足をケガして松葉杖を持った陽気なおねーさんが話しかけてくる。早口だしナマリがあるので何度も聞き返してあきれられちまった。生バンドの演奏がイイっすねー。

そのあとに来た Dave ぢーさん。「日本経済はここ 10年ほどおちこんでるけど,それは YAKUZA マフィアがのさばってるせいだ」とかミョーなコトに詳しいのもヘンだったんだけど,自分のカクテルといっしょにオイラのビールも注文してオゴってくれたりしたのでウダウダ話しながら飲んでいた。ら,途中で「おれは racist (人種差別主義者)なんだが・・」と宣言したうえで「日本はムカシ中国にどーのこーの」「白人は世界中でイイことをして回ってる」なんて言いはじめた。しばらくテキトーに聞き流してたけどあまりにしつこいうえに白人たちが世界で何をしたかも知らなすぎるのでキレて「第二次大戦の時にカナダ人が在住日系人に何をしたか知ってんのか?」「ベトナム人はかつていちどもアメリカを侵略したコトはないのに,アメリカはベトナムを侵略したぢゃねーか」「日本人が悪いコトをしたのは事実だけど,もっと自分たちのしでかしたコトも勉強しろー」と反撃したら,オイラがトイレに行っているうちにほかの客のトコに移動してくれた。

あとから冷静に考えると,あんなコト言ったのは失敗だったな。その場でナイフで刺されたりしてもおかしくないし,アメリカだったら銃でズドンでオシマイだし。それにしても・・生ビール 小1 + 大5 は効いたぢぇ・・ (o_ _)o は゛たり

5月31日(木) 晴れのち曇り夜ちょっとだけ雨

二日酔いで頭がガンガン。8時 23分のバスにギリギリまにあう時間に家を出てはみたけど,この気分と体調では授業どころではないのでバスは見送ってダウンタウンへ。学校をサボって,きょうはゲージツのハシゴをすることに。

最初は 100th St. の Shared United / Anglican Church で中学生(?)の Speech Arts Competition: Poetry and Prose 。詩や朗読のコンテストって欧米の学園モノ小説なんかでよく出てくるけど,開始時間から 10分くらい遅れて会場に入ったら怖いくらいに「ぴーん」と張りつめた雰囲気で,みんな息をひそめて静まりかえってて二日酔いでフラフラしている自分がおそろしく場違いだった。やーっぱ,オイラ的にはきのうのキャーキャー叫んでいた若い女の子たちに一票っ♪ ( ̄∇ ̄;;)ノ

次は高校生(?)のピアノのコンテスト(第 2部)へ。会場の Mennonite Brethren Church (106th St. と 109th Ave. の角)がわからなくて迷って,いちど Cultural Centre に戻ってバスの運転手のおじさんに訊いたら彼も知らなくて(「私は教会には行かないんで・・」と恐縮していたけど,この狭い町には各種宗派の教会が乱立しているので熱心なクリスチャンの人でも自分の宗派のトコ以外はわからないラシイ)同僚や客に訊いてくれて,なんとか開演直前にたどり着く。疲れが最高潮でめちゃめちゃ眠い中で,イロイロぐるぐる考えながらナマ楽器の音にひたる。なーんか,シアワセな気分♪ (o_ _)o.oO○ zzzz...

夕方のコンサートまで時間があるので,いちど学校へいって来月(6月)ぶんのバスパスを買う。午後の授業が終わったころだったけど,さいわい(?)誰にも会わなかった。 ← 不登校児童の気持ちがよくわかるぜぃっ♪ ( ̄^ ̄;;)ノ

100th St. と 105th Ave. の角に戻って,カフェ(Cosmic Grounds)で Iced Mocha (メチャ甘いけど,空腹には効くぅ〜♪)を飲んだあと Liquor Shop の隣の床屋へ。日本以外の地で髪を切るのは 2月のダーウィンに次いで 2回めだけど,もともと細かい注文をしないせいか意外にカンタンに思ったとおりの仕上がりに。ちょっとサッパリした,夏モードのぽんぽこの完成♪(⌒ー⌒)

ダウンタウンのほうへ歩いていると,なぜか家と逆の方向に歩いている Kayo とすれちがう。Royal Bank に用事があるんだったら,105th St. に曲がったトコで降りたらすぐなのに?(。_゜?)・・と訊くと「だってダウンタウンだと合図しなくても降りれるから」だって。もうこの町に 2か月ちかく住んでいるんだから,いーかげんバスの降りかたくらい学習しろー☆(゜∇゜)「ATM の使い方がイマイチわかんない」とも言うので「この画面が出たら [WITHDRAWAL] のトコを押して」とか教えていて思ったんだけど,もしや Kayo お嬢さま,日本でもご自分でバスに乗ったり銀行で現金を引き出したりなんて下司な作業をなさったコトがないのでは?(¬_¬)

そのあと Cultural Centre の前でバスを待っていたら,デート中の Hitomi & Jun Bum が道の対岸を歩いて銀行へ入るのを目撃。ホントに狭い町だ。むこうもこっちの 2人に気づいたらしくて,道をはさんで大声で「あしたからバンクーバーに行く(から学校はサボる)んですぅ〜♪\(⌒ー⌒)/」なーんて話しかけてくるので恥ずかしかったぞ。

いったん家に戻ってメールチェックをしたあと,ちょーど出かけようとしたところへ Alice が帰ってきたので「きょうは夕飯はいりませーん♪」と言ってまた Mennonite Brethren Church へ。家を出た瞬間に来月ぶんのホームステイ代の支払いを忘れていたコトに気づいたけど,1日くらいなら許してくれるだろう?今週はバスが 7時台まで走っているのでラッキー。

「いよいよ本日のメインイベント(National Concert)♪」とウキウキして開演を待っていたら,いきなり Doreen に声をかけられてびっくり☆( ̄□ ̄;;)あわわ・・きょうは授業をサボってゴメンなさーいっ♪ m(_ _;)m 各ジャンルの優勝者を集めたコンサートは,なんだかテクニックとパワーを誇示するような曲が続いて(チェロ&ピアノ&フルート)聴いてて疲れた。まぁコンペの延長だし若いからしょーがないのかな。でも声楽の人のおしつけがましくない歌が心地よくてホッとした。

帰りに Fogg n'Suds で晩メシ。ビールと広東ふう鶏野菜炒め丼。ゴハンがやたらネバネバしてるけど・・コレはモチ米では?まだ長粒種のほうがイイかも。コンサートの余韻にひたって,ちょこっとアルコールにもひたって・・(⌒¬⌒)

なーんか充実した一日だったー♪(⌒ー⌒)・・と,真夜中すぎにキゲンよく 2キロの道を歩いて帰ってみると,玄関の扉にカギがかかっている。うあ?・・もしかして,6月ぶんのホームステイ代を払っていないから 6月 1日の午前 0時で閉め出されちゃったのカモかもー♪( ̄□ ̄;;)