ホーム > 日記 > 2003年10月

 〜 お気楽ゴクラクぽんぽこ日記 (2003年10月)

10月1日(水) 晴れときどき曇り

午前中,昔の逃亡日記の復活作業でテキストエディタの画面をずっと見てたら目が痛くなっちまった。オイラみたいな旧式仕様人間は IT 系の仕事には向いてないみたいだ。ますます再就職の門が狭くなるぅ…?

午後は荷物屋敷から運んできたビデオデッキのセッティング。本体だけではチャンネルの設定すらできない不便な設計なので,使いづらいリモコンと格闘。いったん「テレビ操作モード」に入るとビデオを操作できなくなっちゃったりして,まさか家電製品で「乾電池を抜いてリセット」っちゅー操作をするハメになるなんて思いもしなかったぢぇ…。(怒)

10月2日(木) 曇り

朝から近所の保育所の運動会で,PA を通して保育士さん(?)が大音量でしゃべり続けている。関係者は全員運動場にいるハズなんだから,地域住民に向けて実況なんかいらないー!(怒)

OS X 10.2 版の日本語入力「ことえり」の学習能力のあまりの低さに耐えきれなくなって,なぜか「9月末までの特別価格&配送無料キャンペーン」がまだ続いていた Apple Store で「EGWORD PURE 8.0」をポチっとな。メーカー希望小売価格の 35%引き。10.3 (preview) 版の印象が予想外に良かっただけに,よけいストレスがたまってしまったのかもしれない。ああ禁断の衝動買い…(涙)

10月3日(金) 晴れ

なんだかミョーな夢を見た。巨大な竜巻を目撃!逃げればいーのに,なぜか「『竜巻』って英語でなんて言うんだっけー?うぁ〜,知ってるハズなのに思い出せなくてキモチ悪いー」ともだえ苦しむ。いろいろアタマに浮かんでくるのは "hurricane? (←それは台風)"・"avalanche? (←雪崩)"・"vertigo? (←めまい)"・"torpedo? (←魚雷)" …と,ぐるぐる回ったり破壊力が大きかったりするのは当たってるんだけど見当違いな単語ばかり。竜巻が去ったあとも周囲の「辞書を引けば?」という冷たい目に負けず考え続けて,ふと野球の野茂を思い出して「なーんだ,"tornado" ぢゃん♪」と解決した瞬間に隣の部屋で鳴った親の目覚まし時計で目が覚めた。

アホな夢だったなー…と思いながら朝メシを食ってたら,親が「このまえ行ったカナダの『赤毛のアン』の島の名前,何ていったっけ?うぁ〜,知ってるハズなのに思い出せなくてキモチ悪いー」と悶絶していたので,笑いをこらえるのに苦労した。「この親にしてこのぽんぽこ有り」だなや〜。(自爆)

きのう保育所の運動会が終わったと思ったら,こんどは家の前の幼稚園が運動会の準備で朝から騒々しい。「鉄腕アトム」とか「ひょうたん島」の音楽で園児の打楽器隊が演奏してるんだけど,何回やっても途中から集団でズレてくる。よく聴いてみたらズレているのは園児のほうではなくて,先生か誰かが演奏したのを録音したらしい音楽のほうが途中で意味もなく tempo rubato して遅れているだけだ。このリズム痴な音楽に打楽器を合わさせようと必死に指導しているみたいだけど,園児たちが哀れでならない。

10月4日(土) 晴れのち曇り

仕事に必要なブツ(特殊な道具)を,某国の某社のウェブサイトで注文。以前に世話になった会社が日本への発送を扱ってくれなくなってしまったので,代わりに利用できる通販サイトをさがすのに苦労した。「再就職もまだ決まってないのに道具を?」ってのは,訊かないでいておくんなまし。(冷汗)

天気もいいのに家から一歩も出ずにゴロゴロ。夜になってネットでストリーミングのジャズ系放送 Mostly Jazz (FallingStars) を聴いていたら,ライブの曲で演奏が終わった時に日本語でアイサツしてるのが聞こえてびっくり。曲情報を見ると,寺井尚子さんの「Thinking of You」という曲だった。ラジオと違って曲名や演奏者の情報を見れる局が多いのはうれしいかも。

10月5日(日) 晴れのち曇り

ひさしぶりに勉強した。っつーか,ジャンクメールに貼りついてるコメントに英単語が羅列してあるので,よせばいいのにかたっぱしから意味を調べてただけ。「ヒマな人ほど時間のムダづかいが上手だ」という法則(?)を実践してしまった。

さすがに 10月になって風が冷たい。そろそろ再就職を決めないと,マジで冬を越せなくなるかも…(ウソ涙)

10月6日(月) 雨のち曇りのち晴れ

朝からでかけようと思ってたのに,雨。なので,午後からあわただしく梅田まで往復。都会ふうのシックな秋冬モノを持っていないので,はやくコートを着てボロ隠しができる季節になってほしいきょうこのごろ。

PowerBook の OS を 10.2.6 (build 6L60) から 10.2.8 (6R73) にアップデート。「アップデートをインストールすると Ethernet で接続できなくなる」という究極のウイルス防衛機能を実装(?)していた旧版の 10.2.8 (6R65) を試しそびれたのがちょっと残念かも(嘘)。本家の apple.com にある情報ではちゃんとこの build 番号も書いてあるのでまだマシだけど,日本のほうは同じバージョン名で複数のモノが存在することを知る手がかりになるカンジンの情報が書いてない(註: 10月15日に修正されて,問題のある旧バージョンのビルド番号 6R65 は明記された)し。っつーか,バグフィックスした別モノなんだから,バージョンは 10.2.9 とか 10.2.8.1 とか違う数字にしてくれないと混乱するんだけど。(怒)

10月7日(火) 曇り

土曜日に仕事用のブツを注文した某国の会社から「メーカーとの契約により国外への発送ができません」とメールが届いた。輸出規制にひっかかるよーなハイテク製品なワケでもない(日本でもまったく同じ仕様のブツを倍くらいの値段で売っている)から,単純に国外での販売価格をコントロールしたいだけだろう。けど,だったら商品のページにはっきり書いとけよー!(激怒)…っつーコトで「ふりだしに戻る」。(タメイキ)

起動不能でメーカー修理になっていた父のパソが戻ってきた。伝票を見ると,どーやら増設メモリの接続あたりにトラブルがあったらしくて,念のためメモリを新しいのに交換したと書いてある。たまには販売店の有償保証延長プログラムも役にたつことがあるんだな。んで,戻ってきたパソのセットアップを手伝っていたら,スリープ(サスペンド?)から復帰したときに「無線 LAN が使えなくなった」と表示が出ているのにじつは問題なく使えている,という不思議な現象が出た。Win XP の最先端技術は,いまだに 98 から進化できていないオイラの頭には理解できまへん。(タメイキ)

午後から隣町の駅前までコーヒー豆を買いに遠征。買い物をすませてケイタイで友人にメールでも打とうかな…と思ったとたんに電池切れ。近くにショップがあれば充電くらい無料でさせてもらえるんだけど,いつも行く近所の駅前と違って発見できず音信不通のまま家に戻る。写真日記のネタも撮れないし,なーんとなく落ちつかない。帰国後半年も経っていないのに,すでにケイタイ依存症の症状が…。(タメイキ)

10月8日(水) 曇りのち晴れ

荷物屋敷のダンボール箱をかたっぱしから開いて探しモノに暮れた秋の日。3年前に悪夢の職場を辞めてから行方不明になっていた仕事ツールを,何度めかの大捜索の結果やっと発掘した。2代前の車のときに使っていていまは用ナシになったスキーキャリアが眠っているボロ箱にガラクタといっしょにムキダシで放りこんであったあたり,当時のオイラの荒んだ心境がアリアリと。(いまでも?)

大捜索の副産物で,当時 Win マシン用に買ってほとんど使っていなかったロジテック(ロジクール)の USB トラックボールが出てきた。「USB だったら PowerBook にだって使えるだろう」という根拠レスな発想で,持って帰って試してみることにする。これが使えれば,このあいだから悩まされている右手首の腱鞘炎も少しはマシになるかな。(期待)

夜中に実家に戻ったら,先週の木曜日に Apple Store で注文して「1〜2営業日のうちに発送」のハズが 1週間かかってやっと送られてきたブツといっしょに,おとといの夜遅くに「ポチッと」したブツが Amazon.co.jp からもう届いていた。ウワサには聞いていたけど,やるなアマゾン。ただ,会社の実体情報が「スタッフ募集」のページにしか載ってないってのは日本では違法ではないのかにゃ?(ブツが届いてから気づいたんだけど…遅すぎ!)

10月9日(木) 晴れ

あまりに内容の乏しいギョーカイ誌に愛想をつかせて,ネット上で求人情報を漁る。でも,求人が出ていてもいったいいつ更新したのかわからない会社が多い。日付があっても半年以上前だったりすると「こんなトコに就職してダイジョブなのか?」と不安になる。(ダイジョブではナイと思うから応募はしないけど。)

午後は奥飛騨上高地の観光地情報集め。再就職も決めないうちから旅行の計画なんて…(以下省略)。

きのう届いた EGWORD PURE 8 のインストール。「アウトラインプロセッサ的に使える」という点には興味はあるけど,ふだんの文書作成はほぼ 100%テキストエディタしか使っていないので,オイラ的には付属の日本語入力ソフト EGBRIDGE 14 とオマケ(?)の 3冊の辞書がおめあて。サポート外の英語版 OS だからかヘルプがマトモに見れないけど,漢字変換そのものはキチンと動作しているし,OS 9 まで版 ATOK からのユーザ辞書インポートも簡単にできたから気にしないことにした。

これでやっと安定した環境でサクサク作業ができて悩むコトがなくなった,と思ったらアップルから「10月25日(日本では)に OS X 10.3 を発売」というアナウンス。物欲の秋。Develper Preview バージョンを使ってる感触では安定性・速度ともに「期待 大」だし,希望小売価格が 14800円というのもオープンプライスのくせに実売でも2〜3万円もする某社の OS と較べてリーズナブルなのがありがたい。でも,初期不良が出つくして各種アプリが対応するまで(っつーか,オイラが再就職してフトコロが豊かになるまで)は「待ち」かも。

10月10日(金) 曇りときどき晴れ

駅前のスーパーへ野菜の仕入れに行って,ついつい 1パック 47円の鶏皮なんぞ買いこんでしまう。かりかりベーコンみたいに脂が抜けるまでフライパンで焼いてパリパリにすると,んまいのだ♪

きのうの続きで,きょうも求人情報と旅行情報の検索で暮れる。どーでもいい情報はあふれているのに,ほしい情報に限って省かれてたりリンク切れだったり。趣味で作ってる個人ページじゃないんだから,公式サイトにはそれなりのしっかりした 1次情報がほしいもんだぞ。

10月11日(土) 曇り

きょうは近所の幼稚園の運動会。リズム痴な音楽にむりやり合わさせていたドラム部隊の演奏は,きのうの最終予行演習ではなんとかまとまっていたのに,本番では緊張したのかちょっとバラバラだった。でも,幼稚園児にしては上出来かも。

PowerBook G4 の Windowz 化に着手。Virtual PC 6.1 を入れて手持ちの Win 98SE をインストール。さすがに動作も画面表示もちょいと緩慢だけど,全画面表示にしておくと Mac 用のキーボードで Win マシンを操作してるよーな不思議な感覚にとらわれる。化石時代の PC を実体験してきた身には「意外に速いぢゃん?」って感じで,USB ケーブルを使ったケータイ編集ソフトもあたりまえに使えるし,エミュレータとしてはかなり良くできていると思う。ただ Mac 側で別のユーザとしてログインしたときに仮想マシンを共有できないのは,オイラ的には不便。選択できるオプションがほしい。

夜は近所の駅前の和系居酒屋で飲む。飲んだときにしかホンネを言えない人がここにも。(ふぅ…)

10月12日(日) 雨のち曇り

PowerBook の「窓」化作業を続ける。OS のバグフィックス(セキュリティ・アップデートなど)を検索したらむやみにたくさんあるので手作業で入れるのを断念して,切りまくったスクリプト関係を一時的にオンにして「Windows Update」にアクセスしたのに。ライセンスを読まされるダイアログで,なぜか「同意する」のボタンがアクティブになってくれなくてアップデート不能。しょーがないから「クリティカルなアップデート 15個 + その他のアップデート 10数個」を手動でインストールするハメに。なんで累積アップデータを用意しないんだー☆(怒)

午後は駅前まででかける予定だったのに。昼メシにできそこないのお好み焼き(ネタの濃度を間違えた)を食べすぎたらモーレツに眠くなってしまって,夕方まで爆睡。ま,こんな週末もアリかなー♪(バカ)

10月13日(月) 雨のち曇り

朝 4時ごろまでパソパソしてて,ひと眠りして目が覚めたら 10時半。夜中の雨はだいぶあがってきたけど,あしたでかける予定だし連休で混んでるだろうから,きょうは家でパソパソを続ける。

きのうテキストで書き出しておいた OS 9.1 の ATOK 13 ユーザ辞書を,Win 側の ATOK 11 の辞書ツールでインポート。そのままだと「読めません」と叱られるのを,テキストファイル先頭行のバージョン表示を変更(「!!DICUT13」→「!!DICUT11」)して回避。かなりアバウトな方法だけど,変換できなかった単語数「0」と出たから,今回はうまくいったらしい。テキストエディタを開いて日本語入力を試して見ると意外に速いのにびっくり。っつーか,OS X ネイティブを謳う EGBridge よりもエミュレータ上で動いている Win 版 ATOK のほうがサクサク軽快感があるのは困ったモンかも。

調子に乗って最新系ブラウザ(Opera 7.20 とか Mozilla 1.4.1 とか)を入れたら,さすがに重い。ウェブページの表示だけじゃなくてメニューのプルダウンや URL のキー入力じたいが激遅だから,これはエミュレータを動かすマシン側をパワーアップするしかないのかも。

Mac に戻って。英語版 OS の Help Viewr ではなぜか表示できない EGWord / EGBridge のヘルプ情報本体を捜索。不可視ファイルも含めてあれこれ検索しても発見できなくて,インストール時のログを引っぱり出して見てみたら,なんとアプリ本体のパッケージの奥深く(EGBridge のなんか,パッケージの中にまたパッケージが仕込んであったりする)にひっそり収納されていた。ファイル形式は予想どおり HTML だったので,場所さえわかっちゃえばブラウザにドロップしてブックマークしておけば,あとは Help Viewr に頼らなくても参照できる。検索機能がないのはちと不便だけど。

昼メシに作ったガーリックバジルフェットチーネが濃すぎて胸焼けした。

10月14日(火) 雨

雨の中,バスに乗り遅れて別系統のだらだらルートで隣町の駅へ。地下鉄に乗り継いでわざわざナンバまで行ったのに,買う予定だった某業界誌はまだ入荷していなくて空振り。まぁオイシイ昼ごはんを食べれたから出てきた甲斐はあったかな。

雨の湿気と寒風が骨身にしみるアーケードの商店街で,例の「ビッグイシュー日本版」を手に震えているおじさんがひとり。ごめんねー,オイラはこのまえ別のトコで買っちゃったし。再配布も認められてないみたいだから 2冊めを買っても困るし。あれって副業(別の商品を扱ったり)を許さない専属契約なのかな?あの雑誌しかブツがないならビジネスとしてはかなりツライと思うぞ。はやく次の号を発行してあげないと売るモノがなくてかわいそうだよ。それに,まさか「売れ残った創刊号は買い取りだから返本できません」ってシステムぢゃないだろーな?

帰りに安売り酒屋でリキュール 2種(2本で 2500円)と激安スコッチ 1種(880円)をゲット。家に戻ったら Amazon.co.jp から入荷待ちだったペーパーバックが宅配メール便で届いていた。安くて速くて確実。いーかげん既存の書店の店頭在庫切れ本の配本経路を時代に合ったシステムに改革してほしいもんだ。(その前に,無収入なのに散財ばっかりしてるオイラの金銭感覚を分相応に改革しろー!…って?)

パソ歴10年にして,はじめて M$-DOS のバッチファイルを書いた。といってもファイル変換の本作業前のお作法の確認で,コマンドラインからアプリを起動する

1.  cd c:\Windows    ← ディレクトリ c:\Windows に移動
2.  Calc.exe         ← アプリケーション Calc.exe(計算機)を起動
3.  Freecell.exe     ← アプリケーション Freecell.exe(フリーセル)を起動

の,たった 3行。どっかのサイトで見かけた例にあった「Explorer.exe を起動する」と同じにしなかったあたりの独創性が自慢かな。

なのに,はじめは 3行めを「cd Freecell.exe」なんて書いてて「ディレクトリの指定が違います.」と DOS に叱られた。こーんな短いプログラム(?)でバグを出したオイラは,それでも「シニアプログラマー対象」だったいまは亡き「第一種情報処理技術者」の資格を持ってたりする…。(恥)

10月15日(水) 晴れ

断崖の途中の岩棚とか高いアパートの屋上に取り残されてうろたえる夢を見て疲れて目が覚めた。なーんか記憶にないトラウマでもあるんだろーか?それともただの高所恐怖症?

ひさしぶりの青空でキモチがいい。なのに風が強いので喫茶店にこもってるオイラってば…。隣町の駅前のダイエーで買い物をしていたら,店内の BGM で「大阪で生まれた女」の阪神ファン(男)バージョンが流れてて笑えた。野球には興味がないから,マスメディアをあげた乱痴気騒ぎは早く終わってほしいんだけど。

10月16日(木)〜 12月1日(月)

社会復帰をめざして地下活動中のためオヤスミ。