Currently Japanese only.

 December 2000 〜2000年12月〜

トップページへ | 留学日記目次へ | 2000年11月分へ | 2001年3月分へ

 

12月28日(木)

 市役所へ行って諸手続(転出届・年金任意継続・国保解約)。 国外への転出届は詳しい住所は不要で国名だけでいいんだそうだ。 もっと早く手続きに来れたぢゃん。 ただし「ニュージーランド」ではダメで,ちゃんと「ニュー・ジーランド」と点を打たないといけないと言われた。 っんとに,お役所ってトコロは・・ヽ( ´ー`)ノ

 国外逃亡しても納付書などが届く連絡先を残しておけば国民年金は継続できるのに,健康保険のほうは「市町村単位で運用しているので住民登録がないとダメ」なんだと。 住民登録をするほどでもない短期間の一時帰国の人をカバーできるような制度は「ない」と断言されちゃった。 AIUで保険もかけたコトだし,病気をするなら海外でっ☆(* ̄∇ ̄*)・・ってか。

 税務署へ行って納税管理人の届出(こっちは詳しい住所が必要だった)をして,2月の確定申告の用紙をもらう。 わけのわからん項目がずらずら並んでいて頭が痛くなる。

 宅配便の営業所へ行って,きのう戻されていた航空券を受取る。 ソウルからの乗継ぎなのに成田の「空港施設使用料」が加算されているので,当日ややこしい手続きをして払い戻してもらうことになりそう。 別予約の格安券だからしょーがないんだけど,メンドい。 それより,ニュース見てるとアメリカは大雪でスゴイらしいけど,欠航になっちゃったらどーすんだ?(¬_¬) >自分

 大晦日に泊まるソウルのホテル(Seoul Tourist Hotel)に予約のfax。 送信して10分も待たないで「予約OK」の返信が届いた。 早い。 1泊75100ウォン(7500円くらい?)。 寒いソウルで焼肉食って新世紀を迎えるぜぃっ♪( ̄ ¬、 ̄)

 

12月27日(水)

 宅急便でジェイツアーから旅程表が届いた。 封筒がやけに分厚くてざくざくしてるので「(。_゜?)」と思ったら「お湯を入れるだけで 炊かずにご飯」というのが1袋入っていた。 ニュージーランドに食い物を持ち込むと税関でウルサイと思うけど,心遣いありがとうです。 日程表を見ると第1週の週末に「オークランド市内観光」が半日ついている。 免税店とか連れてかれるのかな?

 このあいだ年金の無加入期間?の問い合せに行った社会保険事務所から調査結果が送られてきた。 早かったなぁ・・と封を切ってみると,すでにわかってる「加入してた期間」が列記してあるだけで「もしかして無加入だった?」と調査を依頼した期間に関してはヒトコトも触れていない。 せめて「調べてみましたが残念ながら無加入でした」くらい書けないのかねぇ・・っんとに,お役所ってトコロは・・(-。-)

 ネットで遊んでたら,カナダのコダックのサイトに世界各国のラボの所在地を検索できる「Q-Lab Locator」というページがあって,きのうFaxで送ってもらったと同じ情報がネット上で調べられることに気づいた。 事前にネットで探しもしないでメンドウなコトを頼んでしまったOさん,ゴメンなさい。

 晩メシで外出していた間に宅配便の配達があって「成田 → 北米」の航空券を受取りそこねた。

 そろそろ荷造りしなきゃ。

 あ・・そのまえにNorthern Lights Collegeにホームステイ調査票を送らなきゃ・・( ̄ー ̄;;)忘れてた

 

12月26日(火)

 新宿NSビルのAIUへ行って海外旅行保険の手続き。 事故や病気で死んじゃったら毎月たくさん払ってる生命保険が出るから「死亡保険金」は低めに。 それでも3か月で32280円ってのは・・風邪でもひいてモトを取らねば・・。

 通りすがりのコダックのラボで,ムリだろうなと思いつつ「海外のラボの情報なんてわかりませんよねぇ・・」と訊いたら,即座に「コンピュータから打ち出すのでお時間はかかりますがだいじょうぶですよ」と言ってくれて感激。 ご厚意に甘えさせていただくことにして,自宅のFax番号を置いてきた。 コダックシグマ新宿のOさん,常連客でもないのに手間のかかることを受けて下さってありがとう。 「コダクローム」という普通のラボで現像できないフィルムを持っていきたいと思っていたので,とっても助かった。

 ヨドバシカメラでフィルムと電池を購入。 さすがにオークランドにカメラ系の安売り量販店はないだろうし。

 神田で某Kさん&某mさんと焼肉食い放題へ。 飲んで食ってしゃべって笑って2時間。 楽しかったよぉ〜♪(* ̄¬ ̄*)

 

12月22日(金)

 ニュージーランド滞在の残金188000円を振込み。 ホームステイ3週間で21万ってのは・・プラスアルファの行事があるから個人的には許容範囲内なんだけど,常識的にはかなり高いよなぁ・・。

 虎ノ門のカンタス航空へ行って,世界一周券の再発券をしてもらう。 きのうFaxで詳しい変更を送っておいたので話は通じていたけど,旅程変更してもらったチケットをなにげに見るとシドニー通過が2回から1回に減ったのに「Airport Noise Tax(騒音税?)」が2回ぶんのままになっている。 はーい,発券課のおねーさん再計算お願いね〜・・しっかりしろぉ〜☆(* ̄∇ ̄*)でもタイヘンな作業だとわかってるから怒らないよっ♪

 神保町へ行ってアイヌ関連の本を数冊買う。 他国のコトよりまず自国のコトを知らないと。

 

12月18日(月)

 ニュージーランドに入る航空券の手配。 今回は,使い残していた「ビジネスクラスで世界一周♪」(来年4月で期限切れになる)の北米 → オセアニア → アジアの部分を利用するので,非常識に大回りなルートになる。 正月なので日本 → 北米の格安券もめちゃめちゃ高い。 あいかわらず計画性のなさが災いしてるぞ・・(-。-)

 晩メシを食いに出ようとしたときに某K氏よりお誘い。 世界のビールが飲める,相模大野の「レモンパイ」で晩メシを食って店を出た瞬間にケイタイが鳴って,前の職場のAさん(あ・・結婚してOさんになったんだ)から28日にみんなで飲もうというお誘い。 ホントに出発前に壊れちゃうカモ・・( ̄_ ̄)

 

12月15日(金)

 ジェイツアーへ行ってニュージーランド滞在の申込み。 ホームステイ3週間(1/8〜1/29)。 とりあえず申込金3万円。

 そのあと町田で某Nさんとミニオフ。 さいきん(ココには書いてないけど)飲み会が続いてる・・( ̄∇ ̄;;)出発までに壊れるカモ♪

 

12月13日(水)

 月曜日に発覚した「年金無加入疑い期間」の調査を頼みに,電車で揺られて相模原社会保険事務所というところへ行った。 お役所だからしょーがないとは思っても,あんまりな応対に疲れて帰ってきた。

 

12月11日(月)

 年金と保険の手続きで市役所へ。 月曜日だけど,あまり混んでなかった。

 国民年金の手続きは,年金手帳と退職証明書と,その場で渡される申請書だけで簡単に終了。 ただ,過去の加入期間をどっかに問い合せて確認してくれたんだけど,仕事をしていたのに無加入になっている期間があるコトが判明。 10年以上経っている(時効は3年)ので,いまから追加で払ってもダメなんだそうだ。 短期間で職場を何度も移っていた時期で,あそことあそことあそこの事業所だ・・くっそぉ。

 国民健康保険の手続きも簡単。 退職証明書と申請書だけ。 通常は翌日に自宅に郵送されるそうだけど,運転免許とかの身分証明書があれば5分ほどでその場で渡してくれる。 これで市役所関係は終了。 あ・・住民税が残ってる・・うぅ・・。

 1月のニュージーランド滞在の相談で,江戸川のジェイツアーの店へ。 ビルの一角の小さなオフィス。 フローリングのキレイな内装でアヤシげな店ではなさそう。 対応してくれた担当のYさんは,若いけど感じのいいおにーさん。 あらかじめ「午後に行く」と電話をしておいたのに「資料がほしい」と言われてからあわてて奥に入ってコピーしてるとこがちょっと不安だけど・・全体の印象はマルかな。 あとは現地の関係者にカネが渡るまで倒産しないでおくれよぉ・・っと。

 

12月10日(日)

 前の職場から「退職証明書(離職票と同じ)」が届いた。 これで,やっと年金や保険の手続きができる。

 

12月7日(木)

 大掃除がメンドくて朝からネットで遊んでいたら,玄関のチャイムがピンポンピンポン。 せっかちでしつこい押しかたなので新聞か何かの勧誘かと思ったら,カナダ大使館からの書留(配達記録)を持った郵便屋さんだった。 一瞬「また書類不備?」とか「こんどは却下?」とか思ったけど,今回は書留で送ってきてるんだから・・とドキドキしながら開封すると,レシートの紙っぺらを貼り付けたレターが1枚。 はやる気持ちを抑えて上から順に読む。

 「YOU MUST SHOW THIS LETTER TO A CANADA CUSTOMS OFFICIAL WHEN YOU FIRST ARRIVE IN CANADA.」 これは・・♪( ̄ー ̄) 続いて本文に「Your application to study in Canada has been approved; you may now travel to Canada.」・・わぁいヽ(∇⌒ヽ) (ノ⌒∇)ノわぁい♪ 最大の(?)関門を突破したなり〜♪(* ̄∇ ̄*)

 ただ,このレターは単なる連絡で,実際の「Student Authorization」は到着時に別室連行されて入国審査官の厳しいチェックを受けたうえでいただけるんだとか。 カナダのイミグレの別室は,以前トロント空港でアメリカへの乗継ぎだけなのに放り込まれた経験があるから,べつに怖くもなんともないんだけど・・必要な書類だけは忘れないようにしなくては。 あ・・カナダ政府のブラックリストに載るような悪さも4月まではできないぞ。

 まぁ,ビザOKってのはスタートラインに着くことを認めてもらえただけのコトだし,気を抜かずに準備をしなくてはね。 でも,ずいぶん気が楽になった。 うん。

 

12月5日(火)

 しばらく滞納していた下水道料金を払いに市役所へ。 収納課の窓口で未納の金額を出してもらったら6桁で,おもわず目を疑った・・ら,年度途中で退職したため自分で払うことになる半年分の住民税まで合算されていた。

 2〜3月の確定申告の時期には日本に(たぶん)いないので,税務署まで行って手続きを訊く。 海外に出る前に「所得税(消費税)の納税管理人の届出書」ってのを提出して代理人を選定するのだけど「基本的には1年以上不在になる人のための制度なんですけどねぇ・・」だって。 どーやら,制度の谷間に落ちちゃったラシイ。 この際だから1年以上国外逃亡して,来年の住民税を免除してもらっちゃおうかな。

 けさ問い合せのメールを送っておいた,ニュージーランドの滞在を扱ってるジェイツアーという旅行会社から,さっそく返信が届いていた。 雑誌に載っていた以外にもいろいろアレンジできるらしい。 すこし検討してみることにする。

 

12月4日(月)

 生命保険を銀行振替にするのに「口座確認印」が必要なので,こんどこそ窓口の開いている時間に秋葉のシティバンクへ。 時間があれば郵送でも良かったのかもしれないけど,今週中に保険会社に届かないとマズイらしいので直接行ってきた。 こーゆーときだけは近くの銀行のほうがラクだにゃ。

 はやく「ホームステイ調査票」を書いて返送しなくては・・( ̄∇ ̄;;)

 

12月2日(土)

 2泊3日の旅行から帰ってみると,カナダ大使館から速達がっ!?( ̄o ̄;;)

 まさかまだビザが出るハズもないから,てっきり申請書の記載不備で「却下」かとビビって封を切ったら,「職場は辞めるつもりなのか?」という質問状だった。 「辞めないのなら帰国時に同じポジションに戻れるという証明を職場からもらって送れ」と書いてある。

 ふんふんふ〜ん♪( ̄ー ̄) もう辞めちゃったもんねぇ〜♪(* ̄∇ ̄*)

 待てよ? 仕事を辞めて「ぷー」だと,ビザの審査が厳しくなっちゃったりするんだろーか? 困ったなぁ・・でもウソつくわけにもいかないもんなぁ・・。

 ・・ってコトで「申請時には勤務していたが辞めた」と,慣れない英文レターを3時間もかかって書いた(こんなのをササっと書けるんなら勉強になんか行かなくてイイぢょ。) 気合いが入っている証拠を見せるために速達で送って・・っと。 なんとか通してもらえますよーに・・(--) 

 

トップページへ | 留学日記目次へ | このページの先頭へ | 2000年11月分へ | 2001年3月分へ