Currently Japanese only.

 December 1999 〜1999年12月〜

トップページへ | 雑記帖目次へ | 1999年11月分へ | 2000年1月分へ

 

不思議の国の権力者。 Boris Nikolayevich Yeltsin resigned.

 きょう,ロシアのエリツィン大統領が辞任した。

 フツーに考えると,対立候補の態勢が整わないうちに大統領選挙を早期に実施して,チェチェンに対する強硬姿勢がロシア国民のナショナリズムをあおって人気上昇中のプーチン首相を,下院選挙で大統領派が圧勝した勢いで次期大統領に担ぎ上てしまいたい・・ということなんだろう。 けど,よりによって世界中(のマスメディア)が新しいミレニアムの到来とコンピュータのY2K問題で浮き足立っているこの年末に,北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)に次いで(?)謎の多い国の最高責任者が辞任したとなると,いろいろ勝手に想像してしまう。 まさか・・Y2K対策が間に合わなくて核ミサイルの誤発射が避けられないと知って,責任をプーチン氏に押しつけて逃げだした・・ってコトはないよねぇ? (¬_¬)

 それはともかく。 彼は日本時間で夜6時(?)のロシア国営テレビ(ORT)の演説で突然発表したそうで,年末特別番組進行中の各テレビ局は速報をテロップで流しただけで詳しい話が見えない。 夜7時前にインターネットのニュースサイトをざっと見た限りでは,日本の新聞社系は事実の報道だけで状況や背景には触れておらず,最も詳しかった共同通信社でも「健康問題が主要な理由でなく「すべての問題」が原因であると説明した。」という程度。 一方,イギリスのBBCやアメリカのCNNのサイトでは,テレビ演説をするエリツィン氏の写真入りで政治的な背景や彼の経歴などを詳しく書いていた。 ロシアという国に対する評価の違いは別にしても,日本と米英のマスメディアのインターネットに対する姿勢の違いがはっきり見えて興味深かった。 [1999/12/31]

 

5年間も何してたん? Our politicians [2].

 いまさら書くのもアホらしいけど・・予想どおり「ペイオフ解禁」が延期になった。 5年前に凍結して以来,これまでにわれわれの税金を何兆円も投入したあげくに何度かコゲつかせただけでは気がすまないらしい。 よーするに経営が危ない信用組合(と地方銀行?)がまだ複数存在している,というコトを白状してるよーなモン。 政治屋連中の目が国民ではなくギョーカイしか見ていないってコトさ。

 けど・・マトモな野党もない現状では,踏みにじられ続けているパンピーはどーすればいいんだぁ? 日本丸といっしょに沈んでしまうのはイヤだぞぃ (#`´;;)  [1999/12/30]

 

ホメるんじゃなかった (#`´;;)  Taking back the comment below.

 さっきskymark.co.jpの進化をたたえる文章をアップしたあとで,念のため予約のページをもいちど見にいった・・ら,景色が変わっていた。

 どうもきのう更新したようで,スケジュール検索で往復分をイッキに見れるようにもなっているラシイ・・のだけど,ウチのMacのネスケで見ると見事に文字バケバケで読めない。 文字コードを「日本語(自動選択)」から「シフトJIS」や「EUC」そして「Unicode」と変えてみてもダメ。 たぶんGates' OSのIEなら読めるんだろうけど・・マトモな企業の予約サイトならせめて2大OSの2大ブラウザで動作確認してからアップしてほしいぞ。

 さっそくクレームのメールを送ったけど,トップページに「12/29−1/3の間、窓口はお休みさせて頂きます」と書いてあるから,期待薄。 あーあ・・ちゃんと確認を取らずにホメちゃったオイラもオイラだけど・・skymark.co.jpは,まだまだオイラを楽しませてくれるへっぽこ度だぜぃ( ̄ー ̄)にひ♪ [1999/12/29]

 

進化したラシイ( ̄ー ̄) Evolution of the skymark.co.jp.

 以前さんざんケナした手前,ちゃんとフォローも書いておかないとフェアじゃないよねぇ・・ってコトで,スカイマークさんのウェブサイトの話を。

 このあいだ福岡へ行くのにひさしぶりにskymark.co.jpを見にいったら,ウェブから空席状況を見たり予約を入れたりできるようになっていた。 予約は搭乗2日前までだし,空席状況も翌日以降の便しか見れないけど,以前に比べると格段の進化。 というか,やっとマトモな「航空会社サイト」になっていた。 予約センターの電話がいつも混んでいてつながりにくいので便利になったぁ〜\(⌒ー⌒)/・・と手放しで喜べないのは,せっかく1回の往復でも使えるちょっと割安な回数券(2回&6回券)があるのに,ウェブ予約では利用できないこと。 いつも東京〜福岡往復に利用しているオイラとしては,結局予約センターに電話するハメになってしまう。 まぁ,空席状況が見れるだけでも良しとすべきか・・でも混雑期以外は空席だらけという説もあるからねぇ。

 ウェブのサーバーと予約システムを接続するのは,セキュリティも含めて素人が想像する以上にタイヘンなんだろうな,とは思う。 これだけインターネット取引が一般化しているのにいまだにウェブからほとんど予約も空き状況検索もできない日本のホテル業界なんかと比較すると,へっぽこなサイトからスタートしてここまで進化したskymark.co.jpの「ヤル気」には花マルを贈呈しなくてはね。 [1999/12/29]

 

浮世のウサは♪[その2] One weekend in Fukuoka.

 浮世のウサは,飲んで騒いで忘れましょ♪(⌒¬⌒) ・・ってぇコトで,飲み友達のいる福岡へ行ってきた。 福岡に着いたのがもう夜の7時すぎだったので,空港の案内所で博多駅近くのホテルを取ってもらい,チェックインしたあといつものように「ひとり避難訓練」をしてから(スチールキャビネットから自転車まで障害物は多数置いてあったけど,途中カギのかかっている扉もなく無事に地上に出られたのでスレスレで合格かな)駅前の大衆割烹でささっと飲むことに。

 壁のメニューを見ていると「真サバの刺身」がっ♪(⌒¬⌒)じゅるりっ♪ 酢で締めなくても食えるほど新鮮な真サバの刺身・・そこらのヘタな白身魚よりウマイよっ♪ 熱燗の安酒をきゅいきゅい飲みながらカシワ(鶏)の水炊き鍋をつついて,浮世の垢が落ちてゆくのを薄れゆく意識の中で楽しむ。 仕上げに鍋の残りダシで春雨を煮て食うと,ハラもはち切れんばかりになって・・し・あ・わ・せ♪(○ ⌒ ¬ ⌒ ○)

 翌朝。 「朝食付きパック」のモトを取ろうと眠い目をこすりながらホテルのフロント向かいのレストランへ。 朝食券を見せて「和朝食」を注文して,バイキング形式のサラダとフルーツをつつきながら新聞を読む。 混んでるせいか,なかなか食事が来ない。 つまんない新聞を2紙読み終わったころ,あとから来た隣の客のほうに先に同じ「和朝食」が届いたのを見てキレた・・(以下自粛^^;;) いやぁ・・福岡って,心が安らぐすてきな街だねぃ♪(゜∇゜)ウケケ [1999/12/19]

 

また乗ってみた。 A tiny incident on a BC flight. 

  いきなし思いついて旅に出るのはいつものコト。 やっぱり安いにこしたことはないのでスカイマークの予約センターに電話してみたら,なかなか回線はつながらないのに「往復ともお席はございます」。 師走の週末だというのに当日に余裕で予約が入るなんて・・ダイジョーブなのかスカイマーク!?( ̄□ ̄;;)

 夕方の便なので電車でのんびり羽田に向かって,前回とは違って閑散としたカウンターでチェックインを済ませて,ガラガラのセキュリティも一瞬で通過して,出発待ちのあいだに昼メシがわりの生ビールとバッテラ寿司をかきこむ。 お天道様の出ている時間にビールをくらうなんて・・シアワセ♪(* ̄∇ ̄*)

 39番ゲートからバスに乗って駐機場のヒコーキに向かう途中,ふと見るとAIR FRANCEのエアバスがタキシングしてる。 オイオイ,ココは羽田だろぉ? 国際線は中華航空1社のハズなのになんでAIR FRANCEが?( ̄∇ ̄?) 待て待て,羽田でも中華航空以外にチャーター便とVIP便がある・・そーいえば日本のメディアでの扱いは小さかったけどBSでやってたフランスのテレビでジョスパン首相が日本を訪問して経済のことを語ったとか言ってたから,その帰国便だな? ・・んなコトを考えているうちにバスは駐機場の□icro$oft塗装のスカイマーク機のところに着いた・・のにドアが開かない。 AIR FRANCEのVIP機が誘導路から滑走路に消えるまで,先に着いていたバスも含めて3台がドアを閉じたまま待機していたのは,テロ対策なんだろうけど・・もしオイラがテロリストだったら,ドア閉められたままでも車内から狙撃しちゃうけどなぁ(゜∇゜)

 機内は予想より混んでいた。 離陸後,外国人機長が英語でアナウンスしていて,さっきのAIR FRANCE機の姿といい,羽田発の国内線なのに異国情緒たっぷり♪ 通訳した客室乗務員のおねぇさんが「巡航高度20000フィート(約6000メートル)」なんて言ってたけど,たぶん冗談だろ・・ジェット機なんだから,せめて高度25000〜30000フィートは飛んでくれないと? いつもは選択の余地のないドリンクサービスがアップルジュースとウーロン茶のチョイスだった。 きょうは福岡空港へは風向きの関係か市街地の上を低空でUターンする進入経路。 同じように市街地に降りてゆくロサンゼルスとかバンクーバーの空港を思い出す。

 日曜日の帰り便。 羽田のチェックインも福岡の発券も「First come, first go方式(?:1列に並んで空いたカウンターに順に振り分ける)」なのに,福岡のチェックインだけは各カウンターの前にだらだらっと列ができて「自分が並んでいない列のほうがたいてい速く進む」という「マーフィー則」を実感することになる。 しかも,よりによって自分の直前の家族連れ客の搭乗券発券にトラブって,いきなしカウンターに「Closed」のプレートを何の説明もなく置かれてキレそうになったり。 でも,まぁ・・満席なのに希望どおり通路側の席が取れたからヨシとしよう。

 きょうの客室乗務員たちは,なんだかわさわさ落ちつかない雰囲気。 このまえは足元の小袋ひとつ厳しくとがめられたのに,きょうは非常口列の席の人が足元に置いたバッグを見て見ぬフリしてるし・・就航1年3か月にして,もう安全意識が薄れてきているラシイ。 大島上空あたりで少し揺れた以外は快適なフライトで,離陸したとたんに爆睡モード。 走っているあいだ常に左右に揺さぶられ続ける新幹線なんかよりカラダにやさしいので,仮に所要時間が同じでもオイラはヒコーキ派。 着陸してリバース(逆噴射)かけたとたんに,お約束どおり非常口列の客の足元のバッグがふっとぶ。 事故がなかったから笑い話だけど,笑ってすませられる話ではナイですぜぃ。

 いや,マジで・・ダイジョーブなのかスカイマーク!?(#`´;;) [1999/12/19]

 

浮世のウサは♪ Addicted to "A".

 浮世のウサは,飲んで騒いで忘れましょ♪(⌒¬⌒) でも「忘年会」と名のつく宴会はパス。

 今年は忘れたくないコトがあったからなのさっ♪ ( ̄^ ̄;;)/

 うへへ♪(* ̄∇ ̄*) [1999/12/18]

 

仕事熱心なのはいいけど・・ Do not disturb, please.

 職場の眠い会議に出席していたときに,給料を振込んでいる某C銀行から電話がかかってきた。 いつもは就業時間内の私企業からの電話は交換台でブロックされるので(ウチの職場は某市の外郭団体で,一部職種の人以外は仕事で外線電話が入ることはナイのだ)「もしや,自動引落としの残高でも不足して緊急の連絡かっ!?( ̄□ ̄;;)」と思ってあわてて席を外して出てみたら・・「円高でもありますし,円建てよりも金利がお得なドル建て定期預金はいかがでしょう?」だとぉっ!? (#`´;;)

 そろそろオイラもドル建て預金を・・とは思っていたけど,こういう勧誘のされかたは好きじゃないので「外貨預金はいまは考えていない」と切ってしまった。 冷静になってみれば,先週ボーナスが振込まれた直後なのに残高不足なんてありえないし・・だいたい自動引落としはまだ昔の別銀行の口座のままぢゃん・・(゜∇゜) 自分のオッチョコチョイさにあきれてしまった一件でありました。 [1999/12/16]

 

踊るマスメディア[その4] As usual.

 きょうは各社横並びで新聞が休刊だったので,ニュースを見ようと夕方テレビをつけたら・・これまた各社横並びで宮内庁が垂れ流したネタのオンパレード。 個人的には興味のない話なので目と耳をふさいでおけばいいのだけど,他のニュースが見れないのが腹立たしい。

 それと同時に思ったのは,もしそのネタが「当たり」だった場合に,これから9か月近くくりひろげられるであろう「妊娠・出産ネタ」の嵐。 世の中には「いまは妊娠したくなかった」「月経が遅れて妊娠したかと思ったが検査したら違っていた」「妊娠したが流産した」「妊娠経過が順調でなかった」「順調に出産したが赤ちゃんに病気があった」など「普通でない」状況に置かれている人がたくさんいるはずなのに,おそらくマスメディアは「妊娠・出産はこういうモノ」という「普通」を垂れ流すんだろうねぇ。 それ以上の感想は今の日本では公には言いにくいから書かないけど・・たかが検査を受けに病院に行っただけでこれだけの騒ぎにしてしまうこの国のマスメディアには,いまさらながら愛想が尽きる。

 まぁ,彼らに何か期待をしているわけではないからいいんだけどさ。 [1999/12/13]

 

清水一二さんの写真展 An exibition for Paralympics athletes.

 障害者スポーツを撮り続けている写真家の清水一二(かずじ)さんの写真展を見にいってきた。 彼の写真が「報道」なのか「芸術」なのかはよくわからないけど・・せっかく多くの人が通る場所で無料で開かれているのに足をとめる人が少ないのが残念なので,ちょっぴり宣伝。

 熱きパラリンピックアスリート達にエールを送る写真展

 主催: (財) 国際障害者年記念ナイスハート基金
     HASNet (Handicapped Athletes Supporters Network)

 企画・運営事務局: H2O INC. (HEARTY HONEST OPERATION) h2o@hho.co.jp
           (株) エイチ・ツー・オー TEL 03-3405-6600/FAX 03-3405-7050

 会場では,清水さんの著書「パラリンピック・アスリート 〜輝く挑戦者たちのフォト・ストーリー〜」(中央法規出版・税別1800円・ISBN4-8058-1860-3)も買えます。

 ちなみに新宿パークタワーは,新宿西口の新宿中央公園から甲州街道へ向かったところ・・都庁の裏手,新宿ワシントンホテルの西側にあります。 最終日以外は夜6時半まで開いているそうなので,お近くのかたはぜひ。 [1999/12/09]

 

 

トップページへ | 雑記帖目次へ | このページの先頭へ | 1999年11月分へ | 2000年1月分へ