ホーム > 逃亡日記 > 2001年11月

 〜 ぽんぽこ逃亡日記 (2001年11月) 〜

10月 ← → 12月

 

註: 文中の「ドル」は「カナダドル(1ドル≒75〜78円)」 

11月17日(土) 〜 

 ちょっと留守にするので更新サボりまふ♪ m(_ _;;)m

 

11月16日(金) 曇りのち晴れのち快晴

 朝からチャット。 でも寝坊したのでちょっとしか参加できなかったうえに,JAVA チャットで日本語入力が文字化けして悲しかった。 英語版 OS だから? MRJ(JAVA のバーチャルマシン)を日本語版にすればなおる? それともネスケが英語版だから? 次回までに解決しなくては・・(───┬───__───┬───)
 

 Reading の授業の小テストは,またも「con-」語の嵐。 もーイヤ。 Listening / Speaking のプレゼン実習で Kumi が「結婚にまつわる日本の伝統的な儀式」と「結納」のコトを紹介していたけど,オイラは日本人のハズなのに知らないコトばかりで「へー,そーなんだー♪(゜∇゜)」と感心して聴いておりました。 でも,結納のときに使った鶴亀松竹その他の小道具たちはその後どーなっちゃうんだろ? みんな捨てちゃうのん?(。_゜?縁起モノなのに,いーのか? 

 借りていた CD を図書館で返してから,留守中にまちがって ADSL のセッティングに来ないように Hamilton Stationers へ行って伝言を依頼。 いったいいつになったら高速接続を堪能できるんだろー? バスをのがしたので歩いて帰る。

 夕飯のあとに娘を連れてプールに行ったはずの host parents が「混んでたからヤメて帰ってきた。 ビデオ借りてきたからみんなでみよう」と 2階へ。 火曜日に借りた映画もまだ観てないのに・・( ̄ー ̄;;) 「Legally Blonde」というサクセスストーリー系コメディ。 でも「キレイな女はオツムが弱い」という偏見がベースにある笑いなので,ちょっと居心地が悪かったりする。

 あした寝坊しないよーに,これから荷造りして寝るー♪ (o_ _)o.oO○ zzzz...

 

11月15日(木) 曇り一時晴れのち雨のち曇り

 寝たのが午前 3時ごろだったので目覚ましが鳴ってもなかなか起きれず,やっとベッドから抜けだしてシャワーをあびたのは 8時をすぎていた。 悪文の修正の練習問題ばかりの Grammar の授業をサボっちゃえばあと 1時間半は寝れる・・という誘惑をなんとかしりぞけてギリギリのバスで登校。

 Social Studies の中間テストは,ゆーべドロナワで勉強したおかげで予想していたより答案用紙は埋められた。 まぁ,べつに単位が必要なワケぢゃないから落第したってぜんぜんかまわないんだけど・・なんかくやしいし。
 

 午後の授業がおわったあと 101th Ave. の Fort St. John Pharmacy and Wellness Centre へインフルエンザの予防接種をしてもらいに行く。 費用は注射代 8.97ドルとワクチン代 6.03ドルの計 15ドル。 税金はかからないらしい。 予約してあったのに受付で「あれ・・用意してあったハズの書類がない・・」とかでちょっと待たされたけど,問診の質問票&同意書(「質問票にはちゃんと答えました」「予防接種の有用性と危険性の説明を受けました」「アレルギー反応が起きたときに対処する注射薬を準備してあります」「注射は Registered Nurse がおこないます」と書いてある下に同意のサインをする)を書いたあとは事務的にコトがすすんで無事に完了♪(⌒ー⌒)・・と思ったら,皮膚の下の血管を直撃したらしく針を抜いた穴から血がたらーり・・( ̄_ ̄)静脈注射されちゃったのかしらん?
 

 家に戻ると,まだ夕飯の前なのに Robert がウィスキーのグラスを手にしている。 どーしたのかと思ったら,火曜日から続いていた裁判で陪審員たちが検察側勝利の評決を出してくれたので肩の荷がおりたんだー♪( ̄ー ̄)・・と,うれしそう。 「オマエも飲むか?」と訊かれて断るワケもなし・・( ̄¬ ̄;;)

 Rhonda があした Elizabeth の学校のバザー(?)で売るチョコ入りクッキーをつくっているのをお手伝い。 ネタにシリアルを混ぜてから m&m の粒チョコを入れるので,混ぜるのにかなり力が必要。 でも焼きあがったのをみるとけっこううまくできていて,手伝ったゴホウビに 1枚もらってゴキゲン♪( ̄¬ ̄)

 

11月14日(水) 霧のち快晴

 学校へ行こうと玄関から一歩出たとたんに転びそうになった。 夜霧で濡れた地面が凍って靴底がまったくグリップしない。 なんとかバス停(隣の家の向かいなんだけど・・)にたどり着いて待っていたら,あとからカッコつけて歩いてきた高校生らしいオニーちゃんがズルリっと不格好に転んだ。 慎重に歩いたオイラの勝ちー♪ ( ̄^ ̄;;)ノ

 Social Studies のクラスで,あした mid-term test (中間テストですな)があるらしい。 9月に開講した科目に先週からまだ 6回しか参加していないので,どんな問題が出ても答えられないという自信はある。 きょうは試験範囲の復習みたいなことをやってくれたけど,出てくる用語がいちいちわからないので,なおさらその自信は深まる。 DTM (Demographic Transition Model) ? デスクトップミュージックか? Dependency Ratio ? なんぢゃ,それ?( ̄_ ̄;;)アルコール依存症の人の割合かと思ったぢょ・・ 

 昼休みにカフェテリアで Nami(同級生だけど別のクラス)に会ったら,アゴの下をケガしてバンソウコウをぺたぺた貼られている。 「けさ道路で滑って転んで 5針も縫った」と言っていた。 ヾ(^^ ) おだいじにー♪
 

 自分の部屋用の電話機がほしくて,帰りに Totem Mall までバスで行く。 でも Zellers であれこれ見ているうちに「コードレスに 150ドルも出すくらいならケイタイ買っちゃったほうが早いんではないか?」と思いなおして,きょうはパス。 家の電話を借りても,市内通話以外は長距離フォンカードを使って自分で払わなきゃいけないんだし。

 家に戻ってちょこっと勉強。 さすがに準備なしであしたテストを受けるのはツラいから,用語の定義くらいは教科書で読んでおく。 こっちではダルマの絵を描いたって通用しないし。

 検察官 Robert がきのうに続いて裁判で陪審の協議が長びいて家に帰れないというので,陪審員たちの食事休憩のときに抜け出してきてみんなで Center Dining へ。 具だくさんの雲呑スープに春巻きに鶏手羽先唐揚げに鶏炒麺。 味についてはノーコメント。 彼はこの店にはよく来ているみたいで,うにゃうにゃ店の人とも話をしていた。 ってコトは,前期の Sawako の MSG (グルタミン酸ナトリウム)アレルギー疑惑の発端はこの店だったのか?
 

 夜も勉強の続き。 ふと最近の日本のデータを知りたくてネットで検索。 大きな図書館に行かなくても統計資料(しかも先月に公開された最新の)とかの生データを見れるなんて,ステキな世の中になったもんだ♪( ̄ー ̄)

 ついでにニュースサイトを見たら,きのうのアメリカン航空機の事故はエンジンの故障ではなくて直前に離陸した JAL 機の wake turbulence (後方乱気流)が関係しているのではないかという新説が出ていた。 後方乱気流といえば,鈴鹿の 2コーナーで前を走る Senna に近づきすぎて後方乱気流に巻きこまれフロントのグリップを失ってコースアウトして優勝をのがした Nigel Mansell を思いだすな。 あのライオン男はいまどこで何をしてるんだろーか?

 ふと「なんで『wake』なんだ?」というギモンがうかんで辞書をひいてみる。 いままで知らなかったんだけど「wake」には「目を覚ます」だけじゃなくて「航跡(船が通ったあとにできる波紋)」という意味があるラシイ。 なるほど。 このところ新聞記事とかで目についていた「in the wake of the September 11 terrorist attack」なんて表現はこの意味で使ってたんだ・・( ̄ー ̄;;)目についたときに調べろよ? 

 あれ? 待てよ。 オイラが若かったころに聴いた King Crimson のアルバム「In the Wake of Poseidon」の邦題が,たしか「ポセイドンのめざめ」だったぞ。 これって,すっげー誤訳ぢゃんか・・(゜∇゜)ウケケ♪ 

 

11月13日(火) 晴れのち曇りのち霧

 ニューヨークで飛行機が墜ちた。 またアメリカンだ。 いくら便数が多いといってもこれだけ頻繁に事故ると,知らない人は不安になる。 過去 30年間の統計でみれば,便数で割った事故率はアメリカ大手の中では最大だけど,それでもたとえば JAL とかキャセイパシフィックとかシンガポールなんかの半分以下でしかない。 なーんてムリヤリ書いているのは,近いうちに乗る予定があるから・・σ(^^ ;) 墜ちないでねん♪ 

 離陸直後に(片方の?)エンジンが脱落したという目撃証言があったみたいで,これまでにも GE (General Electric) 製の同型のエンジンに事故やトラブルが多くて注意喚起の情報が出ていたらしい。 けど双発(エンジン 2基)のジェット機って,離陸滑走中に片方のエンジンが止まったり脱落しても最低限の飛行はできるように設計されていたハズなんだけどなぁ・・?(。_゜?
 

 Afghanistan の旧政府系の Northern Alliance (少数派民族の寄せ集め集団)が首都 Kabul を奪回した。 反タリバン勢力というだけの理由で彼らの情報網や地上兵力を利用してきた米英は,多数派民族パシュトゥン系住民の反発が怖くて「首都には進攻してくれるな」と圧力をかけていたらしいけど,それはあまりに身勝手な干渉。 彼らにとっては米英のバックアップを利用して勢力を盛りかえす,またとない好機なんだから。 考えるのもイヤになるけど,これで一部住民が「復讐」と称して異民族虐殺に走れば Yugoslavia や Rwanda に似た泥沼状態になるし,このまま無政府状態に陥ると「第二の Somalia 」だし,いずれにしてもロクな展開ではない。 「テロによる無差別殺人」という(国際)刑事犯罪を,法で裁かず「戦争」という形で処理しようとしている時代錯誤の無法者「自称保安官」国家とその同調国は深く反省すべきだ。

 この話がきょうの Social Studies の授業の材料になって,「北部同盟? なにそれ?」状態の学生一同はフリーズ。 法律を学ぶ親米の若きエリート?学生と「亀の甲より年の功♪」で知識の断片のつぎはぎでゴマカす術だけは知っている反米のおぢさん留学生と教師 Richard の三つ巴の対決に。 オイラも近・現代世界史をきちんと勉強しなきゃなぁ・・(-。-)
 

 午後の授業はひたすらつまらない。 せっかく映画より楽しめる「Pay It Forward」の原作本をテキストにしているのに,作者が空想で造りあげた登場人物の心理を細かく推理分析してあーでもないこーでもないとほじくりかえす読みかたが,はたして英語の reading のトレーニングになるんだろーか? 仮に効果があるとしても,もともとフィクションがキライなオイラには向いてまへん☆ ┐(´ー`)┌  Doreen の research writing の授業も,テキストの内容に対するコメントも付け加える文言もオオゲサな身振りも前期の録画再生みたいにまったく同じだし。 でも自主トレはしないとね・・( ̄^ ̄;;)

 放課後に Video Update に寄って「Pay It Forward」と「Patch Adams」を借りる。 前にいたときに借りたビデオが 1本「未返却」という記録になっていて「91日間延滞しているのがありますが」と言われて目がテン☆(・_・?) もちろん「ちゃんと返した」とつっぱねる。 でも,あれはたしか引越しの日に Alice さんが「わたしが返しておくから」とあずかってくれたタイトルだったよーな・・まさか?( ̄∇ ̄?

 帰り道,Overwaitea 脇の SS の公衆電話から長デンワしてたら凍りそうになった。 でも近くの信金の前の電光掲示では気温 2度。 まだまだ冬はこれからだー♪ ( ̄^ ̄;;)ノ

 

11月12日(月) 曇り一時晴れのち霧のち雨

 きょうは Remembrance Day の振替休日で休み。 オイラのオツムもオヤスミ中♪ (o_ _)o.oO○ zzzz...

 ゆーべお泊まりに来た Brittney お嬢さまに,なぜか「Airplane」というニックネームをいただく。 どっちかとゆーと airplane よりも airship のほうが似てると思うけど?( ̄^ ̄;;)hot air balloon とか言うなよ☆ 
 

 昼すぎに 5人で Ginger の散歩に出る。 いつものコースのあとに「きょうは遠出」と Overwaitea へ。 そのあと Robert が「じゃぁマクドナルドで昼食を」と言いだしたので,まさか Alaska Highway 沿いのあのマクドまで歩いて行くつもりかー!?( ̄□ ̄;;)・・とびっくりしたけど,ぐるっと回っていちど家に戻って Ginger を裏庭に放して車でおでかけ。 そーだよな。

 フィレオフィッシュセットを食って帰って,家で Robert が夕飯の準備をするのを手伝う。 といってもスペアリブにシーズニングをふったりトレイに乗っけた肉を裏庭のバーベキューグリルまで持っていったりしただけだけど。 肉をオーブンに仕込んだあとビデオ屋と Canadian Tire に行くのにつきあって,帰ってきてガレージで工作のお手伝い。 といってもネジを回しただけ・・ ( ̄∇゜)\(-_-;) ハ゛キッ! 
 

 夜はまたビデオ。 甲冑をまとった中世の騎士が馬に乗って長い木槍で対決するスポーツのトーナメントが各地を転戦して,ニセ貴族の騎士が勝利も名誉もオンナも勝ち取っちゃうというナンセンスドタバタコメディ映画「A Knight's Tale」。 あんまりバカバカしくて Robert と Rhonda と 3人で最後は大爆笑。 まぁ,いつの時代もキレイなオンナと強いオトコはトクをする・・ってコトだ? ヽ( ´ー`)ノ

 

11月11日(日) 霧

 霧がかかって外はもよよ〜んと白くかすんでいる。 風もなくあまり寒くもなく,なんだか雲の中にすっぽり入っているみたい。 山の朝霧は好きだけど,ふだん生活している場で昼になっても夕方になっても夜になってもずっともよよ〜んとしていると世界が止まったみたいなヘンな気分になる。 まぁ,この町に住んでるコトじたい時計を止めて生活しているよーなモンかも?

 Robert は朝からずっと Remembrance Day の式典に正装して?出席。 「オマエも来るか?」と訊かれたけど,きょうのは式典の趣旨がオイラの主義主張と相容れないモノだし,もともとセレモニーというモノがキライなので丁重に辞退した。 午後はずっとパソに向かって日記を書く。 うっかりするときのうの天気すら思い出せないようになってきているので,日記はためないようにしなくては・・( ̄^ ̄;;)
 

 午後から Elizabeth の友だちの Brittney がお泊まりで遊びに来た。 ハシャギすぎて何度も叱られてもハシャギ続けるふたりを見ていると,なんともほほえましい。 「みんなから『あのふたりは双子みたい』と言われるほど仲もいいし行動パターンも似ているのよー」と Rhonda もニコニコしている。

 夕方,退役軍人たちが集まるサロンへ Robert に引率されてみんなで turkey supper を食べにでかける。 ついていかないときょうの夕飯がないからオイラもしかたなしに。 行ってみると混んでて席はないし Robert の知りあいは誰も来ていないし会場はタバコの煙がもーもーだし,ゴハンを食べただけでさっさと退散。 まえの host mother の Alice さんがサロンで友人と踊っているのにばったり会ってお互いびっくり。 あとカレッジの英語教師 Wayne も来ていた。

 たった数十分しか会場にいなかったのにシャツも下着もぜんぶタバコくさくなっている。 暗くて気づかなかったけど,そーとー濃厚にケムっていたらしい。 やっぱり人が集まる場は smoke free にしてほしいぞ。

 

11月10日(土) 雪のち雨のち曇りのち霧

 夜中からの雪で外はうっすら雪化粧。 でも朝 9時すぎで気温はすでに 0度なので,まもなく雨になって溶けはじめる。 未舗装の道路が多いこの町は,こーして泥とホコリにまみれていくラシイ。

 朝食のあと Robert といっしょに Ginger を散歩に連れていってから,車を冬タイヤに交換してもらいに行くのについていく。 作業を待つあいだに Elizabeth と Rhonda はプールへ。 Robert とオイラは Canadian Tire で買い物をしたあと Shell の SS でコーヒーと新聞を買って,彼女たちを迎えにプールへ。 タイヤ交換のすんだ車をひきとって,Zellers とドーナツショップに寄ってから家に帰る。
 

 Elizabeth の同級生の Haley があそびに来た。 彼女がネコ毛アレルギーらしくて,何も知らずに居間の椅子でヒルネをしていた哀れな Kasper は拉致されて夫婦の寝室に監禁。 みんなで Salmon Salad Sandwitch with Swiss [cheese] and Celery ([s] の音ばっかりで舌を噛みそーだ)の昼食。 デザートはもちろんドーナツ。 いかん・・こんなステキな生活をしていてはキケンだ♪(○  ̄ ¬  ̄ ○)

 午後は家の用事のお手伝い。 Rhonda の指導で暖炉の灰を掻き出して捨てて,薪にしている廃材をはこぶ。 ふと,裏庭の機械ノコで廃材を乱切りにしていた Auckland の Peng さんを思い出す。 まだ 1年も経っていないのにミョーになつかしい。 引越しのあいさつ状を出しておかなきゃな。 Elizabeth の部屋に置く小さな棚を組み立てるのを手伝ってから,家のクリスマスイルミネーションのチェックにつきあう。 オイラは何もせず下でただハシゴを押さえているだけ。

 そのあともういちど Ginger を散歩に連れていったらもう夕食の時間。 草地で走りまわって雪と泥にまみれた Ginger を洗ってからガレージに連れて入ったらいきなりぶるるんとスプラッシュを浴びせられてオイラのほうがドロドロに・・( ̄_ ̄)

 こんな底冷えのする日は暖炉の前でだらだらすごすのが GOOD 。 この際「低温燃焼で発生するダイオキシンが・・」なんてヤボな話はナシ。 Ginger のナメナメ攻撃と Kasper のスリスリ攻撃にさえ注意すれば「ラップトップ(ノートパソ)+無線 LAN 」の組みあわせはサイコー。 これに ADSL が加われば無敵だぜぃっ♪ ( ̄^ ̄;;)ノ
 

 Elizabeth が寝たあとはオトナたちのムービータイム。 3人で「The Family Man」のビデオを観る。 恋人を捨てて仕事に狂い大成功した,人の愛しかたを知らない孤独なエリートビジネスマン Jack(Nocolas Cage)が,クリスマスイブに豪邸のベッドで「翌朝めざめたら愛情に包まれた家庭のダンナに変身していて,自分を愛してくれる妻やこどもたちをだんだん愛せるようになり価値観が変わった」夢を見て(?),自分が周囲のヒンシュクを無視してクリスマスの日に招集した緊急会議に大遅刻したあげくに,13年間ひきずった過去を忘れて新天地パリに向かおうとする元恋人 Kate を空港まで追っかけて口説きおとしてひきとめる・・という超ジコチューな物語。 ラストシーンがパリのカフェだったら共感できたかもしれないのに・・ヽ(´ー`)ノ

 

11月9日(金) 曇り

 きょうはカレッジの先生たちの研修日とかで授業はナシ。 日曜日が Remembrance Day (戦死した兵士たちの追悼の日)なので月曜日も振替え?で休みになって,この週末は 4連休♪\(⌒ー⌒)/ このところちょっと疲れぎみなので,だらだら過ごす予定。

 朝,なにげにニュースサイトを見たら Canada 3000 が資金難できょうから運航停止という記事が。 エアカナダ がカナディアンを食って健全な競争がなくなったこの国で,オーストラリアやヨーロッパ・インド方面まで路線を持ってがんばっていたナンバー2の航空会社だったのに残念。 これでカナダの空は事実上独占状態になるのでますます運賃が高くなるなぁ・・ってか,そのエアカナダじたいが以前から倒産の危機に瀕しているのは周知の事実なので,ヘタをすると来年のカルガリー・サミット開催のころには「国内線を飛ばす会社のないホスト国」なんて情けないコトになるかも・・(゜∇゜)ウケケ 

 みんながでかけて留守になったのをいーことに,ひさしぶりに長距離長電話。 もちろん電話代は自分持ちだよー。 それにしても・・市内にアクセスポイントがないイナカ町からだと,電話カードもフリーダイアル経由の access surcharge が高くて悲しい。 トロントやバンクーバーからなら 20ドルのカードで 600分(10時間♪)くらい話せるのに,ウチの町からだとたったの 150分+α。 もちろん,それでもこの町での独占企業 telus のバカ高い長距離通話料に比べればヒトケタ安いんだけど,電話魔のオイラには暮らしづらい町だ・・( ̄_ ̄)
 

 昼前に 99th Ave. の Hamilton Stationers へ行って ADSL の申込み。 まだ第2次募集のポートは余っていたのでホッとしたけど,直前に来ていた老夫婦も同じ手続きをしていたりでかなりの人気らしい。 順番待ちで実際に開通するまでにはしばらくかかりそうなので,ダイアルアップの接続がそれまで使えるように念を押してから初期費用(セットアップ 100ドル + DSL modem レンタルの保証金 100ドル)と最初の月の使用料 39.95ドルを払う。 このまえダイアルアップの契約で払った金額をさし引いてくれたのでラッキー♪(⌒ー⌒)

 そのあと銀行へ。 レートがだいぶ良くなってきているので日本円から両替して,残高がさびしくなっていた口座に入金してもらう。 トラベラーズチェックを作ったときの手数料 1%もコミで,1ドル≒77.4円くらいの計算。 もうすこし円高が進むと読んで,今回はさしあたって必要な費用だけを両替したけど・・はてさて。
 

 午後は,洗濯をしながら(洗濯機に洗濯をさせながら)また長電話をしたりしてだらだら暮らす。 平和な 1日。 (o_ _)o o(_△_)o (o_ _)o o(_△_)o ゴロゴロ〜♪

 夕食のときに Robert が「ビールを飲むかい?」と冷蔵庫から缶ビールを出してきたので「さんきゅー♪( ̄¬ ̄)」と受け取ったら,オイラの愛飲の Okanagan Springs Brewery の PALE ALE 。 これって・・先週末の乱痴気パーティの日にオイラが自分で買って飲まずに残していたヤツぢゃんか・・(───┬───__───┬───) ま,いーけどー♪ ヽ( ´ー`)ノ

 夜,乾燥機から洗濯物を取り出して部屋でたたんでいたら,シャツのポケットになにか入ってる。 「あれ?」とひっくりかえしてみると,銀色に光る時計がコロリ・・( ̄□ ̄;;) 生活防水ですらない安時計は,みごとに洗濯開始の時刻を指して昇天しておりました。 どこが「平和な 1日」やねん・・(--)なんまんだぶ♪ 

 

11月8日(木) 曇り

 ゆーべの雪が積もって外は銀世界。 いかん・・はやく冬用の靴を買わなきゃな。

 ふと魔がさして iTools をインストールしたら直後にフリーズ。 再起動して接続したらまたフリーズ。 デスクトップに iDisk をマウントしようとしたらまたまたフリーズ。 なんとかマウントしてもフォルダを開いたりの操作がいちいちフリーズしちゃったみたいに超遅い。 こんなのダイアルアップ接続では使いモノにならんぢぇ・・ (#`_´)

 学校に着いてパソ室にいったら,同級生の Hiro が「仲のよかった友人が亡くなったというメールが来てる・・」と蒼ざめていた。 原因その他の情報なしに事実だけぽーんと投げつけられたので,よけいにつらいだろう。 連絡してくれた人も(彼はカナダにいて簡単に友人に連絡が取れないんだから)もーちょっと事情を書いてくれればよかったのに・・と思う。
 

 学校の帰りに Liquor Store に寄って週末用の酒を買う。 むかし漫画のタイトルになっていた酒「Lemon Hart」というのを見つけたので小ビンを買ってみたけど,夜に飲んでみたらマズかった・・コーラか何かで割って味をごまかさなきゃ飲めないぞ・・と言いつつこの日記を書きながらストレートでちびちび飲んでたりする・・( ̄_ ̄;;)

 「きょうは仕事でイヤなコトがあったから夕飯をつくる気になれない」という Robert のヒトコトで,みんなで Pizza Hut へ。 おとな 3人+こども 1人で中サイズのピザ 2枚(ペッペローニ&マッシュルーム&グリーンペッパーと,ハム&パイナップル)をたいらげてハラいっぱい。 「だいじな証人が証言を翻したので裁判が暗礁にのりあげた・・オレの仕事人生で最悪の日だ」と不満たらたらだった「女王さまの弁護人(=検察官)」 Robert も,ビール 1杯とピザいっぱいでちょっと満足したみたい。 って・・ビール飲んでから運転して帰っていーのか?( ̄□ ̄;;)

 家に帰っていろいろ話していて,やっと ADSL 接続に OK が出た♪ \(⌒ー⌒)/ さっそくあした手続きにいってこなきゃ。 でも,はたしてまだポートは空いているんだろーか?( ̄_ ̄)

 

11月7日(水) 曇りのち雪

 水曜日は午後は 1限だけ。 前期にやったのとまったく同じ詩 2篇と「ロミオとジュリエット」のまったく同じ会話の朗読で,超つまんない。 居残って勉強するほど気合いも入ってないので 2時 24分のバスでさっさと帰る。 途中 Ming's Kitchen 隣のコンビニで電話カードを買って,銀行の ATM に寄ってから帰ってもまだ 3時すぎ。 週に 1日くらい,こんなのーんびりした日があってもいーよねー♪( ̄^ ̄;;)

 ナッチョだかなんだかメキシカ〜ンな夕飯のあと Rhonda は学校の会合でおでかけ。 帰ってきて会の様子を話しているのを Robert が新聞を読みながらマジメに聞こうとしない・・と Rhonda はおかんむり。 Chinese New Year でホストマザーが留守だった Auckland の Peng さんちも含めて先月までは実質 single parent の家にばかりステイしていたので,このふたりのやりとりを見ているのはけっこう新鮮かも♪( ̄ー ̄)人生勉強だ? 

 外を見ると・・雪だー。 ぼたぼたぼたん雪。 もうチャリに乗れる気候は戻らないんだろーな・・( ̄_ ̄)
 

 Fetch の古いバージョンで自分のサイトの「まるごとダウンロード」をしよーとしたらファイルタイプ(text or binary)が判定できずにあちこちで止まるので,けっきょく手動でホストとローカルのフォルダを開きながら時間をかけてやっと完了。 FTP client に関しては,フリーウェアでけっこう使えるのが多い Win のほうが圧勝だな。

 

11月6日(火) 曇りのち晴れ

 なーにが「フラグメント」だ。 なーにが「イベントごとのコンフリクト」だ。 なーにが「サイテーション」だ。 つまんねー。 つまんねー。 つまんねー☆ (o_ _)o o(_△_)o (o_ _)o o(_△_)o 

 帰りに Video Update に寄ろうと Cultural Centre の前でバスをおりたのに,レンタルのメンバーカードが行方不明。 なのでそのまま歩いて帰る。 アホやろ?( ̄_ ̄)
 

 火曜日は「ムービーナイト」だそうで,家族全員で 2階(ロフト?)に集合して A&W のチキンを食いながら「SHREK」を観る。 技術博覧会みたいな CG 画像に辟易して観ていたけど,ジョークやパロディ満載の会話はロクに理解できなくてもけっこう楽しめる話で,古典的価値観にまみれた「魔法が解けてすらっとした美女に戻りました」というつまんない結末ではなかったのでホッとした。 むしろ観ている側の価値観を試されているよーで怖かったりする。 エンドマーク後の歌えや踊れのパーティシーン(ビデオ版のオマケ?)までとことん凝ったつくりはさすが。

 

11月5日(月) 曇り

 Grammar の練習問題漬けも Reading の提出物漬けも Listening/Speaking のプレゼン強要も Writing の書式だけ重視もウンザリ。 オイラは英語圏の学校に通うつもりはないんだからー♪ヽ( ´ー`)ノ

 きょうから ESL の授業のほかに ABE (Adult Basic Education) の Social Studies のクラスにも出席。 高校のころにマジメに勉強しなかった社会科だけど,あらためてキホンを習うのも楽しい。 でもテストや提出物に追われるとキライになるんだろなぁ・・( ̄^ ̄;;)
 

 4時までの授業がおわって Cindy に保険の手続きをしてもらってから入口のトコでバスを待ちつつヨソ見してたら,「バス待ってるんでしょ? もう来ますよ」と声をかけてくれる人がいた。 ありがとです。 こんな,ちょっとしたコトがうれしい。

 100th Ave. に入る直前でおりるつもりが行きすぎる。 コンビニで買った長距離電話カードは,やっぱりローカルアクセスポイントがない。 次のバスは来ない。 銀行で保険料ぶんをおろして次のバスを待つあいだ Cultural Centre の中で待とうと思ったのに月曜日で図書館が休みなせいかドアにカギがかけられている。 しょーがないのでつめたい風に吹かれてトボトボ歩いて帰る。 かなりユーウツな月曜日。

 

11月4日(日) 曇り

 午前中はネット&パソざんまい。 昼から Shoppers へ買い物に。 そのあと Ginger の散歩におつきあい。 真っ黒い野良チャウチャウ?がいた。

 夕飯のあとに Alice さんちまで乗っけてもらって,置き去りにしてあった荷物とチャリをひきとる。 同居人 Chris のケムリ攻撃さえなければずっといたかったんだけどなぁ・・(-。-)

 

11月3日(土) 曇り

 ホスト家のひとり娘 Elizabeth (6歳)のプールの送迎についていって Totem Mall でおろしてもらう。 テキトーに遊んで帰るつもりが「帰りも拾っていくから」と言われて時間に追われながらモールを回る。 手袋・マフラー・防寒頭巾(?)・シャツ・グリーティングカード・イアホン型ヘッドセットを買った。

 プールの近くの Shell の SS で,ホスト父 Robert にホットドッグをオゴってもらう。 ホットドッグ・フライドチキン・ハンバーガーなどジャンクフードが好きらしいから,食いモノにキビしい Khairoun さんと暮らしていたより気楽にすごせそう・・かな?

 そのあと車のトランクに積んだ空きビン類をリサイクルに持っていく。 酒類は 105th Ave. の liquor store へ。 ジュースの空きビンやプラスチック類は 104th Ave.(Overwaitea の裏)のリサイクルステーションへ。 プラスチック類はリサイクルマーク(矢印が三角形に回ってるヤツ)のまん中に数字が書いてあって原料によって(?)分類されているので,指示通りの容器に放りこんでいく。 カナダに来て 7か月になるけど,ずっと知らなかった・・( ̄^ ̄;;) 払い戻されたデポジットは,即座に明細書を破棄して Robert のポケットへ。
 

 午後は階下で Robert が醸造しているワインのビン詰めを手伝う。 発酵がおわってフィルターで濾過してしばらく巨大ビンで寝かされていた赤ワインを,亜硝酸塩(酸化防止剤)の溶液で洗った通常サイズのワインボトルに詰めてコルク栓をして熱収縮キャップで口をシールしてラベルを貼って,店で売っているのと外見は変わらない立派なワインが 20数本。 「自家製ワインをビン詰めする作業の最初にやらなければいけない最も重要なコトは・・」と言いながら彼はキッチンからワイングラスを持ってきて「マトモなワインができているか,実際に飲んでみて確認するコト♪( ̄ー ̄)」と,デキャンタに移したワインをグラスになみなみと注いで ( ^-^)/□☆□\(^-^ ) かんぱぁ〜い♪

 まだ熟成されていない超若いワインなのにけっこうオイシくて,酒に強い彼につられて作業の合間にぐびぐび飲む。 「カナダでは自分の家でワインをつくるのは合法的なの?」と訊いたら「女王さまの弁護人(=検察官)をやってるオレが違法なコトできるワケないだろ」と笑われてしまった。 他人に売らなければワインでもビールでも家で造ってかまわないラシイ。 そーいえばスーパーに「ビール醸造キット」なんてのが売ってたっけな♪( ̄¬ ̄)
 

 夜は Robert が所属している Kin Club という会の仲間が集合してブラックジャック大会。 ルールをよく知らないオイラも参加したけど,酔うほどにみんな白熱してきてチップの賭けかたがだんだん過激になる。 Robert が優勝して賞品のウィスキーを獲得して全員にふるまって,酔っぱらいの勢いは誰も止められない。 止めようとする人もいないけど。 いつのまにかゲームがポーカーに変わって一巡ごとに数百ドルぶんのチップを積まないと札ももらえなくなったりして,でも手元にチップがない人には胴元からじゃんじゃんチップがふるまわれたりして,ワケわかんない。 まぁ,現金が動いてるワケぢゃないからこんなハチャメチャでも楽しければいいんだけど・・午後のワインから夜のウィスキーまでずいぶん飲んだのにぜんぜん酔えなくて,夜中の 2時すぎに解散したあと部屋でメールチェックしながら飲みなおし・・ふぅ。。。 (o_ _)o は゛たり 

 

11月2日(金) 晴れ

 朝,バス停でふと空を見ると雲に朝日が赤く映えてめちゃめちゃキレイだった。 学校に着くころにはすでに色あせていたから,ちょーどベストなタイミングで見れたラシイ♪(⌒ー⌒)

 午前中,激しい頭痛に悩まされる。 しかも Reading の授業ではいきなり「このまえ配った単語表のテストをしまーっす」と問題を配ったあと教師は「用事があるから」と途中で消えるし。 そんな表を見たコトもないオイラは即座に沈没。 でも今回のテーマの「con-」という接頭辞の付く単語はやたら多くて意味が複雑で,単語表をもらっていても沈没していたと思うぞ。 問題用紙をにらみながら「きっと Windows の『CON CON CON 問題(セキュリティホールの一種)』を発見したヤツは『con-』語に悩まされた ESL の学生だったにちがいない」とか,しょーもないコトを考えてしまう。
 

 家に帰って無線 LAN の設定を。 「setup assistance」と称してあちこち勝手に設定を変えてしまうアプリは使いたくないので,マニュアルを読みながら全手動で設定。 手動での設定は想定してないらしくて,必要な情報がいろんなとこに分散して書かれてあって読みながらイライラ。 でも無事につながってみると,いちいち電話線のあるトコまで行かなくてもメールを読んだりできるので便利。 クセになりそー♪ ヘ( ̄∇ ̄ヘ) (ノ ̄∇ ̄)ノ

 夜はオトナのムービータイム。 古代エジプトがらみハチャメチャアクションスペクタクルなナンセンス映画「The Mummy Returns」。 2時間半以上の大作だけど,古代や異文化を「薄気味悪くて危険なモノ」というイメージで扱っているのがハナについて,ストーリーを楽しむ以前に拒絶反応。 ホスト父 Robert は,このテの話が好きみたいだ。 気をつけよう♪ ( ̄^ ̄;;)ノなにを? 

 

11月1日(木) 曇り

 きょうから登校。 ちょいと時差ボケ中。 寒くなったせいか,夏はガラガラだった 8時のバスもけっこう混んでいる。

 7月に SLEP(レベル判定)テストを受けていたので,無試験で以前と同じクラスに転入。 前期からの同級生がみんな進級しているので,若者たちのように進化が速くないオイラはかなりアセっていたりする。 ってか勉強しろよ・・(¬_¬) >じぶん

 午後の Reading の時間に教務主任(?) Doreen に拉致されて「2期めなんだし,ESL のコース以外の授業も取ってみれば? でも,コレとコレ以外は受講資格に語学力(writing 重視)の試験を受けなきゃいけないからその準備もして・・」とか言われてオロオロ。 そーまでして受けたい講座があるワケでもないしなぁ・・( ̄_ ̄)どーしよ 
 

 帰りに 99th Ave. の Hamilton Stationers に寄って ISP の契約をする。 今回は Mari のホストファミリーが薦めていたという OCOL というプロバイダ。 前回利用していた PRIS と違って店頭で手続きがすぐできるから,メンドウな電話でのやりとりナシにきょうから使えるー♪ \(⌒ー⌒)/

 家に帰ってさっそく接続してみる。 ほとんどイッパツでつながるし転送はサクサク速いし,アクセスポイントが混んでいた PRIS よりも月 10ドル高いのもそれだけの価値はあるかも。 というか,プロバイダをのりかえたホントの理由は別にあるんだけど・・もうしばらくナイショ♪( ̄ー ̄)
 

 夕飯のあと,ホストのひとり娘 Elizabeth (6歳)にパソ室に軟禁されて「Pajama SAM 3」というゲームにおつきあい。 パソは好きでもゲームは好きじゃないオイラは RPG のキホンも知らないので,指導教官 Elizabeth はイライラ・・m(_ _;;)m

 

10月 ← 2001年11月 → 12月