Currently Japanese only.

 永登浦市場再訪 - Again in Yongdungpo Market

 

旅の目次へ | トップページへ

 

ソウル空港での乗継ぎ待ち時間が5時間以上あったので
「トランジットラウンジで待ちますか?」と訊かれて
迷わず「一度入国してのんびりしてきます」と答える。

とはいっても,折からの台風がらみの悪天候でソウル地方は雨。
空港でしばらく空をながめていたけど,どうも晴れそうにはないので
重い荷物をさげて市内をウロウロするのはヤメにして
国内線ターミナルにある手荷物預かり所に荷物を預けて
ひさしぶりに「永登浦市場」に行ってみることにした。
(前回の話は「ソウル満腹紀行」参照♪)

地下鉄の駅の長い階段とエスカレータを昇って
3番出口を出ると・・やっぱり雨。
しかたなく,地下の売店で傘を買う。

市場に並ぶ商品は,相変わらず種々雑多だけど
ホヤのような奇妙な形の水産物やら
血の気の失せたイヌ(活け〆!?)やら
前回2月に来たときには見かけなかったものも目立つ。

 前回,ブタの頭をオミヤゲに・・なんて一瞬思ったけど
 さすがに「このイヌをオミヤゲに」とは思わなかった・・。

今回も,市場に並ぶ露店で腹ごしらえ。
ホルモン焼きみたいなのがオイシそうだったので
コレ食いたい,と身振り手振りで注文する。
おばさん,やおら鍋を火にかけて
下ごしらえして温めていたホルモンを鍋に。
脇に置いてあった春雨と,タマネギ・青唐辛子・シソなんかを
ざくざく切って鍋にぶちこんであれこれ味付けして
ほっかほかの「ホルモンと春雨の炒め煮」のできあがり。

ビールも飲みたかったので
隣のおにーさんが飲んでいたビールを指さす。
と・・いきなりキムチスープが出てくる。
えっ!?・・違うよぉ・・ビールぅ・・と言えなくて
黙っていたら,あとからちゃんとビールが出てきた。
キムチスープは,ホルモン煮に付いていたラシイ。

そうそう,食べる前に支払い。
おばさん,指で「6」と。
6000ウォンかな・・この札でいいのかな・・
それにしても・・ほくほくおいしいホルモンと春雨の炒め煮に
キムチスープとビールまで付けて,日本円で600円弱。

隣のおにーさんとおばさんは顔見知りらしくて,あれこれ話してる。
おばさん,オイラにいきなり「イルボン?(日本から来たのか?)」と尋ねる。
「そうだ」とうなづくと,隣のにーちゃんが
いきなし自分の皿にあった生のニンニク(まるごと)を
これ食ってみな,と差しだしてくる。
コリコリかじってみたけど・・昼間だし・・あしたは・・なので
ちょこっとだけにして,あとは自粛。

ソウルに着いたときには,雨で気がめいっていたけど
胃袋だけじゃなくて気分までほかほかしてきて
ゴチソウサマして,地下鉄の駅へ。

空港行きに乗ったハズが・・
駅名をふと見ると・・ダウンタウンに向かってるぞぉ。
げげぇ〜・・またやっちまったぜぃ。
なんだか,ソウルに来るたびに地下鉄に乗り間違えてるよぉ。
これからの旅が心配だ・・!?


[1999/09/18]

 

このページの先頭へ | 旅の目次へ | トップページへ