ホーム > 逃亡日記 > 2003年4月

 〜 ぽんぽこ逃亡日記 (2003年4月) 〜

1月 ← → 5月

 

註: 文中の「ドル」は,特記以外は「カナダドル(1ドル≒80〜83円)」

1月23日(木) 〜 4月10日(木)

 イロイロ忙しくてぇ。。。サボりっ♪ ( ̄^ ̄;;)ノ

 

4月11日(金) 曇りときどき晴れ

 Mariko のアイスワイン(もどき)プロジェクトの仕上げのお手伝いで,Granville Island 近くの Stompers へ。 もともと醸造途中のブツを預けていた店が倒産しちゃったのを,債務一切を引き継いでくれた店だそうだ。 連絡のメールではまだ「開店準備中」と書いてあったけど,すでに営業はしているみたい。 窓口にいたのが担当の Sylvie さんらしく,名前を聞いただけで奥からテキパキとブツその他必要物品を出してきてくれたけど,大金を払って注文したオシャレな青いボトル 60本が半分も届いていなくて Mariko はゴキゲンななめ。 まぁ,もとの店が倒産した時点でワインそのものも不良債権になっちゃうトコだったのを救ってくれたんだから,Sylvie さんに文句は言えないよねぇ・・。

 ボトルの洗浄もワインのビン詰めもコルクの栓しめも熱収縮キャップかぶせも専用の道具があって(ラベル貼りだけは手作業),家で Robert とやったときは 30本でも半日がかりだった全工程が 1時間ちょっとであっけなく終了。 Sylvie さんにお礼を言って,呼んでもらったタクシーで発送をお願いするクロネコヤマト営業所へ。 途中で宿に寄って,日本に送るスーツケース 2個もピックアップ。 さすがに未梱包のワイン 60本と巨大なスーツケースを引きずってバスを乗継いで移動する元気はありまへん。。。( ̄_ ̄)
 

 電話で問い合わせたときに「ワインを日本に送ると『食品の輸入』になって,酸化防止剤とかの成分が基準値以下かどうか厚生労働省の検査でパスしないと通関できないんですよねぇ」と逃げ腰だった某大手系運送会社と違って,ヤマトの営業所は「だいじょうぶ,送れますよ」と必要な費用その他をていねいに教えてくれたうえ,安全に輸送できるような梱包まで(有料だけど)やってくれるのがありがたいところ。 何も知らない国際宅配便発送初心者のオイラたちは,窓口で対応してくれた Takahae さんに書類の書きかたから別送品の日本での受取りかたやワインの具体的な梱包の手順,それに帰りのバスの乗りかたや時刻まで詳しく教えていただいて,安心して(かつ気分よく)すべてをおまかせすることができた。 日本でのクロネコさんは一部の営業所で評判を落としているみたいだけど,カナダのクロネコさんの応対を見る限り会社全体としての雰囲気はまだまだ customer satisfaction を大切にする精神を失わずにいるラシイ。 やっぱサービス業はこーでなきゃねぇ。。。( ̄^ ̄;;)←なぜか反省中?
 

 重労働でオナカがすいたので,帰りに Yaohan Centre に寄って大盛り中華の夕飯。 ゆで卵&豆腐&バラ肉の煮込みやナムルふう野菜に油菜や春雨&野菜の炒めものをたらふく食ったあと,このあとの悲惨な一夜をまだ予見できずに bubble tea でニコヤカに ( ^-^)/□☆□\(^-^ ) かんぱぁ〜い♪

 

4月12日(土) 曇り

 きょうの昼前がデッドラインだったアルバムプロジェクトが,追いこみのフル回転の作業にもかかわらず遅れに遅れて,ひさしぶりに完徹あけ。。。(/_) どー考えても間にあいそうにないので 11時の約束を 4時 → 5時まで延ばしてもらって,残り数分でなんとか完成っ♪ \()/ネムイぞっ☆ 

 SkyTrain の 29th Ave. 駅で Chikako と待ちあわせて,彼女と Mi Hwa の共同の新居(?)にオジャマする。 駅から早足で 5分の静かな住宅街にある家は,貸主さんとは干渉の少ない basement の 2-bedroom のスペース。 とはいえ,独立したアパートの部屋とは違って夜のシャワーのお湯の分配(ぶんどり合戦)とか備えてある食器やカーペットに対する気遣いとか,いろいろ繊細な神経を求められるラシイ。 それにしても・・見せてもらった Chikako の部屋はダンボール箱の姿もなくきれいに整頓されていて,きょう Fort St. John から引越してきたばかりとはとても思えない。 オイラたちが遅刻した数時間の間にイッキに片づけたそうだけど,やっぱりこのあたりに性格の違いがきわだつモンだなぁ・・w(゜o゜)w
 

 Chikako の引越しと Mariko のワインプロジェクト完成のお祝いで,Burrard St. の Shabusen へ。 メニューはもちろん「焼肉&寿司食べ放題 2時間一本勝負」。 考えてみれば,11月からほとんど毎日いっしょに行動してきたこの「お気楽極楽トリオ」で食卓を囲むのは,カナダではきょうが最後。 でも感傷にひたる余裕もないくらい眠いのとマトモに昼を食ってない空腹とには勝てずにひたすら食う。 んまいっ♪ (o_ _)o.oO○ zzzz...

 食後に Robson をぷらぷらして,Bute St. (?) との角の Blenz でお茶。 おとといの朝の賭けに勝った景品で Chikako にエスプレッソをオゴっていただく。 でも眠気は覚めず爆睡寸前・・ (o_ _)o.oO○ zzzz...

 そして,ギリギリで完成した記念アルバムの贈呈式。 一瞬「ボツ写真集」と勘違いされそーになったけど・・ひとまず Chikako の喜ぶ顔が見れたので,プロジェクト首謀者の Mariko ともども疲れがふっとんだ気分。 あとはひたすら眠くて寝床が恋しいよぉぉ〜ん・・ (o_ _)o.oO○ zzzz...

 てなコトで。 B-line の停留所で見送ってくれた二人との別れを惜しむ余裕もなく,バスに乗った直後から爆睡。 ふと気づくと窓の外には見慣れた Airport Station の夜景。 あやうく深夜に乗りすごすトコだったぁ・・ (o_ _)o.oO○ zzzz...

 

4月13日(日) 〜 5月14日(水)

 北米某所に潜伏中。。。そして居所不定へ。。。パソで遊ぶヒマがないのでサボりっ♪ ( ̄^ ̄;;)ノ

 

1月 ← 2003年4月 → 5月

 



このページは HTML 4.01 Transitional に準拠しています。