ホーム > 逃亡日記 > 2002年7月 [US篇]

 〜 ぽんぽこ逃亡日記 (2002年7月 [US篇]) 〜

7月 [カナダ篇] ← → 8月 [US篇]

 

註: 文中の「ドル」は,特記以外は「USドル(1ドル≒119〜120円)」

7月31日(水) 快晴

 休養 4日め,きょうは洗濯日。 ・・のハズが。 朝おきて窓のカーテンを開けたら雲ひとつない快晴の青空っ♪ \(⌒ー⌒)/ ついふらふら〜っと「おでかけモード」に。

 まずは空港で情報収集・・と思って宿のフロントで訊いたら「空港へ行くならバスが 15分おきに出てて 1ドルちょっとで乗れるよ」と言うので,すぐ前のバス停で待つ。 待つ。 待つ。 ワタシ待〜つ〜わ♪ ヘ( ̄∇ ̄ヘ) (ノ ̄∇ ̄)ノ ・・来ない。

 途中,近所に住んでいるらしいおねーさんに「このバスでダウンタウン行けるんですか?」と訊かれたりしながら(「ゴメンねー,ヨソ者だから知らないんだよー」と答えながら)待つコト約 30分。 やっと来た 174番のバスは「SEA-TAC 空港経由 Seattle ゆき」と書いてある。 オフピーク時なので運賃はドコまで乗っても 1.25ドル均一。 マジ? メチャ安♪(⌒ー⌒)なら Seattle まで行かなきゃソン♪
 

 ダウンタウンに入ってちょっと行ったトコで本屋(University Book Store - Downtown)を発見したのでバスを降りて,けさローカルテレビで著者が出演して宣伝していた「Nine Minutes, Twenty Seconds - A True Story of Tragedy & Triumph / Gary M. Pomerantz (2001)」と,バーゲンで激安($3.98)だった「The Intuitionist / Colson Whitehead (1999)」を買う。 1冊 1か月のペースでしか読めてないのに,こんなに買っていったいどーすんだ?(¬_¬) >じぶん 

 4th Ave. x Pine St. のモール(Westlake Center)でトイレを借りたついでに腹ごしらえ。 各種アジア系ヌードルの店 Noodle Zone で Drunken Noodle ($4.95 + tax $0.46 = $5.41) という超幅広ライスヌードル炒めを注文したら,食いきれない量が出てきて即 KO 。 でも激んまかったのでほとんどぜんぶ食った。 ハラいっぱい・・(○ ⌒ ー ⌒ ○)
 

 そのあと街をぷらぷら。 坂が多いので歩くとキツい。 でもダウンタウンのほぼ全域でバスがタダで乗れるので,こんなに回りやすい街もないかもしれない。 けっこう気にいったカモ♪(⌒ー⌒)ちと人が多すぎるけど・・ 

 ふと魔がさして楽器屋めぐり。 海辺の Pike Place Market の某店で,ずっとさがしていた MartinBackpacker Guitar を発見♪ \(⌒ー⌒)/ でも新品とはいえ 250ドルは高すぎるんぢゃねーか?(¬_¬) ってコトで,試奏だけさせてもらって「ひと晩,考えさせて・・」と店を出る。 うーむ・・( ̄_ ̄;;)でもほしい・・ 

 途中,オープンカフェ(Cherry Street Coffee House?)でひと休みして,さっき買った「Nine Minutes, Twenty Seconds」の第1章だけ読む。 墜落した飛行機から生還した人たちや事故に関わった人たちを綴ったドキュメンタリーらしい。 けっこうオモシロそーな予感♪ o(^-^o) (o^-^)o ワクワク♪ 

 それにしてもイチロー人気はスゴいかも。 今週?の「Sports Illustrated」の表紙をどーんと飾っているし,Pike Place Market のコレクターズの店ではサイン入り生?写真が 395ドルとダントツの値をつけていたし。 他の映画俳優やロックスターたちのはたいてい 95ドルで,マイケル・ジョーダンのでさえ 295ドルなのに・・w(゜o゜)w びっくりー
 

 帰りのバスがなかなか来なかったけど,いったん乗っちゃえばあとは乗りかえもなくラクチン。 夕方のピーク時(午後 3〜6時)を過ぎたから帰りも 1.25ドル。 ダウンタウンのフリー区間からの乗車なので,だまって乗って降りるときに運賃を払う仕組み。 他の人の行動を見ていたらコインだけじゃなくて 1ドル札も使えるみたいで,小銭貧乏の旅行者にはラッキー♪ \(⌒ー⌒)/

 宿の次のバス停で降りて,Fred Meyer に寄ってコーヒー豆の追加(苦いだけの Turkish Roast は飽きた・・)と晩メシの食材とビールを買う。 地ビールを,と「Rainier ALE」というのをデカ罎で買ったのに・・帰って飲んでみたらイマイチだった・・(───┬───__───┬───)
 

 【本日の移動】 宿 → [Bus #174] → Downtown Seattle (4th Ave - University Book Store - Rainier Square - 5th Ave. - Pine St. - Westlake Center <lunch> - Pine St. - 1st Ave. <pawn shops> - Pike Place Market <guitar shop> - 1st Ave. <used guitar shop> - Bus #56? - S. Washington St. <used guitar shop> - pier - S. Washington St. - 1st Ave. <Metsker Maps of Seattle> - Cherry St. <Cherry Street Coffee House> - Bus #15? - Pike Place Market <guitar shop> - Union St. - 2nd Ave.) → [Bus #174] - Fred Meyer → 宿

 

7月30日(火) 曇りのち晴れのち快晴

 休養 3日め。 ゆーべはあんなに晴れていたのに,朝はまた雲が低く垂れてて寒い。 きょうもヒーター・オン・・{{{(>_<)}}} ふ゛るるっ 

 午前中だらだらしてたら,きのう連絡が取れなかった Kさんから電話。 「せっかく来てるんだから家族みんなでどっかでランチでも?」って話になって,Kさんの友人が教えてくれたという Kent の日本食レストランの前で昼に待ちあわせ。 電話のあと住所を頼りに Yahoo! Maps で場所を調べたら,宿の前のハイウェイを数ブロック南に行っただけの至近距離だと判明♪ (^ー゜)v ラッキー♪ 

 昼間だしビル街でもないし車も多いし沿道に工事の人もいるし,いきなり建物の陰に引きこまれたり車から撃たれたりするコトもないだろー・・と,ハイウェイ沿いをぷらぷら歩く。 迷う余地もなく,信号 3つめの S 260th St. の先のモール?(Woodmond Place)の中に目的地「武蔵」を発見。 あまりに早く着きすぎたのでドラッグストアとスーパーに入って,地図と食器洗いの洗剤とフィルムを買って約束の時間を待つ。

 どデカいアメ車で到着した Kさん一家。 だけど,なぜか Kさんだけ降ろしてご家族はそのまま走り去ってゆくー・・(。_゜?) もしかして「ぽんぽこってどんなヤツ?」と好奇心で見にきただけだったのかー?( ̄∇ ̄;;)

 アメリカだしー・・と,あまり期待しないで注文した「ちらし」と「納豆巻」は意外に good ♪(⌒¬⌒)値段もそれなり(以上)だけど・・ つい調子にのって昼間っからビールとポン酒まで・・またこの冷酒がキリッとオイシくて♪(#⌒¬⌒#) ここ数日なんだか体調が悪くて肝臓がアルコールを拒否していたけど,どーやら復活したラシイ♪ (#^ー゜#)v
 

 Kさんと別れたあとスーパーをひやかしてから,トイレを借りようと交差点の角の GS のセブンイレブンへ。 でも「従業員用しかナイ」と冷たくあしらわれる。 そう,ココはアメリカ・・(>_<) 道をはさんだ KFC なら・・と行ってみたけど,店内に客の姿もなくガラ〜んとしているのでなんだか怖くてパス。 けど,ダメかな・・と半分あきらめてきいてみた隣の Chevron の GS では「あ,どーぞご自由に♪ (⌒ー⌒)σ」 なんだかうれしくて,トイレを使わせてもらったあとカプチーノ(フレンチバニラ風味 $1.08 / medium size)を買って帰った。 Chevron 系 GS 大好きー♪ \(⌒ー⌒)/

 昼を食べている間に雲は去って,午後からはきのうと同じ青空。 雲のあるなしで空の広さがこーんなに違って見えるなんて,ちょっと新発見。 SEA-TAC 空港の離着陸コースの真下なので,歩いていると飛行機の影がいきなり地上を駆けていってドキドキしちゃったりするけど・・やーっぱ青空の下でぷらぷらしてるってのはキモチいい♪(⌒ー⌒)
 

 宿に戻って,換気の悪い部屋の空気をいれかえようとドアを開け放して,ひなたぼっこしながら本を読む。 そのうちだんだん眠くなってきたので,さすがにドアは閉めてベッドにごろりん。 あっとゆー間にオヒルネもーど。

 なんだかイヤな夢をみて「あーヤダっ☆ (#ノ ̄皿 ̄)ノ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡┻━┻」とムカムカして,がばっと起きたのが夜 8時すぎ。 3時間くらい爆睡していたらしい。 あんな夢にうなされるなんて,それにこんなに眠れるなんて,まだ疲れが取れていないにちがいない・・と理由もなく決めつけて,あしたも休養を続けるコトにする。 っつーか。 あしたは洗濯日だし・・( ̄^ ̄;;)
 

 前の本をまだ読み終えていないのに,おととい買ってきた本(「A Bend in the RoadNicholas Sparks (2001) / Warner Books, Inc. [ISBN 0-446-61186-7])に手を出してしまった。 二兎を追うモノは・・( ̄_ ̄)
 

 【本日の移動】 宿 → [R-99 (Pacific Hwy S)] → Woodmont Place(買い物&昼メシ) → [R-99] → 宿

 

7月29日(月) 曇りのち晴れのち快晴

 休養 2日め。 あまりの寒さに,朝からヒーターを入れる。 きのうに続いて雲が低く垂れている。 オイラは晴れオトコだったハズなんだけどー?( ̄_ ̄)

 ゆーべ爆睡して電話をできなかった数人にメールを送ってから散歩に出る。 西のほうに見えている海辺まで出ようと思ったけど,坂道をはてしなく下っていって 30分も歩いた頃にやっと海岸の公園に到着。 でも浜辺には出れず崖の上から木々ごしに海を眺めるだけ。 そんなトコだけど,ベンチにはお約束どおりカップルが陣取ってるし。 1回きてみればじゅーぶんだなー・・ヽ( ´ー`)ノ

 帰り道はトーゼンはてしなく坂道を上る。 道端の家々の庭に各種とりどりに花が咲いているのがキレイ。 道に迷って一瞬ボーゼンとしたけど,ちょっと脇に行くと無事にハイウェイに戻れた。

 きのうの中華屋(臥龍餐廳)で昼メシ。 Hunan Chicken という激辛い鶏きのこブロッコリー炒めにワンタンスープと炒飯が付いて 5.85ドル。 さすがにランチメニューは安いなぁ・・と思ったけど,ふと気づくとココはアメリカ。 税チップ込みにすると昼メシだけで 900円ほども使った計算になる。 まぁ,オイシいからイイっか♪(⌒¬⌒)
 

 店を出ると,さっきまでの低く垂れてた雲がウソみたいに晴れてきて半袖でも暑いくらい。 やーっぱオイラは晴れオトコぉ〜♪ \(⌒ー⌒)/ いったん宿に帰ってパーカを放りだして靴をサンダルにはきかえてから,コーヒー豆を買いにきのうの Fred Meyer(なんでもスーパー)へ。 生豆の種類がやけに多いのにほとんどがブレンドかフレーバー付きで,ストレートのが各種並んでいる日本のスーパーがなつかしい。 深煎り系が好きなので,ちょっとアヤシげな「Turkish Roast」ってヤツを。 ミルで挽くと,なつかしい「かど」系の深煎りの香りが・・まぁ,あの味がムリなのはわかってるさ。 コーヒーの他にもいろいろ衝動買いしたくなったけど,まだ旅行中だし荷物を増やすワケにはいかないのでガマン。

 宿に戻ってベッドに寝っころがって本を読んでいたら睡魔クン襲来。 2時間ほどキモチよく爆睡させていただく。 こんなとき「なーんにもしない♪ヽ(゜_゜)ノほ゜けらー」の旅は気楽でいい。 でも,ゆーべからいったい合計で何時間寝てるんだ? (o_ _)o.oO○ zzzz...
 

 昼に食いすぎたせいかあまりハラが減らず,晩メシを食ったのが午後9時すぎ。 こんな不規則な生活をしていると・・(○  ̄ _  ̄ ○)

 夜にメールチェックしてたら,いきなりネスケが落ちて画面がまっ白けっけに。 この症状,前にもいちど経験したけど・・MacsBug にも入れず何のリカバリもできないので泣く泣く再起動。 ココんとこ iCab の落ちグセ回避はできているのに,Control Strip とか意外なモノがヘンな落ちかたをしてくれるので困る。 いーかげん OS X に移行しろってコトなのか。 あんなファイルシステムを自由にいぢれない OS はイヤだぞ。
 

 【本日の移動】 宿 → [South 252nd St. - 19th Ct. S. - 20th Ave. S. - S. 250th St. - S. 251st St. - Marine View Dr. S.] → Saltwater Campground (in Saltwater State Park) → [Marine View Dr. S. - S. 251st St. - S. 250th St. - 24th Pl. S. - S. 252nd St. - Route 99 (Pacific Highway South)] → 臥龍餐廳(晩メシ) → [Route 99] → Fred Meyer → 宿

 

7月28日(日) 曇り/晴れ/霧雨のち曇り

 夜ふかししてて「さー寝よう♪ (o_ _)o.oO○ zzzz...」とベッドに倒れこんだとたんに,非常ベルらしい電子音がプープー鳴りだしてガバっと起きる。 一瞬で止まれば誤報とわかるけど,ずっと鳴り続けているうえに何か中国訛りのアナウンス(たぶん「調査中」と言ってるけど音が割れて聴き取れない)も入っているので,念のため非常階段を伝ってロビーに降りる。 ヒトリ避難訓練をしなかった日に限ってコレだぜ。 まぁ部屋の斜向かいが非常口だったし避難路はクリアだったからイイけど・・ヽ( ´ー`)ノ

 ロビーには毛布にくるまれた子供を連れた家族連れや「結婚パーティの最中だったのに・・(#`´)」とムクれているドレス&タキシード姿の新郎新婦や着飾った出席者たち(夜中の 2時にパーティやってたのかっ!?)が全身から疲れのオーラを発しながらたむろしている。 当直のマネージャらしきアジア系ホテルマンが「ただいま調査中,もー少しお待ちを!!」とときどきアナウンスを入れているけど,かけつけた消防隊の人たちとなにやら言い争ったりしててなんだか不安。 すくなくとも「どっかで火が燃えさかっている」状態ではなさそうだけど,誤報なのか埋み火があるのかハッキリさせなきゃいけないので時間がかかっているらしい。

 空港ホテルなのでそんな時間にもチェックイン客が何人かいて,ポーターのおにーさん(マネージャ氏より冷静に状況を把握して客と話していた)は荷物カートにスーツケースを積みあげて待機中。 動かないエレベータに業を煮やしたチェックイン客は「あっちから行っていいんだろ?」と勝手に非常階段から部屋に上がっていく。 いーのか?( ̄□ ̄;;)

 ようやく誤報と確認できて消防隊が去ってからしばらくはエレベータ待ちの行列で,部屋に戻ったのは午前 3時近かった。 早朝の便なので 5時には起きたいところ。 いっそ寝ずにいようかとも思ったけど,せっかくチェックインカウンターまで徒歩数分の宿を取ったんだから・・とベッドにもぐりこむ。 Seattle 着が夕方になってもいいから,もっと遅い時間の便にすればよかった。
 

 目覚ましのベルとラジオと wake up call とで,なんとか寝坊せずに活動開始。 チェックアウトして電話代(1通話 1.59カナダドルは高いぞっ)の精算をすませ,大荷物を背負ってターミナルの出発階へ。 カートは有料だから・・とパスしたのは大失敗。 カナダ発 US 行きの transborder flight は,出発前に US のイミグレと税関を通るのでチェックインカウンターで荷物が預けられないのを忘れていた。 しかも朝の出発ラッシュの時間帯で,イミグレは入国審査官が全ブースでフル回転してるのに長蛇の列。 きちんと整列させないもんだから各所で割り込みや列の分岐/合流など無秩序状態。

 出発時刻が迫って殺気だつ乗客の群衆を早朝から黙々とさばく苦労なんて「入国審査をさらに厳格に」なんてホザいてるワシントンの政治家や高級官僚たちには理解できないだろうな・・とか思いながら,でもぞんざいな口調でエラそーな態度の審査官にはムカつきながらイミグレを通過するのに,それでも 1時間はかからなかった。 税関はフリーパス。 イミグレがボトルネックになっているせいか,大荷物を預けたあとのセキュリティチェックもガラガラ。

 タダ券とはいえ,せっかく C/F で飛ぶんだから・・と,20分ほどしか時間はなかったけど Admirals Club のラウンジ(セキュリティのすぐ先の右側)におじゃまする。 まぁ来年の 2月まではプラチナなので Y のチケットでも利用権はあるんだけど。 「イミグレがクレイジーに混んでましたよー」と言うと「だから私ども(の所)はこんななんですよ,みなさまお時間がなくて直接に搭乗ゲートに行かれるので」と受付のおばさま。 見回すと客はオイラの他に家族連れが 1組いるだけで,たしかに異様にすいている。 ビスケットをつまんでコーヒーを飲んでいると,もう搭乗開始の時間。 ゲート B11 はすぐ近くなので余裕。
 

 機内はかなり混んでいた。 なんだか知らないけどオソロの Tシャツを着たラテンアメリカ系の若者が次から次へと乗ってくるのがヘンなかんじ。 ときどき修学旅行の日本の高校生が制服姿の集団で乗っているのも,他の人たちにすればヘンなかんじに見えるんだろう。 その一群とは別だけど,機内に入ってから「いっしょに旅行してるのに席が隣どうしじゃないっ☆(>_<)」とゴネる人たちがいて,オイラの席(4-E)の周囲で席替えのやりとりが。 んで隣の 4-F に移ってきた女性は栄養学者なのかダイエット評論家なのか,そのスジの本をメモを取りマーキングしながら熟読して,朝食もヘルシーに(?)果物だけ。 その隣でこってりフレンチトーストにシロップをかけおまけにマフィンまでついばんでるオイラは・・(○  ̄ _  ̄ ○;;)

 乗継ぎの Dallas / Fort Worth では,今回はターミナルの移動に迷わなかったし構内放送で名前も呼ばれなかった♪ ( ̄^ ̄;;)ノ<謎> さすがにラウンジに寄る時間はなく,すでに搭乗がはじまっていた機内へ。 隣の席(4-F)が空いていてラッキー♪ (#^ー゜)v とよろこんだのも一瞬。 前の席(3-E)に車椅子の老婦人が掛けて,通路を隔てた 3-A,B の席の息子夫婦?が世話をしているのを見た CA のおねーさんが「こちら(3-F)の席をご利用いただいたほうが便利ですよねぇ」と 3-F に座っていたおにーさんをうながして 4-F に誘導。 それはまぁしょーがないんだけど,せっかく空けてもらった 3-F の席を使わずに到着まで通路を隔ててあれこれやっていた 3-B のおにーさんにはちょっと不満かも・・ヽ(。_゜)ノ

 Seattle の Baggage Claim で,なかなか出ない荷物を待ちながらハッと気づいた。 プライオリティ・タグつけてくれてないやん。 いくらタダ券とはいえ C/F なのに・・っつーか,プラチナなのに。 これまで稼いだマイルの意味がないやんけ・・(#`m´)
 

 やっと出てきた大荷物を手にしたのが 1時半すぎ。 宿のフロントが日曜日は午後 2時で閉まるので,安いバスとかをさがす時間がなくて taxi 。 住所を書いたメモを渡した運転手のおにーさん,車を発車させたとたんにケイタイにかじりついてどこかに電話。 どーやら宿にかけているらしく「空港からなんだけどどー行けばイイのん?」と訊いている様子。 かなーり不安になったけど,遠回りもせず迷うこともなく無事に到着。 宿のフロントがわからず建物をぐるっと回っちゃったのはご愛嬌として,料金は 8ドルちょっと。 まぁ,きょうはガマン。

 宿の Crossland ってのは,ことし 3月に Salt Lake City で泊まった Extended Stay America と同じ系列のさらに安いバージョン。 バスタブがなくてシャワーだけなのはちと残念だけど(まぁホームステイでずっとシャワーだけなので慣れてるし)部屋もキレイだしキッチンも付いてるし。 なにより週 199ドルの低料金なのに電話が local call は 1回 60分までなら無料♪ \(⌒ー⌒)/ 以前は何時間かけても無料だったけど,さすがに「つなぎっぱー」防止のため制限してるんだと。 でも 1通話 1.59カナダドル(60分まで)も取る某高級ホテルと違って,かけなおせば何時間でも使いほーだいなのがマル。 長期滞在する宿の条件としては重要なポイント♪( ̄ー ̄)

 モンダイは,近くの大きな町 Seattle も Tacoma も local call の範囲外だってコト。 今回は Gric のアクセスポイントが Kent にあるのを事前に把握してたからインターネットに関してはダイジョブなんだけど。 手元の長距離電話カードはぜんぶカナダ国内のフリーダイアルしかないので,Kent にアクセスポイントのある電話カードをさがして買わなきゃ・・( ̄_ ̄;;)
 

 フロントで訊くと近くに大きなスーパーがあるというので,土地カン養成のためぷらぷら散歩。 宿の前のハイウェイ(Route 99 - Pacific Highway South)に沿っていろいろ店があって,大スーパー Fred Meyer の他にも Denny's もあるしメキシカ〜ンなレストランやコンビニもあるし。

 Fred Meyer であれこれ買いこんだあと,でもカンジンの電話カードを発見できなかったのでいったん部屋に荷物を置いてからハイウェイの反対側(北側)を探検。 いろいろ店が並んだ小さなモールみたいなのがあって,最初に入ったインド系の食材やビデオをそろえた雑貨屋で電話カードをゲット。 Nivatel の「Diamond TALK Phonecard」というヤツで,店のオジサンは「フリーダイアルがあるから」と説明してくれたけどカードの裏をよく読むと Kent にもちゃんとアクセスポイントがある。 公衆電話がなかったのであとで宿から試してみたら,10ドルのカードで US 国内だと 9時間以上も話せるラシイ。 このまえ Vancouver で買った「CALL VALUE(TM)」というカード(20ドルで 1000分以上)に匹敵するオイシいレート。 はやく日本にもこのテのカードが普及してほしいモンだなや・・(-。-)

 「Today's Special: 水餃子 20個 $4.95(←だったかな?)」の看板に惹かれて,そのモール(?)にある中華屋「臥龍餐廳」へ。 「ビールは?」と訊かれて動揺したけど,きょうはかなり疲れているのでパスして水にしてもらう。 おめあての水餃子と,きのうに続いて豆腐が食いたかったので安直に麻婆豆腐。 水餃子は異様に皮が厚くて Pierogies みたいだったけど,具の味は good ♪(⌒¬⌒) なにより 20個もあるので,それだけでも満腹になる。 さらに麻婆豆腐は激辛で,挽肉はほとんど入ってないけどマッシュルームとかグリーンオニオンとかが入っててヘルシーかも。 ヒーヒー火を吹きそーになりながらモリモリ食って大満足ぅー♪(○ ⌒ ¬ ⌒ ○)

 ゆーべロクに寝てないうえに長旅の疲れと時差(西海岸のほうが 3時間おそい)と散歩の疲れと満腹が重なって,歩いて数分の宿がやけに遠い。 これはちょっと休養が必要だぁな。 あちこち電話しなきゃだったのに,部屋に戻ったとたんにベッドに倒れこんで爆睡・・さっそく休養・・ (o_ _)o.oO○ zzzz... 「シアトルに着いたら電話する」なんて言ってたのに,ゴメンねー・・m(_ _;;)m > Kさん & Mさん & Tさん
 

 【本日の移動】 Toronto Airport (Terminal 3, B11) → [AA1431 <07:50 (UTC-0400) / 10:07 (-0500)>] → Dallas / Fort Worth Airport (Terminal A, A16 - Terminal B, B7) → [AA2783/TW <11:02 (-0500) / 13:06 (-0700)>] → Seattle / Tacoma Airport (B16?) → [taxi via Route 99 (Pacific Hithway South)] → 宿(Crossland Economy Studios, Seattle - Kent)

 

7月1日(月)〜 27日(土)

 [カナダ篇] を見てねん♪( ̄ー ̄)

 

7月 [カナダ篇] ← 2002年7月 [US篇] → 8月 [US篇]

 


Valid HTML 4.01!
このページは HTML 4.01 Transitional に準拠しています。