Currently Japanese only.

 AUGUST 1998 〜1998年8月〜

トップページへ | 1998年9月分へ | 雑記帖目次へ

 

独房生活。 Absurd isolation.

 知人の娘さんが,バリ島だかプーケットだかに家族で旅行した帰りに高熱と腹痛に襲われて,成田の検疫所で申し出たら便の検査を受たそうだ。 その後も具合が悪くて近所の病院に入院してたら,2日くらいして元気になった頃に検疫所から自宅に電話があって,便の検査で赤痢菌が検出されたとのこと。 あわてて入院先の病院に連絡をしたら『法定伝染病』だからと,隔離病棟に収容されてしまった。

 その隔離病棟というところが・・狭い部屋に申し訳程度のユニットバス(といっても,点滴をされているのでシャワーもできない),電話とテレビ(どっちも有料)はあるけど本とかゲームとかオヤツとか一切持ち込み不許可で,食事は使い捨て容器に盛られたのが窓越しに配られるだけ,医者は一日一回しか来ない,看護婦も脈をはかるときに顔をだすだけ・・で,「もぉ気が狂いそぉっ!」と泣いていたそうな。 なんでも,検便で何回か『異常なし』にならないとダメらしくて,もうすっかり元気でなんの症状もないのに1週間以上強制収容されてまだ出してもらえないんだとか。

 時代遅れの法律を杓子定規にしか適用できない役所と病院。 『エボラ出血熱』みたいなキョーレツな伝染病ならともかく,抗菌剤で簡単に治る病気を治療法がなかった時代と同じ扱いにして放置しているなんて・・そこまでやるなら,小学生の子供たちの間で流行もする『溶連菌感染症』ってのは昔で言う『猩紅熱』なんだから,全員隔離しちゃえば? (じつは,つい数年前に『溶連菌感染症』の子供まで隔離しちゃってるとんでもない病院も実在したんだけど・・。) [1998/08/31]

 

無差別攻撃。 Noisy Sunday.

 寝ぼけまなこの日曜朝10時。 電話のベルがりんりんりん。 おっ,珍しくあの娘から電話かなぁ? っとあわてて受話器を取ったら「明和地所と言いますが,こんどお近くにマンションを新築しましたのでご案内を・・」だとぉ?

 電話帳に載せてないのになんでだぃ・・と,むっとして,でも誰かの紹介だったらむげに断わるのもなぁ・・なので,まず「どちらにおかけですか?」と確認したら,もういちど「明和地所と・・」と同じことをくり返す。 あぁ,またかよぉ・・「ですから,どなたにおかけですか?」「×××−◯◯◯◯番ですよね,ご主人ですか?」「違いますけど,誰におかけですか?」「×××−◯◯◯◯番ですよね,ご主人をお願いします」・・はぁっ。

 誰かの紹介ですか,でなければどうして番号をご存じですか,と聞いたら「いえ,×××−◯___の方に順にお電話させてもらってるんです」と素直に白状した。 不景気で商売大変なのはわかるけど,相手の名前も知らないのに『しらみつぶし』で電話かけまくるなんて失礼だぞぉ,ヲイっ! しかも・・先週も同じ不動産屋から同じパターンで同じマンションの売り込みの電話が来てたぞぉっ(再犯なので実名を公表した)。 フジテレビのF1中継でCF流すカネがあるんなら(もう降りたのかな?)せめて名簿業者から名簿買って,あたりをつけてからセールスしろよなぁ。 ったくぅ。 [1998/08/30]

 

踊るマスメディア(松本サリンを忘れたか?)。 Remember Matsumoto.

 大きな事件でのマスメディア(テレビ・新聞)の報道をみていると,同じ日にほとんど同じ内容の「◯◯の事件で△△が□□であることが,××日わかった。」みたいな記事が載ることが多い。 通信社の記事を複数のメディアがそのまま載せている場合もあるけど,大半は警察や行政当局の『記者発表』の引き写しではないかと思う。

 わかって読んでいる分には「ふんふん,そんな発表があったのねぇ」という理解をするからかまわないんだけど,気になるのは,情報を小出しにしながら世論を誘導していこうとしているかのような警察発表が多いこと。 オウム摘発のときは日本中に「オウムを擁護する者は正義の敵」みたいな空気を巧みに作り出して,ふだんならマスメディアに集中砲火をあびそうな『別件逮捕』という不法な手段を正当化してしまった。

 ここしばらくの『和歌山毒入りカレー事件』の報道でも,警察発表としか思えない別件の「以前にも砒素中毒で救急車」「保険金詐欺の疑い」などの話が小出しにされ,容疑者を暗に特定していくかのような報道姿勢になっていて,これで真犯人が別にいたら『松本サリン事件』の二の舞いではないのかな・・?

 かつての多くの冤罪事件から,日本のマスメディアは何を学んだのだろう? 犯罪容疑者を「法が裁く」のではなく「警察に踊らされているマスメディアが裁く」という異常な事態は(日本だけじゃないけれど),もういいかげんにしてほしい。 [1998/08/29]

 

引越しました。 PON-POCO WORLD has moved.

 これまでジオシティ(geocities.co.jp)を借りていたのですが,サイトのページデザインを台なしにする広告バナーを強制的に各ページの先頭に自動挿入されるようになったことにガマンできなくなって,新しいレンタルサーバ(cup.comサブドメインホームページサービス)に引越しました。

 これからも,引き続き御愛顧のほど,よろしくお願いいたします。 m(_ _)m [1998/08/28]

 

すごい雨・・。 Thunderstorm.

 夜中に,なんかピカピカ光ってまぶしいので目が覚めたら,窓の外は滝のような大雨とカミナリ。 うわぁ・・。

 台風でもないのにこんなに降るのは,ふつうは梅雨の末期の集中豪雨の時ぢゃナイのかい・・1月の「暖冬だから雪が降る」に始まって,明けない梅雨とか少ない台風とか,なんだか今年の天気はヘン。 考えてみたら,ここ数年マトモな夏らしい夏もないし,ずっとヘンなのか・・。

 でも,長期的なうねりの中でたまたまこんな周期に入っているだけなんじゃないかな,とも思う。 50億年もの地球の歴史の中の,たかだか数十年のコトなんだし・・いくら21世紀に『温暖化』して,極地の氷が溶けて海辺が水浸しになったって,また何百万年のうちには氷河期も来るんだろうし。 平均気温がここで1度上がったところで,困るのは人間であって地球ではないのさぁ。 [1998/08/28]

 

めにえーる。 Dizziness continued.

 あいかわらずの「耳つん・頭ぐるぐる」なので医者に行った。 聴力の検査をしたり,焦点の合わないヘンなメガネをかけて頭をふりまわされたり,いろいろした結果は・・予想していた『突発性難聴』ではなくて『メニエール病』だと。 [?_?]?

 てっきり日頃のストレスが原因だと思っていたのに・・ホンモノの病人になってしまったぜぃ。 1週間ぶんもらった薬をみてみたら,んっ??,5年前に飲んだのと全く同じ薬やんけ。 なんなんだか・・。 [1998/08/27]

 

黙秘権の否定? Human right of a criminal.

 北アイルランドのテロ防止を口実にトニー・ブレアが提案するというイギリスの「テロ防止法(?)」案では,「当局の尋問に答えることを拒否した」という事実をも「有罪の証拠」とするらしい。 (NHK衛星テレビで放映のBBCのニュースによる。)

 テロに対する断固とした態度には常々敬意をはらっていたけれど,事実関係が曖昧なままにこのあいだのアメリカのミサイル攻撃を支持したことといい,今回の『黙秘権』を否定するかのような法案といい,最近の言動には「なんだかなぁ・・」と思うことが多い。

 まぁ,核保有5か国(7か国?)のひとつで政権を維持するためには,それなりの計算が必要・・というより,それなりの思想の人でしかつとまらない,ってコトですかな。 [1998/08/26]

 

ぐるぐるぐるりん。 Dizziness again.

 きのうの朝,いきなりのくしゃみ10連発。 頭も重くてボーっとしてるし,とーとー風邪ひいちゃったかなぁ・・と思ってたら。 今朝はなんだか左の耳が塞がったように聞こえないし,ふっと頭を動かすと世界がぐるりんと回った。 おっとっとぉ。

 そーいえば5年前にも同じ症状があって「風邪から中耳炎になっちまったかなぁ」と耳鼻科に行ったら「中耳炎ぢゃなくて『突発性難聴』」だって。 あとで本で見たら,ストレスと関係があるんだとか。 なんだかとっても苦い薬を2週間ほど飲まされたっけ。

 ストレスかぁ。 いっぱいあるからなぁ。 ・・しばらく仕事休んで,のぉ〜んびりしたらすぐ治る・・かな? [1998/08/25]

 

あんたが辞めたら? Who is responsible?

 ロシアのキリエンコ首相以下内閣全員が,経済危機の責任を問われて(?)エリツィン大統領に解任された。

 後任(首相代行)に指名されたのが,チェルノムイルジン前首相。 ・・ヲイヲイ,5か月前にチェルノムイルジンを「無能だ」クビにしたうえ,議会の反対を押し切って「この人しかいない!」と若いキリエンコをムリヤリ首相に据えたのは,エリツィンさん,あんただろぉ? 責任を問われるべきは,首相の人選を誤った大統領本人ではないのかぁ。 (それとも,最初からキリエンコをトカゲのシッポとする筋書きの茶番劇だったか?) [1998/08/24]

 

iMac。 I think, therefore....

 秋葉原へ行ったら,某ショップがアップルの新製品 iMac をアメリカから輸入して展示していた。 液晶一体型も含めて画一的で奇妙な形のが多い一体型パソコンのなかでは斬新なデザインだけど,実物を見ると・・でかすぎるぅ・・。 20周年記念モデルが,性能と価格はともかく魅力的なサイズとデザインだったのに,ちょっと残念。 価格面での問題で液晶モニタを採用できなかったのが致命的だったのかも。

 これをきっかけにパソコンのデザイン競争が始まるといいなと思うけど,旧態依然のデザインのままスケルトン化することだけはやめてねぇ〜・・。 [1998/08/23]

 

義援金ドロボー。 Shameless people.

 去年の1月に起きたロシア貨物船「ナホトカ」の重油流出事故で全国から寄せられた義援金の一部を,敦賀市の農協が幹部職員らの懇親会に流用していたそうだ。 (Infoseek の時事通信社ニュースによる。)

 神戸の地震のときも,奈良新聞社が義援金ドロボーをはたらいたし,こんなコトが続くと内実を知らない団体の義援金募集などうかつに他の人に伝えられなくなっちゃいますな。

 ちなみに,ウチのサイトの「パプア・ニューギニア津波被害への義援金のお願い」は,信用調査などはせず善意でただ転載しただけなので,何かあっても責任は負えませんので・・なぁ〜んて書かなきゃなんないなんて,悲しいっすよぉ。 [1998/08/22]

 

Unacceptable。 Even if they are guilty.

 アメリカ合州国軍が,テロ支援組織の拠点の破壊を口実に,アフリカのスーダンと中央アジアのアフガニスタンをミサイル攻撃(?)した。

 今回の爆撃の論理を日本が支持するとしたら・・「もし3年前にオウムが,東京ではなくアメリカでサリンを撒いていたら,アメリカに山梨の上九一色村を爆撃されていた」というシナリオをも容認することになる。 理由は何であれ,今回のアメリカの行動は独立国の主権を侵害する侵略行為だ。 国連分担金すら滞納しているくせに保安官面するんぢゃねぇぞ,と思う。

 クリントンの桃色スキャンダル隠しがホンネなら笑えるんだけどさ・・。 [1998/08/21]

 

バックアップ・・。 Fail-safe, but....

 おととい都内の地下鉄が,列車制御システムのコンピュータの故障で5時間も止まったとか。 車内に1時間以上も閉じ込められた人もいたそうで・・お疲れさまぁ。

 不思議に思ったこと。 「バックアップ用のシステムも作動しなかったために復旧が遅れた」と言っていたけど・・停電したわけでもなかった(らしい)から,とりあえず制御システムを切って超徐行運転で最寄りの駅まで走らせて客を降ろすことができなかったのかなぁ,って。 各列車に運転士も車掌も乗っているのに「第3のバックアップシステム」として機能するようなシステムになってないなんて・・。 [1998/08/21]

 

中国の水害。 Flooding in China.

 先月から続いている中国南部の水害。 長江(揚子江)があふれそうで,工業都市武漢を洪水から守るために上流の堤防を破壊して一部流域を貯水池化しようとか,被害も大きいけど対策の発想もすごいなぁ・・と感心している場合ではないですね。 長江の水位がすこし落ち着いたと思ったら,今度は中国北部で新たな洪水の危機とか。

 最近は「河川の氾濫」型の水害が少なくなった隣の国では・・建設官僚や建設族議員たちや土建屋が「オレたちのおかげだぜぃ」と威張ってそうだな。

 

 ・・ほんとはこのページ,もっとくだらない「雑談」で埋める予定だったんだけど・・。 なんかオイラの性格を誤解されちゃいそうだなぁ。 ふぅ。 [1998/08/20]

 

パプアニューギニア。 Aid for tsunami victims.

 去年の7月に旅行でパプアニューギニアへ行った。 首都のポートモレスビーに3泊,北西部海岸沿いのバニモ(西セピック州)に3泊。 バニモでは日本人の姿が珍しいためか(青年海外協力隊か貿易関係者しか行かない町らしい),動物園のパンダでも見るような目で見られてしまったけど,地元の人たちの親切さや誠実さ(チェックアウトの時に置き忘れたクレジットカードを,わざわざ空港まで届けてきてくれてびっくり!)がすてきでした。

 ことしの7月に「パプアニューギニアで津波被害」というニュースがあったとき,テレビから流れる「西セピック州」「アイタペの町は壊滅」「バニモには青年海外協力隊の隊員が・・」などの言葉に絶句。 「日本大使館によると,被害地域は普通の観光客が訪問する場所ではないが,大使館は念のため情報収集を続けている」と伝えられて・・ちょーど1年前の同じ7月17日にバニモの町の海岸を散歩していて,その前日には国内線の飛行機の乗継ぎで2時間ほどアイタペの空港で過ごしていた,『普通』ではないオイラはひっくりかえってしまった・・。

 1000人規模の死者が出た津波から,まだたったの1か月。 被害地を封鎖して住民を強制移住させたりする動きとかそれに対する受け入れ地側の住民の抵抗が強いとかのニュースは断片的に伝えられるけど,もともと日本人になじみのある国ではないこともあってマスメディアはもうすっかり興味を失っているみたい。 そんな時こそ「なじみのある人たち」だけでも何か動かなければいけなのかなぁ・・と思っていた矢先,ニフティサーブの某フォーラムで「パプア・ニューギニア津波被害への義援金のお願い」という書き込みをみつけた。 たまには世のため人のために財布に働いてもらうかな。 [1998/08/19]

 

リサイクルというけれど。 Better way than recycling.

 近所のスーパーに,樹脂製トレイの回収箱がある。 肉や魚を乗せてラップでくるまれて売られている,あの白いトレイをリサイクルしようという趣旨らしい。 もちろん,よぉ〜く洗って乾燥させたのを返すんだけど・・リサイクルの過程で使用されるエネルギーとか,家庭でキレイに洗うときの汚れ水が下水道をとおして環境に与える負荷だとかを考えると,どれだけ意味があるのかなぁ。

 それより「あんなトレイは極力使用しない」と宣言してくれたほうがスッキリするし,企業(スーパーの)イメージはぐんと良くなるのに・・と思いませんか? 対面販売ではないので肉や魚はしょうがないとしても,袋にまとめるだけでよい野菜や果物まで御丁寧にトレイに乗っけて売っている店が「ゴミ減量・環境保護のためにトレイを回収」もないでしょうな。 [1998/08/18]

 

日本の国債は・・? Japan for sale.

 ロシアの通貨ルーブル切り下げの背景には「国債の償還のための資金を,国債を発行することでまかなってきた」自転車操業的やりくりの破綻があったそうだ。

 恒久「的な」減税の財源について国会で質問されて「当面は赤字国債の発行で」としか答弁できない(「当面」の後に関して言質をとられないよう腐心しているばかりの)どっかの国の総理大臣さま・・おたくの国の国債はダイジョブなの? 下を向いて官僚の作文を読み上げている場合じゃナイと思うんだけど。 [1998/08/17]

 

焼肉屋にて。 How can they back home?

 近所の郊外型パソコン・アウトレット店のハシゴをした帰りに,晩飯を食いに入った店。 入り口のメニューを見ると焼肉屋。 えっ? こないだまでラーメン屋だったのになぁ・・ま,いーけど。

 注文してから店に置いてある新聞とか読みながら待っていたら,視野の隅で何か動く気配。 ん? 棚に置かれたガラスケースの中の韓国人形が・・周期的にオジギをしてる。 うーん・・ただの飾りと思っていたから気にも留めていなかったけど・・なんだか,アヤシげ。

 それにしても・・車で来て焼肉食いながらみんな酒飲んでたけど・・どーやって帰るんだぁ,ヲイっ! [1998/08/16]

 

たまには浮気もイイもんだ。 Fresh mackerel.

 仕事おわってなじみの飲み屋に入ろうとしたら,ふと隣の居酒屋・割烹のメニュー看板に目が止まる。 「関サバ入荷! 刺身980円」。 おぉ,こいつは逃すと後悔するぜぃ・・と,吸い寄せられるように店に入る。

 お約束の生ビールのあと,サバ刺しをつまみに銘酒「八海山」をぐびぐび。 仕上げは「ミニ穴子丼」。 神奈川の山奥で「サバ刺し」にお目にかかれるとは夢にも思わなんだ。

 決まったメニューしか出さない保守的ななじみの店も良いけれど。 たまには・・ねっ。 [1998/08/15]

 

4兆円もばらまくの? Four trillion yen... wait, its our money!

 借金(国債)を財源にした減税だけでも驚いていたのに,こんどは4兆円の公共事業ですか・・。 防衛庁(仲間はずれにされた)以外の各省庁はミョーに張り切っちゃってるみたいだけど,「誰のための『景気対策』か?」というのが,ここまで露骨な形で提示されると,もぉ笑っちゃうしかないか。

 当然,その財源も借金だよなぁ。 いまの日本にカネなんか貸すとコゲついちゃいそうだけど,誰が貸してくれるのかな? 格付け会社(ムーディーズとか)が日本の(公債の?)格下げを検討しているという噂だけど,あたりまえですな。

 なんか,さいきん愚痴ばっかり・・。 [1998/08/14]

 

「自己責任」と言われても・・。 High risk, no return.

 最近は,株や証券や投信など「ハイリスク・ハイリターン」の商品に投資するには「自己責任で」とよく言われる。 まぁ,基本的には昔からそうだったはずなんだけど,バブルがはぢけるまでは誰ぇもそんなコトは言ってなかったのに・・というあたりが,なんだか胡散臭い。 おととい倒産した「コピーの三田工業」が過去数年にわったって粉飾決算で赤字隠しをしていたというニュースなんかを見ると,きちんとリスクを開示しないモノに対して「自己責任で」と言うのは,裏で不明朗なコトをしでかして私腹を肥やしている連中を救うための方便ではないかと思ってしまう。

 顧客の「自己責任」を口にする前に,負の要素も含めたじゅうぶんな情報開示がなければ,当分「日本売り」は止まらないんだろうなぁ。 [1998/08/13]

 

動物解放戦線? Saint mink are comin' to town.

 イギリスで,毛皮用に飼育されているミンクを何百匹か逃がした自称「動物愛護団体」があるそうだ。 ミンクは肉食動物なので,周辺に住むニワトリやアヒルとか,ペットのネコやイヌまでが襲われて大騒ぎになっているとか。

 「殺されるために飼育されているミンクがかわいそう。」という発想で「ミンクを解放した」つもりなんだろうけど・・まじめに「自然の生態系を守るための動物保護」を訴えている人たちにとっては,たぶん大迷惑な事件ですよねぇ。 [1998/08/12]

 

ヒロシマ・ナガサキ・そしてテロリズムについて。 War crime and terrorists.

 皇居を爆撃しなかった53年前のアメリカ。 そしてクリントンを直接ねらえないテロ組織。 どっちも,同じ穴のムジナじゃ。 [1998/08/10]

 

借金減税で景気回復? We need a hopeful outlook for our country.

 きのう車で都内に行ったら,道がやたら混んでいた。 週末,それも「お盆休み」前のせいか,地方ナンバーの車が多かった。 表参道の街にも人があふれていた。 みんなこぎれいな身なりをしている。

 国道16号沿いにあった本屋が廃業して,跡地に中古車屋が開店していた。 ピカピカに磨かれた車がずらりと展示されている。

 「景気が悪い」というのは,どこの国のことなんだろか? 普通のサラリーマンが車を買えて,年に何度か家族で帰省や旅行ができて,それで「お金が回らなくて景気が悪い」のだとすると,国が借金(赤字国債)を増やしてほんのちょっぴり減税しても,誰が今以上にお金を使うんでしょう?

 必要なのは目先の小金ではなく,破綻しつつある年金制度や,際限なく膨らむ国の借金の行く末に対する長期的なビジョンではないのかな・・と思うのだけど,日本の政治屋はそうは考えないらしい。

 ちょっと出遅れてしまったけど,まだ1ドル=140円台のうちに銀行預金を全部ドルに替えておこうかな・・と真剣に思った。 [1998/08/08]

 

Snail Mail な人たち。 Outside the cyber world.

 旅行先から絵ハガキを出したときに,自分の住所のかわりにメールアドレスだけ書いてみた。 きっと何人かはメールをくれるだろうと期待していたのに,なぜか暑中見舞いのハガキが今年はミョーに多く届いた・・。

 オイラの友達関係にはメール使いがひとりもいない,ってコトかなぁ。 [1998/08/07]

 

雑誌 Active Japan 休刊。 Disabled sports in Japan.

 7月30日発売ということでさがしていた『Active Japan』を近所の本屋で発見。 次号の発売日を確認しようと見たら,今号で休刊だそうだ。

 3年前の創刊以来「競技としての障害者スポーツ」を伝える唯一の雑誌メディアとして孤軍奮闘していたのに,残念。 長野のパラリンピックの会場に足を運んだ人たちに感じられたある種の盛りあがりは,会期の終了と同時に消えてしまった?

 ほんの微力ですが,今後このサイトの『ギャラリー』で「競技としての障害者スポーツ」の紹介をしていきたいと計画していますので,よろしくね。 [1998/08/06]

 

『ロングステイ宿泊ガイド』。 Usual way the bureaucrats work.

 本屋の『政府刊行物コーナー』をぷらぷらしていたら『ロングステイ宿泊ガイド(通商産業調査会,1996)』なんてのを発見。 滞在型の長期の海外旅行で使えそうな宿の紹介の本なんだけど。

この海外滞在型レジャー“ロングステイ”を広く知ってもらおうと1992年に当財団が設立され,新しいライフスタイルのひとつとして,ロングステイは新聞や雑誌などで頻繁に紹介されてまいりました。

 えぇ〜っ! そんなコトのためにわざわざ財団法人作ったのかよぉ。 さては通産官僚の天下り先だなぁ?

予約手続きは,ご自身もしくは旅行代理店を通じて行ってください。(ロングステイ財団は予約手続きの代行をいたしません)

 うんうん。 ま,そーだろな。

この本に掲載されている宿泊施設に関する詳細,またはご利用について何かお気付きの点がありましたら,直接予約窓口にご相談ください。

 なんだとぉ? 情報をたれ流すだけで,利用者からのフィードバックをもらって内容を充実させようとはこれっぽっちも考えてないのかい?? ツアーパンフレットをそのまんま載せているような某旅行情報誌でも

情報に事実と違う点があったり,旅行会社との行き違いや,旅行中のトラブルがあったりした場合は,××トラブルホットライン 0120-xx-xxxxへ。

くらいのコトは書いているぞぉ。 なんだかなぁ・・。 [1998/08/02]

 

いくら。 Salmon eggs.

 おすしの「いくら」。

 語源はロシヤ語(ikra)で,意味は「魚の卵」だそうだ。(そのまんまやんけ。)

 < A Dictionary of Japanese Food - Ingredients & Culture - (Richard Hosking, 1996) による。> [1998/08/02]

 

トップページへ | このページの先頭へ | 1998年9月分へ | 雑記帖目次へ