Currently Japanese only.

 March 2001 〜 2001年3月〜

トップページへ | 雑記帖目次へ | 2000年11月分へ | 2001年9月分へ

 

外国カブレの外国知らず。 Is my view based on facts?

 新宿からの帰り道,電車を降りて駅前で買物をしてからバスに乗ったオイラのポケットには金色に輝く新500円玉と小銭が198円。 ウチの近くの停留所までの運賃は200円だけど,両替機があるからと安心して発車間際のバスに駆けこんだら「新500円硬貨は両替できません」の冷酷な表示が。 あいにく1000円札の手持ちもなく,運転席にも両替用の硬貨の準備がなくて,しかたなしに駅の改札まで走ってキップを買うとも何とも言わずに「両替してくださいー」とお願いして100円玉に替えてもらった。

 両替機の改修に時間がかかるのはしかたないとして,新500円玉だけは運転手さんに両替してもらえるようにできないものかなぁ・・雑記帖のネタにするならタイトルは「自国通貨でバスにも乗れない」かな・・なんてあれこれ考えていたけど・・ちょっと待った。 「運転手は釣り銭を持っていないからバスに乗るときには運賃額きっかりの小銭を用意する,というのがアメリカやカナダでは常識」と旅行ガイドなんかで読んだ気がする・・し,実際にそうだった。 おカネを持っていても「自国通貨でバスにも乗れない」のは日本だけの話ではナイんだ。 両替機が設置してあるだけ親切やん・・ニッポンちゃちゃちゃ♪\(⌒ー⌒)/

 でも,話はそんなに単純化してはいけない。 オークランド(ニュージーランド北島)のバスはちゃんと両替機を積んで走っていたし,マルタ共和国のバスは1日パスを買わなければやっぱり小銭が必要だったし,外国ったってイロイロあるさ。 それに,それ以外の国ではまだ一般のバスに乗ったコトすらないぢゃないか・・(¬_¬) >じぶん

 「新500円玉が使えない場面が多いので何とかしてほしい」・・コレはオイラの正直な感想。 けど「そんな日本はヘンな国」と,つい考えてしまった自分の安直な思考回路にきょうはイエローカードを。 _(` o´)/ヒ゜ヒ゜ッ [2001/03/18]

 

 

トップページへ | 雑記帖目次へ | このページの先頭へ | 2000年11月分へ | 2001年9月分へ