Currently Japanese only.

 北キプロスの危険な休日 - A UN staff saved Ponpoco.

  

1. コトの発端 - What invited me there?
2. 情報を集める - Getting there and around.
3. 顧客不満足 (*`´) - Customer unsatisfactory company.
4. 月夜の入国 - Ercan airport at midnight.
5. ギルネの安宿 - Good night in Girne.
6. 情けはヒトのためならず - Help me, please.
7. さよなら北キプロス - I enjoyed my trip.
 
まとめて読む - Read as one file

 

旅の目次へ | トップページへ


4. 月夜の入国 - Ercan airport at midnight.

いろいろ事情がありまして。

日本を出発する直前までゴタゴタ忙しかったのと
途中にちょっと寄り道をした先の区間の飛行機の予約が
現地出発日の朝になってやっとOKになるという
年に一度の長期(?)休暇にはあるまじき状況で
じつは北キプロスに入ってからの宿も足も何も予約しないまま
ロンドン経由イスタンブールへ向かうハメに・・。


イスタンブールから北キプロスに向かうトルコ航空1264便は
夜中の11時45分に首都レフコシャ(ニコシア)のエルジャン空港に着く。

入国審査を終えて(税関検査ナシ・・いーのか?)見回すと
ブースの中に人影のない「Tourist Information」があって
そこで観光案内「Northern Cyprus Tourist Guide - European edition」と
レフコシャ・ギルネ(キレニア)・ガジマゥサ(ファマグスタ)などの
観光地の市街図なんかをゲット♪

外に出ると,出口の両脇に「○○ University」とか書いた台があって
なんだかわさわさ人だかりがしている。
ただ,そこを抜けるとだだっぴろい広場になっていて
ホテル案内もレンタカー窓口も,なぁ〜んにもナイ。

マジでヤバくない?( ̄ー ̄;;)・・と
暗闇の中で,ちびりそうなくらい不安になる。


人だかりのところに戻って「○○ University」の台のおねぇさんに
「ホテル案内みたいなのはないの?」と聞いたら
「中に Tourist Info.があるでしょ?」だって。

建物の中に逆戻りしようとすると
迷彩服を着た軍人ふうの係員ににらまれる。
無人の Info.のブースをのぞいてキョロキョロしていると
さっき外でオイラがオロオロして見回しているのを
冷たい目で見ていた女性がブースに入ってきて対応してくれる。

「ホテルを探している」と言うと
「ここでは予約はできない」と,つれない返事。
いちばん近い海辺の町ギルネの,手頃な値段のホテルを
何軒かピックアップしてメモしてくれたのだけど
ホテル名だけで,電話番号も何も書いてくれない。
まぁ・・小銭ないから,電話したくたってできないんだけど。

レンタカーもないし,タクシーに乗るしかなさそうなので
参考までに運賃をきいたら「Twelve million Turkish Lira」だって。
12ミリオン!?・・1200万っ!?・・おえぇ・・高いのか安いのか・・
頭の中の計算機能がオーバーフローして,思考停止状態。
さっきイスタンブールで両替をしたときに計算したメモを見ると
だいたい「1万リラ=2円」の計算になるから・・えーっとぉ・・
なんや,たった2400円やんか(空港からギルネの町まで,約40km)。
ならOK・・と,お礼を言って再び外へ。


ポン引きみたいに寄ってくる運転手は無視して
タクシーのりばで仕切っているカタコト英語のおっさんに
「ギルネまで,いくら?」ときいてみたら
「12ミリオン・リラ」と同じ答えで,ちょっと安心。
ホテル探してるんだけど・・と言うと「OK,OK」と安請けあい。
んで,乗りこんだタクシーが・・わ〜ぉ・・ベンツぢゃん♪
でもこの運転手サン,英語ダメみたい・・ダイジョブなのかなぁ・・。

ベンツのおっさん,飛ばす飛ばす。
片側2車線のとこなんか,白線またいでド真ん中をつっ走るし
対向車が来てるのにぶんぶん追越しかけるし・・コワイよぉ〜・・。
シートベルトは受け金具がなくて使えないから
これでおっさんが事故ったらおしまいだぁ・・(T▽T)

途中でいきなし「シガラ?」と聞かれてビビる。
道なんか知らないんだから,オイラに聞くなよぉ・・と
ふと見るとタバコの箱をこっちにさしだしている。
なんだ・・タバコを勧められたのか・・とゆーか
「ノンスモーカーだから,いらない」と言ったら
おっさん,自分でスパスパふかしはじめたから
たぶん自分が喫いたかっただけなのかも。

制限速度カンペキ無視で
山越えの道もドリフトしながら(ウソ)ぶっとばして
空港を出てから30分ちょっとでギルネの町に着く。
まっ暗で,ひとっこヒトリ歩いていないのでドキドキ。

はたして,宿なんか見つけられるのかぁっっ??

[1999/10/02記]
 

次のページへ

前のページへ | まとめて読む | 旅の目次へ | トップページへ