ホーム > 日記 > 2003年9月

 〜 お気楽ゴクラクぽんぽこ日記 (2003年9月)

9月1日(月) 晴れときどき曇り

たまっていたゴミを出して荷物屋敷を後にする。朝からむちゃくちゃ暑い。駅までの途中にあるコンビニでアイスを買って熱中症の予防(ウソっぴ)なんかしてたもんだから,この駅に唯一止まる各駅停車を1分の差で逃して準急・急行・特急がびゅんびゅん通過するのをイライラしながら見送る。ふぅ。

難波の本屋さんで PHP とか SQL の参考書をあれこれ見たけど,ネットで情報があふれているのに1冊 2000〜3000 円も出す気になれなくて,関係ない分野の雑誌を2冊買っただけ。議会での偽証罪で服役した有名?ミステリー作家 Sir Jeffrey Archer の「A Prison Diary獄中日記)」がペーパーバックで出ていたので,いま読んでる小説が終わったら買おう。どんなゴリッパなことが書いてあるのか楽しみかも。午後はほとんど冷房の効いた場所にいたのに,駅から家まで5分歩いただけで暑さに負けて倒れる。冷夏なんてドコの国の話だ。ふぅ。

9月2日(火) 晴れ

家の中にいても窓から吹きこむ熱風でやられちゃうので,冷房を求めて街をぷらぷら。散歩というよりネタさがしかも。帰りに駅前のスーパーであしたの昼メシ用の食材とアイス2箱を買う。無為な毎日。

絵日記.jp 仲間?の かおりんちょ さんからステキな情報をいただいた。みなさんにもおすそわけ…(下の太っ腹リンク)。

9月3日(水) 晴れときどき曇り

きょうも窓から吹きこむ熱風でやられて家でダウン。散歩にすら出る気にならなかった。

父のパソの不具合修理を丸投げされていた兄が,とりあえず復旧したマシンを手に仕事の帰りに家に寄ってくれた。かなり苦戦しているみたいで,まだ完全復活ではないもよう。Mac のトラブルだったら多少のコトは強引になんとかしちゃうオイラでも,窓系(しかも XP)はおそれ多くて手を出せないもんでねぇ…(タメイキ)。

9月4日(木) 晴れ

ビデオで「猫の恩返し」をみた。ディズニー以上にあからさまなステレオタイプ的キャラ設定とか勧善懲悪型ハッピーエンドのストーリーとか,細かいコトをあげつらえばキリはないけれど。まぁ無為にパソに向かっているよりは楽しめたとゆーコトで。

隣町の駅前にコーヒーのおいしいカフェを発見。物販スペースに押されて客席がちと狭いのとウィンドウ並べてあるケーキが小さめなのは残念かも。でも種類の豊富なサンドイッチと「店内禁煙」がステキだな。

この日記を更新しようとして。いつもならファイルを開くときにはアプリからダイアログを出してちゃんと選択するのに,ついズボラをかましてメニューの[Open Recent...(最近使ったファイルを開く)]から開いたら…5日ほど前に別のフォルダに保存した,同名だけどひと世代古いヤツだった。そのコトに気づかないくらいボーっとしている日には無意識にヘンな操作をしちゃうモンで…ブラウザで表示してみて「あれ?」とタイムスリップに気づいたのは,何をトチ狂ったか最新のファイルを古いので上書きしちゃうという暴挙に出たあとだった。ウウウ…(涙)。

9月5日(金) 曇りときどき晴れ

いちど携帯メールの着信で目が覚めたけど,その後また爆睡。いかん…ますます生活がリズムフリーに向かっているかも。

家族が留守だったので昼メシは自炊。食事に注ぐ情熱の数分の1でも再就職活動に向ければいーのに…と,言われる前に書いておこう。

9月6日(土) 曇りときどき晴れのち一時雨

11時ごろに眠い目をこすりながら起きたら、両親が借りてきたビデオをみていた。見覚えのあるシーンだったので「これって『プリンセス・ダイアリー(The Princess Diaries)』だよね」と言ったら「いや,『プリティ・プリンセス』だよ」と訂正された。ありゃ?記憶違いかー…と,まだ半分寝ながら最後までつきあう。「オトコは外見より中味」と明示的に言ってるくせに,主役だけはかわいいオンナノコを起用しちゃってるあたりは所詮ディズニーだ。それにしても…「日記」がけっこう大事な役割りなのに,監督が『プリティ・ウーマンPretty Woman)』と同じだからというだけの理由でこんな邦題をつけるなんて,日本の観客はバカにされてるぞ。

父のパソがついに起動不能になったらしく,保証をつけてもらった販売店に電話をしている。居候していながら何の役にもたてなくてスマンですのぉ…とナニゲに聞いていたら,なにやら「[F8]キーを押しながら起動すれば外付けハードディスクにバックアップできるでしょ」みたいなコトを言われたらしい。[F8]を押してセーフモードで起動したら USB は使えなくなるハズだからバックアップどころではないのに…いくら相手がシロートだからといって,いーかげんなコトを言われると困るぞ。それとも Win でも XP だとできちゃうのか?(あ… USB 接続のデバイスはダメでも「セーフモードとネットワーク」なんてオプションがあるらしいから,必要なファイルを ftp でどっかにアップロードしちゃうとか他のパソから壊れたパソのハードディスクのデータをコピーして吸いあげちゃうとかすればバックアップは可能なのかも?)

午後から隣町の駅前に行って,本屋で正しく立ち読みしたあと例のカフェへ。コーヒーを片手にゆっくりした気分で本を読むなんてひさしぶりかも。毎日こーんなにヒマしてるのにー?…と,言われる前に書いておこう。

9月7日(日) 晴れ

ゆーべ珍しく早く寝たら,けさも珍しく早く起きた。やればできるぢゃん?…っつーか,日曜日だから?

まとまった時間が取れるので,前から懸案になっていた OS X 安定版のインストールを敢行。CD から本体(10.2.3)と developer tools を入れるだけなら1時間もかからず終わるのに,そのあと 10.2.6 へのアップデートと3つのセキュリティアップデートをかけるのにさらに1時間。いちいち起動ディスクの最適化で待たされるのも無駄だし,あとから出すアップデータが累積アップデータになっていないのも今回みたいにまとめてやるにはかなりメンドい。もちろん不安定化を避ける選択肢がユーザサイドに残されているという意味では理解はできるしありがたいけど。そして例によってやたら個人情報を収集して勝手にインターネットに接続したりデフォルトの設定を変更したがるセットアップ系アプリも,設定をブラックボックス化したくないオイラとしてはウザい以外の何物でもない。

管理者ユーザの各種設定をセキュリティ重視で調整したあと,もうひとり日々の作業用の非特権ユーザを新規に作って再び各種設定の繰り返し。ユーザごとに好きな設定にできるというのも,自分ひとりしか使わないマシンではかったるいかも。あれ?もしかしてさっき設定した管理者の ~/Library/Preferences/ をまるごとコピーしちゃえば良かったのかな?(←恐怖の化石 Mac 的発想…)

まだメーラを何にするか決めてないので,インターネット関連の設定は後日。

夕方から駅前のスーパーへ牛乳を買いに行った。「夏バテした牛さんたちが乳を出さなくなるので秋の初めには牛乳が品薄になる,だから安売りできなくなっても恨まないでくださいよ〜」なーんてテレビでこのまえ言ってたけど,あいかわらず1リットル 100円(乳飲料)とか 158円(生乳 100%モノ)で大量に売っている。その番組で言ってたのは「原乳を乳業会社が買いあげる段階での値段が半年とか1年の契約で固定されているので供給不足で値上がりしても生産者は潤わない,乳業会社も小売り側からの値下げ圧力が強すぎて卸値を上げられない,そしてスーパーも目玉商品として出してるから利益はない,得をしているのは安く買ってるお客だけですよー」ですと。でも,それって裏を返せば「供給過剰になっても買いたたかれて生産者が損をすることはないし,乳業会社は品薄のときの貸しがあるから小売店に強気に出て値崩れを防げる」ってコトで,よーするに過去の商慣行で流通を縛って資本主義的市場原理が働かい状態を保っている(つまり,それはギョーカイ仲間に大きな損失を発生させない仕組みでもある)ってコトの,いわゆるひとつの例なだけじゃないのか?

9月8日(月) 晴れ

朝からあまりに暑いので冷房の効いた場所を求めて梅田周辺をウロウロ。本屋や CD ショップで予定外の買い物をしそーになったけど,主目的の雑誌1冊で思いとどまった。自分のギョーカイに無関係な本や聴くかどーかわかんない CD を買いあさりたくなる悪い癖は早く直さねば…。

帰りに,発車間際の電車に駆けこもうと回数券カードを自動改札機に通したらエラーで「使えません」と阻止された。悪いことをしたワケでもないのに,非難がましい周囲の視線が突き刺さるのがなんだかハズカシい。そそくさと改札横のサービスカウンターへ行って再発券してもらったけど,窓口の開いている時間帯でよかった。おかげで数少ない貴重な直通電車を逃して,しかも乗換駅でははてしなく続く(嘘)通過電車を見送る。でも需要の少ないローカル線なので、夕方の通勤帰りの時間帯なのにゆったり座って帰れたから…ま,いーか。

9月9日(火) 晴れ

午前中は,ちょびっと日記の手直しをしたあとおとといインストールした OS X 10.2.6 のセッティングの続き。メール関係はいま試用中の Apple の Mail にしよーか過去の Netscape 時代のデータとの互換が期待できる Mozilla 1.4 付属のにしよーか思案中。というより,古いメールはパソ通時代にさかのぼってデータベース化して,近着のものだけ軽くて安全なメーラで読むのが理想なんだけどな。

隣町の駅前へ行って昼メシ&買い物。家に戻ったあとはセッティングの残りとアプリのインストール。2つの OS X で共用しているボリューム内のファイルのパーミッションがゴタゴタして,意識してキチンと扱わないとのちのち頭痛のタネになりそーな予感…。

9月10日(水) 雨のち曇りのち晴れ

きょうはお忍びでおでかけ。なのに朝から豪雨。しかも家を出た瞬間にバスに走り去られちゃうし。なんだかなー…。

まぁ,目的は果たせたので満足…ってコトで。(謎)

9月11日(木) 快晴

暑さときのうの疲れを口実に,きょうはひねもすゴロゴロ。

夕方ちょっと買い物に出たときに本屋で立ち読みしようと思ってたのに,先にスーパーでアイスを買っちゃったので寄れなくなっちまった。まだまだ脳ミソは夏休み中ラシイ。(困ったモンだ…)

9月12日(金) 晴れのち曇りのち一時雨

狭いわが家にお客様がいらっしゃるとゆーコトで,ジャマ者な居候のオイラは外に退避。

日本橋界隈をぷらぷらしているうちに物欲モードに突入…しそーな気がしたので心を鬼にして帰路につく。はやく無収入の身分から脱出せねば…。

9月13日(土) 晴れときどき曇り

ちょいとヤボ用でおでかけ。いろんな意味で疲れたかも。

9月14日(日) 晴れのち曇り

OS X にタダで付いてくるアプリ開発用アプリ Project Builder を立ちあげて遊んでいたらハマってしまった。プログラミングに関しては何の知識もないのに新規プロジェクトを作ってそのまんまビルドして実行するだけでウィンドウを表示したり[About...]を出したりできちゃうと,欲が出て自力で何かやらせてみたくなるぢゃん?

といっても,きょう作ったのは参考資料の例を一部変更した「固定メッセージ表示するだけのアプリ」で,メッセージの文字数を増やしたらウィンドウに収まりきらずにはみ出しちゃったとゆーナサケナイ結果に。でもスクロールはできなくてもリサイズはできるので完全な失敗作にはならないあたり,やるな Project Builder …。

9月15日(月) 快晴

午後から隣町の駅前商店街へ。オヤツにたこ焼きを買ったら「外はこんがり中はとろ〜り」ってヤツで,このタイプのはさいきん流行りらしいけどオイラは苦手なのでがっかり。

広場のベンチにすわってたこ焼きを食ってたら,おいらの荷物を押しのけるよーに隣に子連れのカップルが。いきなりたばこをスパスパふかすし子供たちは大声をあげて走り回るし他のベンチが空いても移ってかないし,なんだか落ち着いて食えまへん。まぁ平和な祝日の午後ってコトで。

9月16日(火) 晴れ

以前の職場の飲み仲間の K さんが,友人との四国旅行の帰りに大阪に寄ってくれた。ので昼からビール。ミナミのたこ焼き屋台からお好み焼き屋を経由して,いったん新大阪に戻って駅のロッカーに預けてあった荷物をひきとったあと梅田駅近くの某寿司屋に腰を据えて,仕上げは海鮮系居酒屋で焼酎&日本酒。3人でいったい何杯飲んだんだか。でも,さすがにヘロヘロになったオイラとは違って「まだ飲み足りない〜,カラオケも行きたいし〜♪」と元気いっぱいの K さん。オイラの負けですー(白旗)。

9月17日(水) 晴れ

7月末にハードディスクを交換して以来読むだけ読んで念のためサーバに残してあったメール 5111 通を,半日かけて整理した。違う OS で複数のメーラ(しかも複数のバージョン)を使って蓄積してきたメールをデータベース化する計画は,はたして実現できるんだろーか…(タメイキ)。

きのうあれほど飲んだのに,きょうは夕飯のときに親と飲む。こーんな生活,続けてちゃイケナイ気がする…(タメイキ)。

9月18日(木) 快晴

Apple の OS X 専用ブラウザ Safari はセキュリティ系の設定がずっと愛用してきた iCab ほど細かくできないのが不満ではあるけど,iCab がいまだに CSS にちゃんと対応してないし Opera は登録しないと挙動不審だし Mozilla は重いし Mac 用 IE はバージョン5で M$ に見捨てられちゃったし…で,このところなんとなくメインで使ってる。ときどき原因不明な落ちかたをするけど,そこそこ速いし表示もまぁまぁキレイなので実用的に大きな不満はない。

ただ,ブックマークのインポートが IE から(しかも初回起動時のみ)しかできないのは困る。歴代の iCab で蓄積してきた貴重な「Hotlist」はもともと html ファイルだから,初期設定フォルダからコピーしたのをテキトーな場所に保存してブラウザ画面に表示させればリンク集みたいに使える。けど,自分の分身(ほかのアカウントで Safari を使っていて保存したブックマーク)すら読みこめないのは理解に苦しむぞ。オイラみたいに2つの起動ディスクでそれぞれ管理者と一般ユーザのアカウントを使い分けている人間には不便でしょーがない。

共有したり同期させるのはムリそーなので,とりあえずいま使ってるヤツに 10日前までメインで使ってた別のアカウントのヤツのブックマークの必要部分をコピーして追加してみた。ブックマークは xml 形式のテキストファイルなので,「(起動ディスク)/Users/(別アカウント)/Library/Safari/」にある「Bookmarks.plist」をテキストエディタで開いて必要部分をコピーして「~(自分)/Library/Safari/Bookmarks.plist」の好きな場所にペーストして保存するだけ。文字のエンコーディング(UTF-8)と改行コード(LF)と xml タグの整合性に気をつければカンタンな作業ではあるけど,これくらいアプリ自身でサポートしろよって感じ。

そのあとおでかけして,隣町の駅前商店街のそば屋系定食屋で昼メシ。注文を取りにきた店員の態度がなげやりなうえに高圧的で,オイラの次に入ってきた若い女性客なんか見るからに怯えてるし。赤魚唐揚野菜あんかけ&にら野菜春巻の日替り定食はオイシかったけど,二度と行かないだろーな。

気温はまだ高いけど風がやさしくなってきた気がする。そろそろ Tシャツ短パン生活を捨てて就職活動しろー!…ってコトかも?

9月19日(金) 晴れのち曇り一時雨

今晩もまたテレビを見ながら親と飲んでたりする。やる気ナシもーど炸裂中…。

9月20日(土) 曇りときどき雨

あした台風 Choi-Wan(15号)が来るというので,きょうのうちに用事をすませておこうと梅田&日本橋&荷物屋敷へ。目的の大半は買い物だったんだけど,自分の財政状況その他を考えて「仕事を始めて確実に給料が入ってからにしよう」と,予定していたモノをぜんぶ延期した。そう,延期。けっしてアキラメたんではないぞ。(←誰に言ってんだ?)

荷物屋敷の台所の湯沸し器が先月から不調(というか故障…火花は散るのに点火しない)だったのをなんとかせねばなー…と思っていたゼツミョーのタイミングで家の前に大阪ガスのロゴの車が停まった。ので,緊急事態でもないのに失礼だとは思いつつ,向かいのアパートから出てきたサービスのおにーさんを呼びとめて修理をお願いした。イヤな顔ひとつせず「まぁ,とりあえず見せていただきましょう」と家に入ったおにーさん,とっちゃらかってキタナイ台所を一瞥したとたん,やおら湯沸し器ではなくガスの元栓に向かう。ホースを外して中を点検すると,出てきたのは濃厚な油にまみれて動作不能になっていた安全弁(ガス管が外れたりしたときにガスが吹き出さないように止めるバルブ)。どーやら歴代の住人がちゃんと掃除しないで蓄積したガス元栓周りの油分がこの夏の酷暑で溶けてコックの隙間から中に侵入して,でろでろりんと垂れてきて(このガス栓は下を向いている)詰まっちゃったらしい。キッチンペーパーで汚れを落とした安全弁を戻してホースをつなげば,あったりまえのよーに湯沸し器は点火した。いやいや,めーっちゃ恥ずかしかったっす…(冷や汗)。

帰りに近所のスーパーに寄ったら鮭のアラが山盛りで 100円だったので何も考えずに衝動買い。待てよ?ウチの実家には魚を焼く網もグリルもオーブンもないのに,どーやって調理するんだ?

9月21日(日) 曇り一時雨

台風は南の海上にそれていってくれたらしくて,大阪はほとんど雨も風もなく平穏。

このあいだから留守録が不調だった実家のビデオデッキが,ついに手動でも動かなくなってしまった。タイムシフターとして大活躍していたのに。長期保存する気がなくて「録り置き」するだけなら安い大容量ハードディスクを買ってテープレスレコーディングの世界に迷いこむのも悪くないかも…なんて一瞬アタマをよぎったけど,ネットスケープのウィンドウを複数開いて作業することすら知らないよーなウチの両親が使いこなせる予約システムを構築する自信なんてないから,荷物屋敷で眠っているオイラのビデオを持ってくることになるんだろーな。

9月22日(月) 快晴

北陸ツアーの添乗に行った Mariko が「オミヤゲに富山の鱒(ます)寿司をもらったー」と言っているのを聞いて,なんだか無性に食いたくなる。隣町の駅前デパート&スーパーをさがし回ってやっと発見したのは,おにぎりサイズの貧相なヤツだったけど…まぁ,ココは大阪だしー(涙)。

インターネットラジオの某局で中継している BBC News(たぶん)をナニゲに聴いていたら,国連事務総長特使(HIV/AIDS 問題アフリカ担当)の Stephen Lewis 氏がナイロビでの会議で「『対テロ戦争』に 2000億ドルもの資金が使われる一方で(AIDS という)テロから子供たちを守るのに必要な(2000億ドルと比較すればわずかな)資金が集まらない,そんな二重基準は現代世界の『グロテスクでひどく不快でむかむかする話(grotesque obscenity)』だ」と激しい口調で言い切る場面が何度もくり返して流されていた。

フツーに考えればこれは『対テロ戦争』を否定しているんじゃなくて『対エイズ(というテロ)戦争』に資金が集まらないことを問題にしてるんだし,これまでの彼の発言から考えれば不思議ではない口調なんだけど,どーやら「失言だ!」と横ヤリが入ったらしくて国連合同エイズ計画(UNAIDS)のサイトの公式の発言録ではこの部分だけ削除されている。(でも,あとの討議での発言で彼がこの語句に対してコメントしているのはそのまま載っているので辻褄が合ってない。)

おなじ失言ではあっても,東アジアのどっかの国の政治屋連中の口から出てくる弱者や少数者を見下げるような発想のモノと違って,強者に食ってかかるよーなこの発言…何となくキモチいいと思ったりするオイラは政治屋にはなれないな(なりたくもないけど)。

そして,失言があってもなくても日本ではこの会議のことがほとんど報道されないという事実。貧油国ニッポンの未来を左右しかねない産油国イラクの情勢はともかくとして,アメリカから解放された黒人奴隷が押し寄せて建国したリベリアの内戦とか宗主国イギリス系の白人地主を追い出そうとしているジンバブエの混乱とかニッポンにあまり関係ない国の情勢でも米英が関与していれば小さいながらも報道されているのに。日本のメディアにとっては,貧しい国々で毎年 300万人(毎日 8000人以上)もがエイズで死んでいくことなんて,どーでもいーコトなんだろう。この無関心,この「二重基準(double standard)」こそ,Lewis 氏が糾弾する「(富裕な国の)現状追認的無関心による大量殺人(mass murder by complacency)」の根っこなのに。(念のため: 日本政府もエイズ・結核・マラリア対策世界基金に 2億ドル?の出資を約束してはいる。けど,日本企業への受注などの見返りが期待できる ODA に毎年 100億ドル近く出しているのと比べると,まだまだ…)

9月23日(火) 曇り一時晴れのち雨

イロイロあって封印してしまっていた初期の逃亡日記。とーとーネタに困って その「イロイロ」も過去のモノになったのでそろそろいーかな…ってコトで復活させることにした。さしあたり,ちゃんとまとまってる Fort St. John 篇から。日付け順に並べ替えて XHTML 化するのに数日かかるので,もーすこしお待ちくださいませ。(待ってる人なんているのか?)

と言いつつ。オセアニア篇の断片を読みふけるだけで暮れていった初秋の 1日。

9月24日(水) 雨

「台風一過の好天で,予想最高気温は 30度」と予報で言っていたのに…のに…のに。雨ぢゃん。寒いし。

なので,予定を変更して過去日記の復元作業。たった 2年しかたってないのに,忘れていたコトも多くてなつかしい。なーんて言ってるから進まないー。

9月25日(木) 雨のち曇り

きょうも雨ざーざーで寒い。ちゃんと時刻表と時計を見て家を出たのに,ちょっと早めに来ていたバスにあやうく乗り遅れるトコだった。大阪市内をぐるぐる回ったあと床屋で髪を切ってから荷物屋敷に寄って,スーツの上着だけ持って駅前の写真屋に行って再就職活動用の履歴書に貼る写真を撮ってもらった。何枚焼き増ししてもらったのかはナイショ♪

9月26日(金) 快晴

ゆらゆらゆらゆら長ぁ〜く揺れる地震でオタオタする夢を見て,朝 5時前ごろに目が覚めた。まだ眠いので二度寝して次に起きたとき,テレビで「北海道で震度 6弱の地震が 2回も!」なんて言ってるのでぶっとぶ。ちょーどオイラが起きたと同じ時間だ…。気象庁情報を見ても関西までは揺れていないので,どーやらオイラは地震計の感度を超えた超人的な(ナマズ並みの)感知能力があるらしい。

なんだかむやみにハラが減る。それでもなんとか間食はこらえてすごした。過去日記の復元はなかなか進まない。ついつい読みふけっちゃうのが原因かも。それより今日の日記を書け?

午後から隣町の駅前へ行ってコーヒー豆と牛乳を買ってきた。ひさしぶりの青空でキモチいい。

9月27日(土) 快晴

きょうも快晴。「もう秋だし」と油断して厚着(?)ででかけたら,キョーレツな日差しと週末の人混みとにやられて汗だく。

予約録画機能が壊れちゃった実家のビデオの代替に,荷物屋敷から使っていないデッキを箱詰めにしてキャリーカートでがらがら引いて帰る。その前に十三駅から徒歩約 15分のビクターのサービスセンターに寄って,引越し荷物にまぎれて姿を消したリモコンを補修用部品としてゲット。2000円。あとで「まさか汎用のリモコンのほーが安かった?」と不安になって梅田のヨドバシで見たら 2500〜3000 円だったので,ちょっとホッとした。

東梅田の曽根崎警察の前の歩道で,こんど創刊になったホームレス支援雑誌「ビッグイシュー日本版The Big Issue Japan: 書店を通さずホームレスの人に販売を委託するストリート誌・定価 200円のうち 110円がコミッション)」を売ってるおじさんがいたので 1冊買った。表紙裏には国連事務総長の Kofi Annan 氏からのメッセージまで載ってる(原文には「日本版」とは書いてないから本家 UK 版への寄稿かも?)。ざっと見ると記事の半分は US/UK 版からの翻訳転載モノだけど,これから日本オリジナルの記事が続けられるのか興味はある。ただ,同じ創刊号(Issue 1)なのにホームページに載ってる写真と表紙が違っているのはなぜだー?(ニセモノをつかまされたか!?)

9月28日(日) 晴れ

7週間かかってやっとペーパーバックを 1冊読み終えた。「Crossing the Paradise Line / Annabel Giles (2003): Penguin Books Ltd. (London); ISBN 0-141-01316-8? (0141005696?)」という小説で,第 1部はドタバタ喜劇ふうだったのが第 2部で異様にシリアスになってどーなるかと思ったら,結局またドタバタ喜劇ふうの展開でまるく(?)収まる(しかも著者が女性なのにオンナ癖の悪い男たちがお咎めナシで終わる)というストーリー。ま,フィクションだからどーでもいーけど。そう思えば楽しめたし。

駅前のスーパー 3軒を回って,野菜のあまりの高さにぶっとぶ。キャベツ 1個が 298円!? でも 100個売ってもたった 3万円かぁ…育てる苦労と運ぶ手間を考えれば,農家の人が値崩れを防ぐために収穫せずにトラクターで踏みつぶしたくなる気持ちも理解はできるなぁ…でもつぶさないで(安く)分けてほしいけど。(←ぜんぜん理解してない?)

9月29日(月)〜 30日(火) 快晴

ちょいとヤボ用でおでかけ。行き先はナイショ♪